スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介!(平成20年更新)

2030.07.15.Mon.23:51
 初めましてこんにちわ。ブログへご訪問いただき誠にありがとうございます。私は集団ストーカー及びテクノロジーハラスメントという犯罪に26年間あい続けている被害者です。一般的にはまだまだ知られていない犯罪ですので、知らない方もいるかと思います。


ただ、最近では新聞やテレビなどでも取り上げられる事も出てきましたし、2011年度にはオリンパス社で集団ストーカー被害者が勝訴をするという裁判がありました。この裁判では、会社がセクハラの事実を隠蔽する目的である女性を精神病に仕立てあげて


会社を追い出そうとしたものです。その手段としては会社が某宗教団体にストーキングを依頼し、ストーカー達がターゲットに張り付き、盗聴、盗撮を行い、それによって得た情報をすれ違いざまに仄めかしたり、遠目から睨んだりする事で会社の抱える産業医が


最近、幻聴が聞こえないかや視線が気にならないかと聞き出し、それを元に精神病にするという手段です。この事実が裁判で明らかになりました。これはオリンパスだけで行われている事ではありません。多くの企業、特に派遣会社などで行われています。


私も同じように被害にあっていますが、私は人生において一度も宗教や政治団体などに所属した事もない、犯罪歴もない本当に一般市民です。私はこの犯罪が誰が行っているかは全く分からないままに、卑劣な犯罪を一方的に被害を長年蒙っております。


この犯罪はまだまだ普通の人には馴染みが少ないと思いますので(私も被害を知るまでは全く知りませんでした)皆さんに、この被害を理解していただく為に私が今までに受けた被害内容のブログから30つを抜粋して紹介しています。(随時新しい物へ更新しています。)


以前に私が営業をしているチラシを見て、こちらへ訪問してくれた方もいらっしゃると思いますので、その方には自分のフルネームも分かってしまっていますが、私は現在39歳で海外に来て働いている物です。


もちろん、この被害から抜ける目的で海外にわたりました。また、現在までに11ヶ所の国々に渡りましたが、少なからずどこの国でも被害にあっています。(詳細は下のブログで紹介)私がその国に行けば犯罪者が来たかのような扱いをうけます。


それというのも、その地域には事前に私についてのウソが吹聴されている為です。そういうウソについて自分なりに否定をさせていただく為とこの犯罪を知ってもらう為に、こちらのブログを立ち上げました。


私は本気でこの嫌がらせから抜け出す為に、約5年前にフィリピンへ行きましたが無理矢理に売春宿に連れて行かれて、そこで女性を買う事を拒むと日本で味わう以上の嫌がらせを受けて、2ヶ月の料金を払って旅立ちましたが、5日で帰ってきた事があります。


そちらも詳しく下に紹介しております。また、フィリピンに行く前には愛知や群馬の山奥などにも逃げたのですが、携帯などのGPSや逆探知により居場所を突き止められて結局は嫌がらせをされて戻ってきました。(下に紹介します)


また、私の被害(嫌がらせ)が最も酷くなったのは私が脳出血の後遺症で肉体的にも精神的にも一番苦しかった時で、本当に辛い思いをしました。脳の回復をしながら異常なくらいの嫌がらせを受け続けていましたので、精神的にもかなり滅入ってしまった事もありました。


脳出血の後遺症の状況も下に紹介しております。また、加害者は私の頭の状態がおかしいのを分かった上で、私に本格的に攻撃を加え始めてきました。今から約16年前です。ただ、これを言われる事が加害者にとっては一番嫌な事のようで何とか色々な嘘を重ねて隠蔽しようとしています。


私の噂を聞いた方の中には、私を犯罪者のように思われている方もいるようですが、もし何らかの犯罪を犯しているのなら海外に行く事は出来ませんし、ビジネスビザを発行する事もその国の政府がストップを掛けるでしょう。


また、もし犯罪を犯したのなら進んで逮捕される事を望みます。そして、その事に対してきちんと反省をするでしょう。ただ、犯罪を犯した事も捕まった事もありません。 元はこの嫌がらせにあったのは某宗教、S学会で親が力を持った在日の人間と


ある組織で力を持った大金持ち(六●木ヒルズの建設・管理をしている社長の娘)に一方的に敵意を持たれた事がきっかけとなり、未だにその人間達が関わっているかは分かりませんが、それから26年以上経っていますが、


その日より毎日の絶え間なく全く終わることのないこの陰湿な嫌がらせとウソの言いふらしの為に自分の人生の多くを無駄にしてしまっています。気持ちも日に日に荒んできているのも分かります。この嘘の言いふらしはコインテルプロと呼ばれ、


政府や力ある団体(カルト宗教など)が個人を社会的に抹殺する目的で利用されてきました。また、最近では私が考えている事に嘘を混ぜて言い触らしを行っています。変な事を言い出したと思われるかもしれませんが、下の記事を見ていただければご理解いただけると思います。


更には下でも紹介しますが、私の耳の裏には手術跡があります。これは私が海外に旅立つ4~5ヶ月前に勝手にやられたものです。アメリカには40万人以上の被害を訴える人間がいますが、その中には耳の裏を手術されインプラントを埋め込まれて裁判で勝訴した人間もいます。


このような事を言えば、加害者側の人間は私の事を被害妄想だとか精神病だとか言いますが、私はいたって正常です。こちらのブログを見ていただき私に対して少しでも偏見なく付き合って頂ければ幸いです。


アメリカでは10年以上前から集団ストーカーに関するニュース番組が放送されています。まずはそれらを紹介させていただきます。読み進める前にまずはこちらの動画をご覧になっていただければ幸いです。


gang stalking and electronic harassment.avi



Gang Stalking, _Bullying on Steroids._ GangStalking _ Organized Stalking


続きを読む "自己紹介!(平成20年更新)"
スポンサーサイト

集団ストーカーとは(平成23年4月追加更新)

2029.12.24.Mon.09:55
まずは最近の出来事から説明をさせていただきます。2011年6月25日にある一人の集団ストーカー被害者が加害者に鍬で襲われかけました。その後に、彼は警察にいきましたが警察はその事実を隠蔽をはかっています。我々、多くの被害者が既に警察へ被害届を出しにいっているのですが、必ず生活安全課という殆どが創価から構成されている部署に通されて、その届けは隠蔽されてしまいます。また、この被害を届けにいった人はその後に強制的に精神病院に入院をさせられたようです。


また、少し前になりますが、他の被害者が数人の加害者に拉致をされました。彼らの目的は被害者を精神病に仕立て上げて抗鬱病の薬を処方しそれによって自殺または犯罪を起こさせる事も目的に加えられています。ただ、基本的にはこの加害者は影から攻撃をしてきますので、下の映像のように証拠が残る事は本当に珍しいですが、我々被害者は常に嫌がらせに対して警戒していますのでビデオを用意している事が多くあります。



また、海外でよく聞きますが女性の被害者の中には無理やり連れていかれた精神病院でレイプの被害を訴える人もいます。下の1つめのビデオは鍬で襲われた動画、2つ目は拉致された動画、3つ目は警官が被害者の顔に警察手帳を押し付けている動画です。最後は我々が受けているストーキングの映像になります。




http://www.youtube.com/watch?v=hexzeLGfZS0&feature=player_detailpage
http://www.youtube.com/watch?v=ifzKD3R5RlY

以下、自分の分かっている範囲で集団ストーカーを説明します!


●まずは集団ストーカーの目的ですが 

・某宗教団体や大企業の大金持ちの人達に都合の悪い人間や気に入らない人間を嘘の言い触らしなどによって孤立化をさせ、ストーキング、盗聴、盗撮など絶え間ない嫌がらせなどにより極限まで追い詰めて精神病に追い込んだ結果、自殺または犯罪行為を起こさせる事を目的にしています。


最近では大津市の中学生のイジメ事件も加害者、親、教師、警察、教育委員会と組織でのイジメだという事が明らかになっています。また、も芸能人であった清水由貴子さんも同様に被害を訴えて自殺されています。下の動画の後半は清水由貴子さんが自殺する前に訴えていた肉声での被害報告になります。


他にもマツダ自動車愛知工場での無差別殺傷事件では日経新聞が集団ストーカーによって追い込まれての犯行と記事にしています。また、秋葉原での無差別殺傷事件での加藤容疑者も同様に追い込まれての犯行と言われています。





●次に集団ストーカーの手段です

1、盗撮、盗聴、パソコンや携帯のハッキングを行い。24時間相手の事を監視しています。

2、携帯によるGPS、また探偵や宗教信者によるストーキングで常にどこにいるか把握します。

3、盗聴などにより得た情報を被害者に対して、知り合いやTVを通して仄めかします。

4、緊急車両やヘリを被害者のソバを走らせていつでも見張っている事を認識させます。

5、家の前でバイクの空ぶかし、近づいて咳をする、電磁波を当てる、家の前で数ヶ月間意味ない
  道路工事をする。(何年もやってる所もある)。早朝・深夜構わずイタズラ電話をしてくる。

6、被害者を悪者に仕立て上げる為に、多くの嘘を言い触らしでっち上げる事により、
  自分達の行動がいかに正しいかを強引に裏付けます。

7、中には嫌がらせをする事で悪を見張っているという名目により国から金銭を受け取っています。
  自分達が金銭を得る為に彼等は必死に被害者を犯罪者扱いします。

8、また、被害者の中には某宗教団体が受取人となり生命保険に入らされている人間もいます。

9、電磁波を用いてターゲットの身体を傷つける。殺人も可能だろう。

10、洗脳を行い、ターゲットの気持ちを操作する。自殺させる事も犯罪を起こさせる事も出来る。

11、もっとも酷いのは思考を盗聴して、それによって得た考えに対して色々と仄めかす。
  


今、日本で報道されている不自然な犯罪のニュースは、この様に追い込まれた事が原因で起こっている事も多いと聞きます。(集団ストーカー自体はマスコミは報道しないのは、加害者側の組織がマスコミへ深く関与しているからです。)


集団ストーカーを簡単に説明してみましたが、これは今は一部の人間にのみ適応していますが、これが徐々に広まれな全ても表現の自由や思考の自由を奪われてしまいます。現在でも人権擁護法案などで日本人の表現の自由を奪おうとされているのに、少人数の人間に適応してうまくいけば


または、それにより恐怖心を与えれる事で今後全ての人間が管理されていくか適応されていくのは、時間の問題だと思っています。こういう事には、なんとなくやった振りくらいにカルトに睨まれない程度に、そして少しずつカルトから離れるくらいが良いんじゃないかと思っています。出来る事ならこの事実を広めていただきたい。それが日本を救う事にも繋がると思います。



下の動画を見てもらえれば日本のマスコミやカルトがどれだけ腐っていて気違いか分かってもらえると思います。


騒音おばさんの真実!!








創価学会員凶悪犯罪者リスト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他。
●池田大作→朝鮮部落出身 信者レイプ事件 選挙法違反事件
●福田孝行→山口県母子殺害
●畠山鈴香→秋田県児童殺害
●三橋香織→夫バラバラ殺人
●三宅正信→ペッパーランチ強姦
●北山大輔→ペッパーランチ強姦
●宅間守 →大阪 附属池田小学校児童殺傷 朝鮮部落出身 両親も学会員
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗 神戸の首切り小僧 帰化人
●林真須美 →和歌山毒入りカレー事件 4人毒殺 63人が負傷 帰化人
●織原城二(金聖鐘)→神奈川 帰化人、外国人女性を強姦バラバラ殺人 両親も学会員
●関根元 →埼玉愛犬家連続殺人犯 4人を殺害
●丘崎誠人→奈良連続強姦 事件 在日朝鮮人
●金大根 →在日韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人 6名の女児死亡
●李昇一 →在日韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人を強姦
●沈週一 →在日韓国人 鳥取 大阪 和歌山 9人を強姦
●張今朝 →在日韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児を強姦
●ぺ・ソンテ →在日韓国人 横浜 女子小学生14人を強姦
●宋治悦 →在日韓国人 東京 主婦19人を強姦

脳出血の後遺症

2029.12.12.Wed.07:58
今日は、私がパンチドランカーだった時の話を少しします。私は高校・大学時代にボクシングをやっていました。高校時代はプロボクサーを目指していましたが、大学時代はアマチュアでボクシングをやっていました。


高校時代に卒業後の4月末くらいにプロテストが決まっておりましたが、その1月くらい前、練習後に全く言葉が出なくなってしまいました。次の日に病院にいきCTを撮ってもらったら脳出血と言われて、その日のうちに入院となったのです。


そんな理由で今でも話をする時に言葉がなかなか出てこなかったり、話の速度が遅かったりするんだろうなって思う時があります。また、手術はしませんでしたが点滴を打ちながら少しずつ言葉が出るようになってきました。


大学に入ってから体育会のボクシング部がありどうしても、もう一度やりたいという気持ちが再度沸いて来て入部する事にしました。その後、真剣にボクシングをやったのですが、3年終わりくらいから体の状態が本当におかしくなってきまいた。今度は言葉だけでなく色々な症状が出始めました。


 パンチドランカーという名前ですが、本当にうまい名前がついているなって思います。実際に症状が酔っ払いに似ています。どっちも頭の動きが鈍くなる事が原因だから当たり前かもしれませんが。


私は自慢が出来るほど強かった訳ではないですが。(弱かった訳でもないとは思うけど)自分の症状ですが、まず一番辛かったのは物を考えたいのに考えられなかった事です。


自分が本当に症状がおかしくなったのは大学3から4年くらいだと思うんだけど、就職活動の時などは本当はもっと色々と考えたいと思いながらも、ものを考えようとしても何にも考えられなかったんです。


それに結構頻繁に思考が途切れるのも本当に辛かった。普通に生活していたはずなのに、自分の周りだけが何秒くらいか分からないけど思考が止まるんです。人と話をしている最中なども気が付いたら他の話題などは当たり前です。


これは就職してから営業だったので車を乗らなければならなかったのですが、途中意識を飛ばさないように気を張るのに本当に苦しい思いをしました。もちろん、運転しながら意識を飛ばして信号無視なんて事も一回や二回じゃなく、運転して気が付いた時にはぶつかってたって事も一回や二回じゃない。今思い出しても申し訳ないです。。。 


ただ、人通りが多いところでは絶対に意識を飛ばさないように踏ん張りました。踏ん張ればなんとかなるんだけど、1キロ進んだら少し休んで、また1キロ進んだら休んでという感じで休みながら進まないと意識を保つように頑張るのが凄く疲れるんです。意識を飛ばさないように保つだけで汗がダラダラ出ます。


初めは本能で気を張ってたように思う。その他にも耳が遠くなったり、今でも普通の人よりは耳は遠い。指先の神経がうまく伝達できなかったり、よくパンチドランカーになるとボタンが留められないと言いますが、俺も本当に苦労しました。特に履歴書などの字を書くときは苦労しました。


履歴書を書くのに1枚1時間以上は掛けて何枚か書いたのを覚えています。また、記憶力もないので3分過ぎれば忘れてしまいます。物を覚えなければならない時は短い文章でも何時間も掛けて覚えました。


普段は自分がパンチドランカーだって事すら忘れてしまうんですね。それも厄介です。途中で自分の症状がきつくて酒に逃げた事もあったけど、それもかえって体の症状を悪化させていたのかなって思う。


それと一番きつかったのは、あまり言いたくはないですが、よく漏れました。小さい方は結構頻繁に漏れてたし、大きい方は月に1回くらいでしょうか???また、大学卒業後には2年半で1つの会社を自主退社と3つの会社からリストラにあいました。


なんせ、生きてる事自体が不安でしかたがなかった。触角を抜かれた虫みたいな感じだと思います。ただ、親には何とかばれないように必死に芝居をしましたが。その当時から約15年近く経ちます。それから現在まで、何十冊と頭をよくする為の本を買い、実行して(今でもDHAなどは毎日飲んでます。)


今では図々しくMBAを目指すなどと言っています。私は相変わらずバカなんで駄目かな?などは考える事はありません。何とかなんだろうって思ってます。私は集団ストーカー被害者ですから、教授が普通に評価してくれる事もないし協力などしてくれませんが。頑張りたいと思います。 



下は精一杯の見栄です。
賞状2





続きを読む "脳出血の後遺症"

世界各国での嫌がらせ(平成24年11月更新)

2029.11.07.Wed.23:18
私は今までに海外に行くと必ず何らかの危険な目にあっています。私が今までに行った国は11カ国ですが、全ての国で危険な目にあっていると言っても過言ではありません。


今日は私がこの5年ほどで行った国で危険な出来事を紹介しようと思います。動画が残っているモノは動画も一緒に紹介します。まずは約4年半前にいったフィリピン旅行です。これは危険と酷い環境が混在していました。


【Philippine フィリピン】(下で別に詳しく説明しています。)
まずは、私がフィリピンに行った目的はMBAを目指す事を決めた為に、英語の勉強をする目的で行きました。現地に行く前に事前に2ヶ月分の授業料とホテル代金を払っていたのですが、現地では明らかにヤクザだろうという人間が私を待っており


その人間たちと一緒に飲みにいく事になりました。ただ、向かった先は売春宿で私はそこで女性を買う事を拒むと次にも違う売春宿に連れて行かれ、そこで女性を買うことを拒むと嫌がらせが加速していき、


私の家ではテレビが壊れ、パソコンが壊れ、エアコンが壊れ、フィリピンの4月は真夏の為に室内は40度をゆうに超えます。学校でもまともに授業を受ける事もできず、そんな状況で生きていく事もできず、2ヶ月分の50万円以上の金を捨てて半日分の授業しか受けず木曜の夜に到着し月曜日の早朝には帰国しました。


本当に酷い目にあいました。セブ島にあるALTAという語学学校だったのですが、今は学校はなくホテルだけになっているようです。ここでは残念ながら動画は残っていません。


【Thailand タイ】
私は、タイは今までに行った国では一番良い国だと思ったからです。だからと言ってタイで全く危険な目にあわなかったという訳ではありません。私は今までに一度だけトゥクトゥクという車に乗った事があります。


運転手がこの辺りを一周連れていってあげるから乗りなと言われて、何も考えずに乗ってしまいました。下にその時の動画を紹介します。私はこの後に旅行代理店に連れていかれました。見るからにボロボロでヤバそうな会社だったのですが


私は土地勘もなく、訳の分からない場所に連れて行かれましたので、しょうがなくついていったのですが、その中からヤバそうな女が出てきて、私の前に座りました。また、その運転手のオッサンも突然に態度が豹変して私に威圧的に来ていました。


そこでは、旅行のツアーに参加しろと無理矢理に言ってきました。初めは2千バーツと言っていたのですが、私が高いというと1千バーツと良い。それでも嫌だというといくらなら契約すると言ってきたので500バーツならすると言いました。


それなら500バーツで良いと言われたのですが、そんなツアーが存在する訳がないと思い。横で足をカタカタ鳴らしながら威圧しているオッサンに元いる場所に返せと言い、元の場所に帰させました。もちろん契約はしていません。


500バーツ(1200円程度)なら払ってしまえば良いと思われると思いますが、例え、もし殺されたとしても自分の滅茶苦茶な人生ならば死んでも変わらないとは思っていましたので、半ギレで帰させました。
http://youtu.be/wCXUwUUnQg8


【Vietnam ベトナム】
ベトナムでは今までに一番危険を感じました。正直、税関で既に喧嘩腰でした。税関が全く私をシカトして仕事をしなかったので、私も中指を立てて唾を吐く真似をしました。そして、私はホーチミンに滞在したのですが、その街全員が私を敵視しているのでは


ないかと思えるくらいにみんなが皆睨んできていました。正直、私は初日だけで100回以上は中指を立てました。ベトナムで一番危険だと思ったのは、本当に色々とあるので判断しずらいのですが、例えば、私がバスに乗っている間にガラガラなのにも関わらず


真後ろに若い男性が座ってきて、私の椅子を何度も蹴ってきました。頭に来たので、私がそいつの方がを振り返って、そいつに対して5分間くらいずっと睨み続けてみました。その後、飽きたので止めました。


また、バスに乗っている間に暑かったのか、そいつがソーっと窓を開けようとスライドガラスと前に押してきたので、思いきり締めてやりました。また、一番嫌だったのは郵便局に行った時です。わざとらしく何度もやり直しをさせられました。


その時の動画は下に紹介しておきます。私の大学院にはベトナム人が2人いました。私はベトナムでの最終日に彼らに対してベトナムで面白い事など一つもなかった。もう二度と行くことはないとメールしたのを覚えています。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KfmSlbILVXA


【Singapore・Malaysia シンガポール・マレーシア】
この2カ国は短期滞在だったので、あまり危険な目にはあっていません。ただ、シンガポールでは男性二人が私を着いてきていたり(下が動画です)、マレーシアでは飛行機が遅れて到着時間と出発時間が同時のチケットを渡されて急いでいると言っているのに、わざとか知らないけど順番を遅らされたりといった感じの経験をしました。
http://www.youtube.com/watch?v=LhhWi8iDMWc&list=UUQsUKh2hQzq4gCPAAe1KXtg&feature=player_detailpage


【Australia オーストラリア】
タイからマレーシアを経由してオーストラリアに戻った事を書きました。ただ、オーストラリアの家主のババアは本当に意地が悪く、私が家につくと待っていると言っていたのに待っておらず(予想通りですが)、その日は家に帰る事ができませんでした。http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=HYCeHvPInSE&list=UUQsUKh2hQzq4gCPAAe1KXtg


また、オーストラリアには2年半生活していましたので、本当に色々な危険な目にあいました。一つ例を出すと私がバスに乗ることがそんなにあった訳ではないのですが、バスに乗ると必ず何らかのハプニングに巻き込まれます。


一度、私が学校から家までの帰宅の際に夜バスに乗っていたら、私の席の少し後ろに大きな石が投げ込まれました。私の後ろの席の窓ガラスが全壊して、新しいバスが到着後に乗客全員がそちらに乗り換えたという事を経験しています。


ちなみに、バスの事故は私が載っていただけで3回起こっています。一度は急ブレーキでお婆さんが完全にブッ倒れて頭から血を引いていました。私はオーストラリアのバスの運転手にはもっとちゃんと運転しろよとか、ちゃんと仕事しろよって本気で思います。


オーストラリアでのハプニングは色々と下に紹介していますので、あまり紹介しませんが、ヤンキー四人組に絡まれた時の動画を下に紹介します。http://www.youtube.com/watch?v=jMv1XW0ezas&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=CzHqgvDf4ZY&feature=player_embedded


ちなみに、オーストラリアの最終日は本当に酷かったのです。まずはバスの威圧的に乗車拒否されたので、喧嘩腰に無理矢理にバスに乗り、空港でも異常な嫌がらせと言った感じでした。そちらは以前のブログを紹介します。http://ameblo.jp/asianshop-sunlife/entry-11146860481.html


【Indonesia インドネシア】
オーストラリアでの最終日は本当に何とか飛行機に乗り、何とかインドネシアに到着したという感じでした。ただ、着いたホテルでは私はいつも安ホテルに泊まるのですが、そのホテルほど酷いホテルは今までにはありませんでした。


まずは一階がタトゥー屋になっており、ヤンキーみたいのが大勢ホテルにたむろっています。初めはそいつらは私に対して敵対心むき出して睨んできていたのですが、最後の方になると会うとハイタッチするくらいの感じになっていました。中には嫌な奴もいますが、彼らはそんなに嫌な奴ではありませんでした。また、そのホテルにはネズミが出て夜中に天井を這い回っています。私が猫の真似をすると一時的に鳴き声を止めるのですが、何度もやっている間に効き目がなくなりました。



インドネシアで一番危険だった出来事は、市場に行った時でしょうか。これも危険というよりも嫌な思いなのですが、私が市場に行くと気持ちの悪い態度の悪いクソ女が二人私に着いてきました。私は着いてくるなと言ったのですが、凄くしつこくついてきます。


そして、どこに行きたいんだと執拗に聞いてきて初めは無視をしていたのですが、あまりにもしつこいので、しょうがなく返事をすると、そこなら連れていってやると言われて、そこへ行くと異常なくらいに高い値段を取られました。


そいうのも、そのババア共が値段を釣り上げて後からピンハネをする為です。それを分かってたのですが、そいつらは一向に私の近くから離れようとせずにしょうがなく買い物をしました。また、次の場所に移動しようとしたのですが、


まだ着いてきたのでいい加減に頭にきて、着いて来るんじゃねえと怒鳴りつけたら、ようやく着いてこなくなりました。また、次にそこに行くと店の店員にあの女を連れてくると値段が高くなるから連れてこないでと言われました。


ただ、そこの市場を歩いていると、またその女二人組にあってしまいシツコく着いてこようとするので、そいつらの足を蹴飛ばしました。そうしたら、ついて来なくなったのですが、そこの市場からの帰りに何か変なバイク野郎どもに付きまとわれていたようです。下が動画です。http://youtu.be/lQixCpIfeZc


【Thailand extraタイ・おまけ】
また、一つおまけです。私はタイに3度旅行に来ています。その時の一つをおまけとして紹介します。私はいつも同じ宿に滞在しています。実は、そこに滞在する前に他のホテルで予約をしていました。


ただ、そのホテルで空港にピックアップして欲しいと頼んだのですが、私はいつもいうように安ホテルにしか泊まらないのですが、私をリムジン出迎えに行くというのです。そんなホテルにリムジンで乗り付けたら危険過ぎます。


私がそれを言うと、うちのホテルを安ホテルだと馬鹿にしているのかと因縁を付けられました。その為に、そのホテルはキャンセルをして他のホテルにいつも止まっているのです。私が滞在していたホテルは地元の売春宿のそばにあるホテルです。


もちろん、売春宿など行った事はありません。ただ、なんでしょうか?おかしな事が起こりました。私がその近くのセブンイレブンで買い物をした時に、変な女が近くによってきて電話をしているのですが


電話をしながら喘ぎ声のような声を出しているのです。こんな間抜けなハニートラップってないよなと思いながら、こいつ頭おかしいと思い、どんな奴なんだろうかと思って見ていたら、そいつもそんな事をやりながら若干恥ずかしそうに笑っていました。タイ人てなんか憎めないなって思いました。


【Japan 日本】
オーストラリアで2年半生活をし、インドネシアで10日間滞在してから日本に帰国しました。日本での生活も相変わらず酷いものでした。まずは、全くの自慢でも何でもありませんし、大した事とも思っていませんが、私はオーストラリアでMBAを取得し日本に帰国しました。


その前には自分で経営していた会社はさいたま市で一番の営業成績の会社でした。そして、就職活動をしたのですが、300社に履歴書を送って面接を受けられたのが3社、それも完全に雇う気がない会社でした。もちろん、自分の年齢に適した募集だけに応募しましたし


給料も20万円以下や高卒でも募集などの会社にも多く応募しましたが、全く引っかかる事がありませんでした。派遣でも殆ど雇われる事がなかったのですが、1つ派遣の面接で完全に圧迫面接をされて、逆ギレして面接官に切れかけた時にその面接官から言われてのが、


日本では横の繋がりが強固なので、あなたがいくら面接を受けても絶対に厳しいですよ。という事を言われました。言われなくても分かっています。なんせ、300社から全く相手にされていないのですから。


また、派遣をしても嫌がらせをされる事が多々ありました。最初の派遣では、私も切れてしまい何人かを小突いたのですが、最終日に上司に呼ばれて行くと、そこには2人の男がたっていました。


こいつらがお前に殴られたと言っているんだがと言われ、私はこいつらがシツコく睨んでくるのでワザと小突きましたといい、その日のうちに首になりました。次の派遣でも当然に嫌がらせが収まりません。


そこはベル●ステム24という派遣でしたが在日の人間が多くいました。そこでも達が悪そうな奴らに睨まれたりという事が多く、何度も中指を立てたり小突いたりという事をして、1月後には首になりました。そして、最後の派遣の仕事では、少しだけ頑張りました。


嫌な思いをしてもなるべく笑顔で我慢しました。もちろん、酷い嫌がらせをくらいまくっていました。そこではテレオペだったのですが、ワザと知っている事、こちらではどうにもならない事をチクチクと言ってきます。本当にしつこいに鬱陶しいです。


そして、相手がお前が知らないのはわかっているんだけどなぁと言ってきたので、知ってんじゃねえかよって言ったら上司に呼び出されました。その時が最初の呼び出しで後に何度も呼び出しを食らっています。特にそこの会社はカルト系から電話が掛かってくる事が多かったので、カルト電気などと歌ったら、何を歌っているんだと呼び出され、お前の電話対応を聞けと言われて対応を聞いても相手の嫌がらせしか感じる事がなく一切反省する事もできず、


一度だけ、どうしても理不尽で滅茶苦茶で一方的な嫌がらせ電話を受けた事があり、その次の日にその会社に殴り込にいきました。ただ、私がいくのは分かっていたようで、担当者をいるかと訪ねたら、今日は午後から休んでいると言われて、



その子の親切な対応に切れる事なく、外に立っていたポールを投げて帰ってきました。そんな日本でのどうにもならない生活を終止符を打ちたいが為に、今までに渡った海外で一番人の良さを感じたタイに渡って就職活動をし就職しました。


【China 中国】
私はタイに行く途中に飛行機が一旦中国で乗り換えになりました。北京空港ではガラガラで、私が飛行機を待っていると突然に30~40人の中国人がやってきました。私はガラガラだったので、自分の横に荷物とお土産のお菓子を置いておいたのですが、


そこ集団の一人が明らかにワザと私の荷物とお土産の菓子の上に腰をかけたので、頭に来てそいつの首元の掴んで引きづり落としてやりました。その後に唾を吐く真似をして、目の前にいた男と睨みあいになりました。それが下の動画です。だからと言っ中国を否定している訳ではないですよ。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ub44JKBXZdQ


【Singapore シンガポール】
私が入社してからシンガポールで研修がありました。今、働いている会社なのであまり詳しくは書きません。その中で私はその時の予定を全く廻ってこずに、嘘の予定が廻って来たので、かなり頭には来ていました。


その中の1日で創立パーティーが開かれました。私はパーティーなど知りませんでしたので、普段着をきていたのですが、出発5分前にパーティーと聞かされてすぐに着替えました。若干頭にきながらパーティーに到着したのですが


そこでは、女が横でイチャイチャしているし、そのイチャイチャしている相手の男が私に向かって新人なんだから何か出し物をやれと言ってきました。頭にきたので、そいつに向かってファックユーとだけ言いました。


そして、その面倒なパーティーを抜けて外にでかけ、そして戻ってからも横の部屋のソファーでパーティーが終わるまで寝ていました。まあ、可愛いものですね。そんな感じで書き続けた海外での危険な出来事も最後です。見ていただいた方はどうお思いでしょうか。私は自分の状況から何かが私の事を本気で殺そうとしているのではないかと思ってしまいます。実際に何度も殺され掛けています。私は今までに何らかの宗教や政治団体に所属した事もありません。何か犯罪を犯したという事もありません。もしそうであれば、この国々の政府が私を入国させないでしょう。また最近、離婚をしました。こんな状況で子供を巻き込む事はできません。彼らの狙いは私だけですから。


続きを読む "世界各国での嫌がらせ(平成24年11月更新)"

現在住んでいる国での被害のまとめ(平成24年12月更新)

2029.08.25.Sat.00:42
私はオーストラリアで2年半生活をして、その後に日本で9ヶ月半生活をした後に現在住んでいる国へきました。これも他にも書いていますが、オーストラリアでも酷い被害にあい、日本に帰国してからも本当に酷い被害にあって、9ヶ月半で300社以上に履歴書を


送りましたが、面接に呼ばれたのは3社だけで結局は1社も内定をもらえませんでしたので、再度海外にきて仕事をしています。ただ、現在の国では被害他の国に比べて少ない方ではありますが、この国でも嫌がらせはあります。


まずは、仕事をしていてもテクノロジーを中心に嫌がらせがありました。例えば、私が書類を作っている時に頭をコントロールされている事とハッキングによって人工的に間違いを作られ、上司にチェックしてもらったら間違えてると言われ、そこを直して再度提出しても


また、同じ箇所を間違えており、次に直しに持って行っても同じ所が間違えていて何度言えばわかるんだという状況を作られていたという感じでした。冗談でなく同じ箇所を4回・5回と間違えている状況が続いた為に、私はこれはもうどうにもならないなと本気で諦めました。


プリントアウトする前にチェックしている筈なのですが、同じ所を間違えているので、ハッキングをされているかプリントから出る時に何か細工をされているのかだとは思います。もちろん、頭へのコントロールもあったと思います。


ただ、本気でもうイイや付き合うだけバカバカしいと諦めたら加害者も被害をやめるようです。それまでに5回くらい同じ事をされますけどね。また、会社を辞める前に食事会が開かれました。私はそれを欠席しようと思ったのですが、来た方が良いと言われたので一応出席しました。


ちなみに、その前に韓国料理を会社の人間たちと行く時にはバックレました。本気で韓国料理が好きならば私も行きましたが、私を韓国嫌いだという事にして、わざと韓国料理に行こうという事が気持ちが悪くてしょうがありませんでした。


ちなみに、私は韓国は好きではありませんが、付き合いでならば韓国料理くらいは食べます。ただ、在日は嫌いですので、本気で関わりになりたくありません。その最後の食事会ではトップマネージャーがわざとタブレットPCの動画を見ながら韓国を絶賛していましたので


わざとらしさに頭に来て、隣のその上司の椅子を蹴った後にそのトップマネージャーの方向に何度も唾をつきつけました。ただ、唾は届いていないでしょう。また、会社に入社してから1月後に研修旅行がありました。


その旅行では私は殆ど予定が回ってこずに、回ってきても嘘の予定表だったりで相当に頭にきていました。また、その旅行中に創立パーティーが開かれました。私はパーティーなど知りませんでしたので、普段着をきていたのですが、出発5分前にパーティーと聞かされてすぐに着替えました。


その時も、若干頭にきながらパーティーに到着したのですが、そこでは女が横でイチャイチャしているし、そのイチャイチャしている相手の男が私に向かって新人なんだから何か出し物をやれと言ってきました。


頭にきたので、そいつに向かってファックユーとだけ言いました。そして、その面倒なパーティーを抜けて外にでかけ、そして戻ってからも横の部屋のソファーでパーティーが終わるまで寝ていました。まあ、可愛いものですけど、そんな事もありました。


会社を辞めた理由もこの被害が原因です。その為に入社前にも入社後も何度も上司に相談をしました。また、会社を辞めてからは、私は都心へ引越しをして転職活動を開始しました。引越しの少し前に頭の回転を完全に止められてシャワー室でガラスを落としてしまい


足の三ヶ所をザックリと切ってしまい、その1ヶ所にはガラスの破片が入ってしまいました。はじめは放っておいたのですが、1月経っても痛みが収まりませんでしたので病院に行ってガラスを抜いてもらいました。


ただ、そこの病院では足を少し切っただけにも関わらず2万円も請求されました。そして、その事をブログで書き完全にぼったくりだと書いたのですが、その後もなぜか痛みが引かなかった為に他の病院に行けば、その病院での辻褄合わせの為に3万円と言われて冗談じゃないと思い帰ってきました。
WP_000015_convert_20121103153337.jpg
2万円分の領収書。


また、同じくらいの時期に、前の会社の日本人男性に女性がいる所に飲みに誘われた事があります。私はその男性を加害に加担したとは思っていますが、そこまで悪い人とは思ってはいません。ただ、その時には確実に私を女性をくっつかせる事に協力せざる得ない状況だったのだと思います。


これも何度も書いていますが、私の周りには凄い数のハニートラップが現れます。その時に私が行った飲み屋は私は気がつかなかったのですが、お持ち帰りが出来る飲み屋だったそうです。私は女性にお持ち帰りするように何度も言われましたが


その話題には頑なにシカトをしました。もちろん、お持ち帰りはしていません。きっと、そういう事があって何もしなかった為でしょうね。帰って自分の部屋でテクノロジーでバランスを崩されましてアバラを完全に骨折しました。


ただ、上のように物凄く高い慰謝料を払えないので(ちなみに日本でも同じようにちょっとした親切で6千円とか普通に取られますし、風邪で治療にいっても精神病の処方箋を出されます)その為に、アバラは2ヶ月経っても違和感を感じていますが医者には行っていません。


ちなみに、私が今住んでいるところは風俗が多くある場所で有名な場所のようです。もちろん、私は一度も行った事がありません。そして、私は都心で家を探してる最中にゆうに20ヶ所以上は見て回りましたが、全て断られました。


中には確実に私と分かってわざと断ってきた人間も何人もいます。ただ、この辺りに風俗が多いという話をしたら、この辺りでアパートがいつも見ているネットに現れてすんなりと決まりました。もちろん、私が風俗に行きたくてこの辺りに住んでいるという噂を流す為でしょう。もし、本当に行きたいのならば近くに住む奴なんていないと思います。まあ、行きませんけど。


話は戻しますが、転職活動中に滞在期間が過ぎてしまうので1月半の間に二度国外にでなければならなかったのですが、一度目はカンボジアに行きました。カンボジア入国の際に20米ドルが必要なのですが、その前日にどこの銀行に行ってもうちには今日は米ドルがなく明日にならないとないから横の銀行に行けと言われ妨害を受けました。


そして横の銀行に行けば同様にうちには米ドルがなく横に行けと言われて、そんな事が7銀行くらいで起こりました。頭にきたので、それを動画で撮って置きました。一番下に紹介しますが、なぜか画像が写っておらずに声だけになってしまっています。


また、その動画を撮った事が原因でしょう。その帰りに私の財布がスられました。私のバッグが軽くなったと感じたので、バッグの中身を見ると財布がありません。そして、後ろの奴に財布を知らないかと聞いたら、後ろにいる奴が財布をスったから取り返してやったと


財布を手渡してきました。そして、前にいた片目のない奴が俺も後ろの奴が取ったのを見たと行ってきたので、私は中身を確認したいという気持ちと咄嗟の事でそいつの事を逃がしてしまいました。


あまり派手な被害に合っていない被害者によってはそんな事までされるのかと思う人もいるかもしれませんが、正直私からすれば、日本やオーストラリアにいた時には、こんな事は普通に毎日のように起こっていました。それだけに今いる国では、テクノロジーはクソみたいにありますがローテクがそこまで酷くないのでありがたいと思っています。


また、二度目の出国の時にはラオスに行きましたが、ラオスでも若干嫌がらせがありましたが、ラオスから今の国に戻ってくる際に、テクノロジーを中心にした嫌がらせがあり、何人かの人間が私の事を税関で待って嫌がらせを試みてきました。まあ、大した事ではありませんので、以前に紹介したURLだけ紹介します。http://kousuke0714.blog19.fc2.com/blog-entry-534.html


ただ、最終的に言いますが、私は日本に帰国をせずに今の国に留まっているのは、今までに行った13カ国の外国の中で一番人が良いと思ったからです。正直、被害も一番少なかったです。えげつない被害というのはあまりありません。特に銀行の後にはなくなりました。


正直、日本も悪い国だとは思っていません。普通の日本人は道徳心もあり良い国民だと思っています。ただ、加害者は本当に異常です。私は前回日本に滞在した9ヶ月半でも仕事は見つからず、派遣では異常に嫌がらせにあい3ヶ所で働きました。


最初の会社は小突いて首になりました。二ヶ所目の会社は完全に在日ばかりの会社でした。そこでも毎日のように睨まれたりで何度も中指を立てたりしていたらテクノロジーで声が出なくなりました。最後の会社も一度加害者の会社へ殴り込みに行きましたが、私は思考盗聴されていますから逃げられました。ただ、その他は比較的に頑張って我慢しました。


また、面接が見つからずに1月半一度も面接を受ける事がありませんでしたが、本当にありがたい事に最終的には自分が最も入りたいと思った会社に雇っていただきました。雇ってくれた会社は本当に面接官も親切でしたし、


面接を受けた中ではダントツに一番魅力のある会社でしたので本当に嬉しいです。今後、少しでも被害が少なくなり仕事を頑張れる状況にいる事が出来れば本気で嬉しいです。そろそろ、普通に生活して本気で仕事がしてみたいです。来年になれば私は40歳になります。そろそろ本当に被害も終わりで良いだろうと思っています。


下は銀行で換金を拒否された動画です。(映像はYOUTUBEで削除されているようで音声だけになっています)
http://youtu.be/nu9bIayRdPw

http://youtu.be/a2P2qUpoBd0

http://youtu.be/jJ1uCmLaLSQ

http://youtu.be/DOAqeq361TY

http://youtu.be/8hRpx7ZCPjU

http://youtu.be/UHsz_d2-G5Y

http://youtu.be/aqOKIEBjyiw



2年目のオーストラリア(平成22年12月更新)

2029.06.11.Mon.19:09
昨年の4月からオーストラリアで学生をやっていますが、今年の4月から7月終わりあまでは嫁が出産した為に日本に戻っていました。7月終わりから現在2010年の12月12日までの約4ヶ月の間ですが、この間の集ストについて書きたいと思います。


この間は今までに比べて少しだけ進展のある期間だったよぅに感じます。というのも多くの方に集団ストーカーの実態を知ってもらう事ができたかもしれません。まずは、今回は私の講義で確実に落とされると思われた講義がありました。


これは今までに落とされた講義と同じ状況であったので、落とされるのではないかと感じていました。というのも、そのクラスに多くの加害工作員が混ざっていたのと講師も加害に加わるように誘導されていたように感じられ、更にはその講義はとてもむずかし過ぎるという仄めかしが講義の始まる前から何度もあったからです。


この仄めかしは私が今までに落とされた時の状況と殆ど同じで、この仄めかしにリンクをさせて落ちるという思考送信などもあった為、そのように思ってました。また、年に一度の講義の為どうしても落としたくなく何とかしないとならないとも感じていました。そのクラスでは私がトイレから帰ってくると全員が睨んできたりという事が頻繁にあり


時には自分の前にいた目が合った人間に中指を立てたり、時には立ったまま机を殴って睨んでる辺りの人間を睨み返したりという事もしました。また、掲示板に何度か集団ストーカーを周知させる為の張り紙をしました。その張り紙をする度に事務員から連絡が入り精神科と相談をした方がいいと言われました。私はそのオファーを私は精神的におかしくないと無視し続けました。


また、その次に加害者は1人では何も出来ないチキン野郎だ。仲間を集めて調子に乗っているがその仲間ごと1人では何も出来ないチキン野郎だというチラシを掲示板に何度か張りました。また、同じ内容のTシャツを作ってきていきました。それを張った後には講義中に元ボクサーのフランス人に思い切り睨まれました。


講義中、長時間睨んできたので頭にきて講義の合間の休憩中に何で睨んでいるんだ。何か文句あるんだろと言いました。そうしたら別に睨んでないと言ってきたのでその時は何も起こらずに終わりました。一つ言っておきますが私はボクシングジムで彼と何度もあっているし、私は彼が悪い人間でないのも知っています。また、この集ストについてある程度知った後には蟠りが解けたようで、最終日には握手をしました。そのチラシ内容を掲載したブログはこちらです。





また、一つのクラスで最初に掲示板に張ったチラシをクラスメイトに配らせてもらいたいと講師に頼んだ所、その講師は本人の問題なので本人の意思に任せると言ってくれました。その為にそのクラスでチラシを撒き、そのクラスメイトにも少しは誤解を解けたのではないかと思っています。


また、その後に絶対に落ちるだろうと思っていた講師に呼び出されて、講師ルームにいき集ストについて話あいました。そのチラシを今も持っているかと聞かれて持っていたので、その講師に渡しました。そのチラシには電磁波、思考盗聴、思考送信や私が今までに納得いかない採点で落とされている事も書いてありました。


きっと、その話し合いの状況は他の人達からも見えていたのだろうと後から思います。その講師は私に思考送信などはないと言ってきました。私は現に受けている講義でも常に電磁波を浴びてまともに講義を聞くことが出来た事が今までに殆どない事をいいました。


また、集ストは絶対にある事もちゃんと気持ちを伝えたつもりです。その話し合いで触れてからだと思うのですが、家で勉強をしている時にも少しだけ頭への介入が小さくなったようにも感じました。この学期は今までの4学期の中では一番頭への関与が小さく感じています。


その話合いまでは、正直殆ど頭がまともに動く事がないように常に誘導を受けていました。普段の勉強中には関与が7割~9.5割くらいありましたが、この話合いの後は平均して5割くらいだったのではないでしょうか。その話し合いの最後には、その講師が私に対して課題も試験も評価はちゃんとすると約束をしてくれました。私は何よりもそれが嬉しかったです。ありがたい事に実際に評価をしてくれました。


また、その講師はその時期辺りまでは、私の事を嘘つきだと思って偏見を持っていたようでしたが、後に集ストについても理解していただいたようで、その後はとても紳士に接してくれました。


また、クラスメイトでも悪意のない人には評価は試験と課題の両方を足して半分を超えれば良いと言われ、加害者に見張られている状況の場合の人には試験と課題の両方を半分とらなければならないと言われます。私はそこまで厳しくはないと思っています。


また、クラスでチラシを撒いたように家の周りでも実名入りでチラシを撒かせてもらいました。とはいっても私の行動範囲はとてもせまいので、その行動範囲で約400枚撒かせてもらいました。内容は上と同じで集ストに騙されないで下さいという内容です。そのチラシ内容を載せたブログはこちらです。


基本的にはオーストラリア人は集ストには無関係でいてくれますし、とても大らかでフレンドリーで個人主義ですので、あまり被害もなくて済んでいると考えています。ローテクに関しては、このような感じで少しずつ減っていったように感じていたのですが


ハイテクに関しては相変わらずといった感じです。先ほど言った頭への関与が減ったくらいで、その分は肩、膝、ひじ、首などで電磁波の攻撃をされています。また、とても強く電磁波を浴びている時期は常に冷蔵庫がうなるような音がして


その電磁波が強かった時期に、電子レンジでポテトを温めていたらポテトから火を噴いた事がありました。私は家にいる時にはほぼ常に耳栓をしているのですが、その時にはたまたま耳栓をせずにいました。何かおかしな音がすると思っていたら、電子レンジ内で火が出ていたので急いで水を掛けて火を消しました。1月経った後もレンジ内は漕げたままです。下に写真を紹介します。


また、ある時にはゴキほいほいが散乱していた時もあります。家に戻ってきたら何やらとてもクサイ臭いがしたので探ってみたら、散乱してその上から何やら液体のような物がまかれていました。床一面がなんとも言えない汚れで真っ黒で掃除の時も本当に気持ちが悪かったです。


また、私は語学学校時代から付き合いのあるインド人がおり、時々他の日本人とそのインド人と一緒に飲みに行く事などもありました。とは、言ってもそのインド人は完全に加害者だったので、私はその彼を人間的には付き合いづらい人間とは思ってはいませんが、飲みに行ったりすると普通には付き合えなくなります。


特に私は常に見張られており、特に飲みに行くような時には見張りが厳しくなり、普段はいい奴なのですが、そのような時には人が変わったような態度になります。その日本人も同じです。普段は悪い人間ではないですが、きっと見張りが厳しくなった時には人が変わります。しょうがないので、私もその時はしょうがないと付き合ってあげます。


ただ、そのインド人とはある時をキッカケに付き合わなくなりました。というのは、私が彼らと飲みに行った時にある違法行為を行っている所へつき合わされました。私はもちろん違法行為はしませんし、そういう事をする人間を軽蔑していますので、クソだと思いそいつとは付き合っていません。


そいつは私と飲んでいる時に私の酒に何か混ぜたと思えたので、私はそいつとは完全に縁を切りました。私はそいつと飲んでから2・3日間、二日酔いと違う感覚の気持ち悪さを感じていました。


また、私の家は中国人の友達が紹介してくれた部屋だったのですが、そこには私が知っている中国人(その子の友達)が元々住んでいて入れ替わりで入る形になりました。ただ、その家の隣(繋がっている家)には私の加害者と思われるインド人が住んでいました。初めのうちは私が洗濯をするとなぜか洗濯物の色が変色していたりという事があったり


何人かで圧力を掛けたそうにしていたのですが、私も隣に住んでいて洗濯物をそこの家でやらせてもらっていたので、あまり切れるような事も出来ず、ある程度は黙っておこうと思っていました。ただ、その彼らが私と同じ授業に出席をして、私が他の豚なドイツ人やカナダ人やデカイ中国人などに切れている姿を見ているし、何人いても動じないのも見ているので


そのような態度も意味がないと思ったのか途中から全くなくなりました。ただ、彼ら自身も私に対して何か圧力を掛けるように何らかの圧力を掛けられているらしく、それらしい態度は示してきましたが全く気になるような事もなく、基本的にそれほど悪い人間でもないと思うので、最初の数回の洗濯だけで全く後は何もありませんでした。


そんな感じの四ヶ月間です。周りの人達には少しずつ集ストについて理解してもらった気もしています。そして、ローテクでの被害自体も少し減ったように感じます。とても、ありがたいです。私はハイテクの被害がなくならない事には、今後自分のまともな人生はないと思っています。早くこの被害をなくしオーストラリアで普通に家族と暮らしていきたいです。


火を噴いた電子レンジ
電子レンジ4

電子レンジ3


下はオーストラリアのヤンキー4人組に絡まれそうになったので動画で彼らを録画しました。

オーストラリア生活1年間を振り返って(平成22年5月更新)

2028.12.01.Fri.13:18
今は一時的に日本に戻ってきていますが、約1年間オーストラリアに住んでいました。また、2ヶ月くらいしたらオーストラリアへ戻ります。正直、私は日本も好きですがオーストラリアの方が好きです。


綺麗な自然に明るくてフレンドリーな人間性に何よりも個人主義が好きです。ただ、オーストラリアに行っても集団ストーカーの被害はありました。一年間のその被害を振り返ってみようと思います。


まずは、私は向こうで不動産屋を介して家を借りましたが社長はオーストラリア人、奥さんが日本人でした。初めのうちは日本人がいるので安心だと考えていました。実際にその不動産屋夫婦にはお世話にはなりましたので感謝をしていますが、その奥さんがとても加害者に協力的だったように感じます。


私が住んでいた家では私はホテルの一室を賃貸として借りて嫁さんと住んでいたのですが、不動産屋に頼まれたりで部屋を8ヶ月間で3回変える事になりました。日本では通常は2年契約で自動更新ですが向こうは半年契約です。


そして、私は自動更新だと聞いていたのですが、半年経った時点で契約が過ぎたから出て行った欲しいといわれました。それなら毎月家賃を払いに行っているんで、その払った時に次で契約期間が切れる事を言って欲しかったのですが、突然出て行った欲しいと言われ、もし住みたいのなら少し家賃の高い所なら2ヶ月貸せるといってきました。


次を探す時間もないのでそこに承諾する事になりました。後でも書きますが私はオーストラリアでは本当に金銭的に追い込まれる事が多く何度もぼったくりにあっています。


また、その部屋に越す前にはその不動産に頼まれて一度部屋を変更しています。家賃は同じでしたが、狭い部屋へと変更になりました。そして、その部屋では週末になると必ずニンニクの臭いがしてきます。換気扇を通して臭いが入ってくるのです。


私はどちらかと言えば臭いには鈍感なほうかもしれませんが、うちの奥さんが臭いには敏感で特に妊娠した後には臭いには凄く敏感になりますので、とても苦しんでいました。その前の部屋では洗面所の引き出しを開くとゴキブリだらけという事もありました。


また、そのホテルでは夜中に何度か警報機が鳴り出す事があり、そんな事があったと思ったら次の日には、私と嫁の通う語学学校で警報機が鳴り出したりという事がありました。


また、その日本人女性はいくらなんでも少しやり過ぎに感じていましたので、最後の方では常に切れぎみで接してしまいました。でも、釣りやカジノでジャズコンサートなどに連れて行ってくれたりもしましたので、感謝はしています。特にオーストラリア人の旦那さんには良くしていただきました。


また、始めの3ヶ月は語学学校に通っていたのですが、その語学学校は完全に自分の事を悪い人間だと思っていたようです。私についての嘘が言いふらされていました。また、私はバスで通学をしていまいたが、通学の途中でバスに石を投げ込まれ窓ガラスが割れてバスを乗り換えるという事もありました。


語学学校には嫁さんも通っていたにも関わらず、私が他の女性を狙っているように言い触らされたり、また途中から創価学会員が私への嫌がらせ要員として編入をしてきました。その腐れカルトは私の嫁と同じクラスに入り私へ頻繁にちょっかいをだしてきました。


腐れカルトの特徴として嫁など女性と一緒にいるときに調子にのって嫌がらせをしてきます。私も奥さんが風邪で学校を休んだ時にはそいつに対して唾を吐いた事はあります。本当ならばぶん殴ってやりたかったのですが。


また、試験の1週間前からは隣の部屋に若者5・6人が泊まりに来ていたのですが、朝8時から夜12時まで大音量で音楽を流し続け、私は殆ど部屋で勉強をしていましたが、その子達も一度も外に出る事もなくずっと部屋で音楽を流し続けていました。これは私が日本で英語試験1週間前になると必ず家の前で工事が始まり、前日には徹夜で工事をするのと同じ嫌がらせになります。日本でも試験が終われば工事が終わるように、私が試験が終われば若者達も出て行きました。


また、嫁さんが妊娠をした後に3ヶ月くらいしてから日本に帰っていったのですが、その後はオーストラリア人とシェアをしていました。そのオーストラリア人にはとてもお世話になりました。


私が日本に帰る前日にはパーティーを開いてくれてとても感謝をしているのですが、本当に時々ですがやはり加害者に加担させられているのは感じました。私の被害も睡眠妨害があるのですが、そのオーストラリア人のオーナーもとても朝早くにもちろん私が眠っている時間帯に大きな声で歌を歌い出す事がありました。


それも何となく悪魔教のような歌なんです。時には夜中の3時くらいに歌い出すこともありました。私の部屋は2階でしたが、私の勉強中に1階のリビングで昼間に4人くらいでその歌を歌っていた時に頭にきてしまい、ワインのビンを持って殴りかかりに行こうとした時があります。


ただ、その時にオーナーも申し訳なさそうに完全にやらされているのが分かりました。ですので、私も怒りを静めてワインの瓶だけ持って何もせずに外に出ていきました。ちなみオーナーは27歳で私よりも9歳若いです。 その後にオーナーの彼女が私の部屋に手紙とチョコレートを置いておいてくれました。


その事はその後もお互いに触れる事もありませんでしたし、歌もなくなりましたし、私はそのオーナーには感謝しているので、そんなくだらない事は気にしてもいません。


また、先ほども言いましたが私はどこに行っても頻繁にぼったくりに会いました。加害者としては私を金銭的に追い込みたいと思っているようです。私は全ての生活費や学費は自分で払っていますが、それを親からの援助などと嘘を言い触らしていました。


また、始めのうちは生活の仕方も分からずにバスに乗っても少し高い金額を取られたり、美容院に行けば多めに髪をカットしたから5ドル余分にかかるとか、日曜日だから5ドル余分にかかるとか言われ、また日本円を換金に行けば通常のレートよりも10円近く高いレートで換金されていたりと8千円近く損させられた事もあります。これは後で計算をして分かった事です。


また、大学の試験では試験管にずっと目の前に立たれて睨まれたので、睨みつけて中指を立てた事もありました。講義でも頭にきた時には中国人にゴミを投げつけたりという事はありました。


そして今回、大学の講義で絶対にパスしている筈の講義を落とされました。オーストラリアでも日本と殆ど変わらない嫌がらせにはあっています。特にハイテク被害は本当に酷いです。


常に睡眠不足、思考盗聴、思考誘導、電磁波などの被害に合い続けていました。ただ、それでもやはり日本にいるよりもオーストラリアにいたいという気持ちは強いです。


全般的にこの被害に対しては無関心でいてくれる人も多くいるようにも感じています。最近は日本でもローテク被害は少なくなっているとは聞きますが。


また、日本のように変態的なカルトがいないようにも感じています。始めのうちはキリスト教の教会に通う人達が私の事を監視しているようにも感じていましたが、そのうちにきっと私の事を少し理解をしてくれてそのような監視もなくなりました。


また、何よりも私もそうなのですが、オーストラリア人の個人主義なところがとても好きです。また、個人主義なのにとてもフレンドリーで明るいです。せっかく英語も勉強しているのだし、大学を卒業した後には出来ればオーストラリアで無理ならば英語圏の国で就職出来ればと思っています。





オーストラリアへ渡るまでの妨害(平成22年9月更新)



私は現在、オーストラリアに住んでいますがこちらに来るまでには本当に散々な妨害にあいました。まずは、大学院に進学するためにはIELTSという英語の試験を日本で受け、ある程度の結果を出さなければなりません。


私は日本を脱出する事を計画し、勉強を始めた当時の英語力は本当に低かったと思います。ですので、ある程度の試験で点数を取る為に真剣に勉強をしなければなりませんでしたが、常に電磁波、思考送信、思考誘導などの被害にあいまともに勉強をする事が出来ませんでした。


今もあまり変わらないかもしれませんが、目をまともに開けられないほどの電磁波を常に浴びていました。また、気持ちなども全く乗らないような誘導をされたり、勉強中に上から常に床を踏み鳴らすような騒音被害にあったりとまともに勉強をする事が出来ませんでした。


また、IELTSを私は3回受験しましたが、3回共に試験の1週間前から家の前で工事が始まり、前日には必ずその工事が徹夜で行われます。そして、まともに寝れないまま試験を受けるという事がありました。また、試験を受ける為にはパスポートが必要なのですが、1度試験にパスポートを忘れて行って受ける事が出来ませんでした。


これを見ている人にはただの物忘れに思われるかもしれませんが、私はこれを思考介入により忘れたものだと確信しています。私は前日に何度か持ち物の確認をするべきだと考えましたが、確認しようと考える度に異常な電磁波を浴びて無気力となり、確認する事が出来ず更には別に大丈夫だろうという思考送信をしてくるのです。


私はその日は殆ど何もする気が起きず、机の前でずっと電磁波を浴びてボーとしていたのを覚えています。また、試験では面接の試験もあるのですが、なぜ結婚をしないのか?宗教などにどう思っているのか?などのプライベートな事を散々聞かれて、点数も全く納得の行くものではありませんでした。


もちろん、英語力がまだまだなのは自覚していますが、それでも自分で良いと思っている分野では点数が全く伸びなかったりと完全に入学を引き伸ばす為に点数を付けているだろうとしか思えない採点に思えました。結果として直接大学院にはいけないが、語学学校を15週間行けば大学院にいける点数を取ることが出来ました。


また、学校の手続きをする為に何度か仲介業者と連絡を取りました。最後の仲介業者はきちんと仕事をしてくれましたが、途中何社かの仲介業者は全く仕事をしてくれなく連絡もまともにありませんでした。途中で信用してお願いしていたのに途中から何も連絡が取れなくなってしまったり、条件に合わない学校を紹介されたりという感じで、ただ時間だけを悪戯に費やされた事になりました。


私は1日でも早くこの狂った嫌がらせの日本から抜け出したいと考えていたのですが。更に大使館に連絡をしても、私の質問に対してもまともに解答をしてくれる事がなく、常に電話をたらい回しにされて、最終的には英語でないと質問、解答を出来ないと言われてそこまで英語力がない時点で必死に対応しました。なかなかビザの発行の目処も立たず、そこでも悪戯に時間を浪費しました。


また、私の海外留学を題材にしたブログに対して色々な嘘のビザ取得やオーストラリアに関する情報がコメントされたり、私が頻繁に覗くサイトにも嘘の情報が書かれたり、嘘の情報を掴まされたり、更には外国為替のセミナーでも散々嘘をつかれて、せっかくの安く換金する機会も逃したりと(それは講師の言う事を聞かず自分の意思をしっかりしておけば良かったのかもしれませんが)ただ、本当に私の周りには色々な嘘の情報が交錯し私の渡航を妨害していました


何とかこちらに来ることが出来てからは、最初の半年間は本当に酷い電磁波、思考盗聴、思考誘導、嘘の言い触らし被害に合いました。他の被害者の方で海外に逃亡された方も同じ事を言っていますが、明らかに嫌がらせの内容が殺意に変わっていました。


私は常に自殺を促すような思考誘導を浴びていましたし、実際にその誘導に気が付かずにそのような気分にさせられる事が頻繁にありました。加害者としたら、日本にいないのならば殺していまおうと考えていたのだと思います。私としてはボロボロになりながら何とか逃げてきたオーストラリアという気持ちを持っています。


加害者としては常に私の事を日本に連れ戻したいと思っているようです。ですので、私が日本に一時帰国をした際には、一時的に嫌がらせをなくしたり、こちらでも日本に住むのが良いと思わせるような送信を常にしてきます。更に日本にいつ帰るのかという質問を頻繁に受けます。


更には大学院の勉強中にも思考への介入や電磁波の被害が頻繁にあり、まともに勉強をする事が出来ない状態です。更には私は自信を持っていた教科などでも納得がいかずに落とされるという事もあります。加害者は私を1日でも早く海外生活を諦めさせて日本に連れ戻し、加害者の目の届く範囲で私へ対しての嫌がらせと監視を再開したいようです。


私は日本人は嫌いではありませんが、現在の日本の現状は嫌いです。完全に気違いに乗っ取られかけている日本に住みたいとは思いません。



下は後日はりつけたものですが、私が拷問を受けながら何とか取得したMBAの資格証明書です。もちろん、このような事自体もなかった事にしようと加害者は動いています。私はこの勉強をしている間は本当に拷問だとしか思えない嫌がらせの数々を受け続けてきました。
卒業証書3
続きを読む "オーストラリア生活1年間を振り返って(平成22年5月更新)"

嘘を晴らしたい。

2027.12.10.Fri.09:00
集団ストーカーはターゲットを孤立化させて、最終的に自殺に追い込むという事が最終的な目的になります。その手段の一つにコインテルプロという物があります。これは、一番下に説明動画を紹介しておきますが、簡単に説明しますと、ターゲットのコミュニティーに加害者が数名潜伏します。


その潜伏した加害者がその周りの人間にターゲットに気がつかれないように嘘を言いふらすのです。それを聞いた人が更にその嘘を言いふらします。そして、そのターゲット以外の人間がその嘘を聞いて社会的な地位を貶め入れるというものです。


これは60年以上前からFBIやCIAなどや他の組織使われている作戦になります。前にも触れているように私の被害者26年間続いています。この26年間あらゆる嘘を付かれてきました。また、26年以上昔の事たとえば30年前の事を平気で昨日の事のように大げさに言いふらされている事もあります。


本当に簡単な嘘を言いますと、私は小学校の低学年まで母親の事をママと呼んでいました。ただ、小学校高学年からは母さんに変わっています。それにも関わらず、私が未だに母親の事をママと呼んでおりマザコンかのように言いふらします。


ちなみに、私は自分の人生で半分以上が一人暮らしですので、マザコンである事も出来ない状況で生きています。このように今回の記事は私がつかれていると思っているウソを暴く事を目的に書いた記事です。あまり面白く無いかもしれませんが、ご了承下さい。


まずは、私が何らかの宗教団体か過激の団体に入っているという事を嘘をつかれているようです。ただ、私は生れてから一度も宗教団体や過激な団体に所属した事はありません。(別に宗教団体を否定する訳ではない)。以前に私がオウムの一員かのように言われた事があります。


私は全く知合いもいませんし、もし私が宗教のメンバーと共にしていたのならば、それは私が宗教の一員として認識せずにあっている筈だし、何よりも宗教の活動としての認識はしていない筈です。そのように認識して宗教活動に参加した事はありません。


タイなどでお寺を回ったりという事はありますが、特別な活動という事ではありません。また、それと女を引っ掛けるといわれています。私は嫁とは別れたばかりですが、嫁と付き合っていた6年半の間に一度も浮気をした事はありません。


その間に他に女を作ったことも声を掛けた事も一度もありませんし、付き合っている最中には必死に嫌がらせをする事で彼女と別れさせようと画策しているのは分かっていました。結果、別れる事になりましたが、今では私が彼女が浮気したと勘違いして別れた事と言い触らし出しているようです。


もちろん、私も彼女も浮気などしていません。彼女は子育てでそんな時間もなかったでしょうし、私も全くそのような事はありません。また、オーストラリアでの学費と生活費を親に払ってもらっているといっています。


私は全ての学費も生活費も自分で払いました。たまに、親が誕生日などに私に少しだけプレゼントとして援助してくれる事がありますが、それでも私が払った全てのお金の中で数%にしかみたない金額です。それらは親の親切としてありがたく貰ってはいます。


次に言われていると思うのが、身体障害者を差別しているという事だ。これも否定させてもらいます。私がこの被害のきっかけとなった一つに某宗教団体で力を持つ母親を持つ人間に一方的に恨まれたという事があります。


その父親が身体障害者でした。私は他の身体障害者の父親がいたので、その人間に対して気を使うように話をしたのですが、その行為が差別行為だと一方的に本当に一方的に因縁を付けられて、それから私はその宗教団体から狙われるようになりました。


ただ、私は自分でも脳出血をしていて、その後遺症に散々苦しみましたので、身体障害者を差別することはありません。また、この加害者に身体障害者が多くいると言われています。これも某宗教団体には多くの障害者が加入している為と言われております。


逆に言語障害などと仄めかしや言われる事は時々あります。また、最近では自分の何らかの政治色を持っているという人間がいます。もちろん、私には応援している政治団体がいます。一般的に保守と言われている団体を心では応援しています。


だからといって、何かに所属しているという事は一切ありません。また、今までに営業などの仕事を何度かトップ営業になってきましたが、それに対して汚いやり方やずるいやり方をしている為に契約を取れていると言われているようです。この嘘も本当に腹が立ちます。


自分が会社をしていた間に自分が原因の苦情らしい苦情は一度も思いつかないし、加害者による難癖か嫌がらせが原因による苦情を受ける事があるが、ケアレスミスなどで失敗する事はあるが、自分が原因での大きな失敗や苦情は思い出せない。


自分は数字よりもほとんど苦情がなかった事の方が誇りに思っていると、ずっと言い続けているつもりです。。お客様の立場に立って営業をしてきたと思っている。その嘘は根も葉もない嘘だし真逆の営業をしてきたと本気で思っている。


また、私が結果を出したのは加害者の援助があったからだと後から言ってきています。正直、とても高い割合で嫌がらせを受けてきていますが、その数分の一程度に私をホローしてくれている人がいたのは感じています。


ただ、そのホローしてくれた人たちの何十倍もの嫌がらせを受けていますので、その街で一番営業成績の良い会社でしたが閉じる事になっています。


 また、さっきも触れたが私は以前に脳出血で入院しています。それから何年かして、自分の後遺症がどうしても酷かったので、入院した病院にCTの検査をしに行きました。ただ、その時に以前に脳出血で入院した事があると言ったのだが、うちの病院ではそんなカルテはないと言われ


そんな訳はないのに、しかも言うに事欠いてその医者はお前は脳出血などはしてない。ただの精神病だろと言われました。以前にも言っていますが、私が脳出血をしていた事実はどうしても加害者が封じ込めたい事のようで、あらゆる力と嘘を使ってその事実をない事にしようとしています。


元はこの集団ストーカー的な嫌がらせが顕著になったのは、私が後遺症で一番苦しんでいた時だった。周りの人間には当然に日常生活もまともに遅れていないのは分かっている筈だし、その症状について忠告された事も何度かある。


また、嫌がらせに対して体の症状が悪いので今は勘弁しほしいとある人間(キムと呼ばれる人間)に頼んだときも調理包丁で刺してやると言われた事もある。奴らにしたら、そういう症状で苦しんでいる人間を狙うのが一番狙い易かったし、楽しかったのだろう。


そんな症状の人間をバカだと言い色々な罠もしかけて陥れれば簡単に周りも納得させられるだろう。その頃は色々な判断能力を失っていたが、散々騙され嵌められ嫌がらせの的にされ続けた。また、後で説明をするが加害者はテクノロジーを用いる事があるので、


そのような状態の自分にテクノロジーを使えば簡単に私の事を貶め入れる事が出来た筈です。また、脳出血の状態を心配しているような振りをしている人間にも散々嫌がらせの対象にしてもらった。


また本気で刺す気があるなら、今からでも来たらいいと思う。今なら体も治ったつもりでいるし、対応してやれるだろうから調理包丁を持ってきたらいいと思っている。


 また、俺が女を殴るといわれているようだが、確かに以前に女に手を上げたことはある。本当に反省はしているが、ただ言い訳をさせていただければその女には包丁やガラスなどで何度も刺されになっているし、ガラスの破片などでは刺されたこともある。


その女は以前にヤクザの世界に居たこともあるようで、家の多くの物パソコンや家具などを壊されて、デジカメなどの価値ある物は盗まれた上に自分の身近な物全てをボロボロにされた。それも奴らカルト野郎が私の脳出血で一番苦しんでいる精神的にも一番苦しかったのを知った上で色々とそいつに嫌がらせをするように


言った為だと思っている。私がいくら何を言ってもどんな女かを言った所でカルト野郎らはどんな手段や強引な言い訳してでも俺を攻めてきやがる。それにその女以外に手を上げていないし今後もよっぽどの事がない限りは女に手を上げないだろう。


そんな事も本当に今更思い出したくも言いたくもない。自分の中ではもう終わりにしたいのだが、そういう色々な事を分かった上で奴らは人の気持ちにズカズカと土足で入ってきやがるクソ野郎。


その時に嫌がらせの指揮を取って、全てを強引にねじ伏せようとしたのも調理包丁野郎だが、本当にそいつには掛かってきて欲しいと思っている。また、奴らは自分が独身時代何で結婚しないんだと何度も聞き続けてきました。同時に私が遊びたい為に結婚をしないと言いふらされていました。


事実、私は長い間、結婚をする事を否定し続けてきました。なぜなら、この嫌がらせを受けているし自分が結婚したら奥さんをこの状況に巻き込む事になると考えていたからです。自分の考えを知って奴らは、いつ結婚するのかと何度も何度も聞いてきました。


彼らは自分の弱みに付け込む為に自分に早く結婚させて子供を早く作らせようと企んみ続けてきました。今の奥さんとなら結婚しても良いとは思って結婚したのですが、この嫌がらせに対する不安は本当に多くあります。


ちなみに上の文は離婚前に更新したものですが、現在は離婚しています。上で書いた事がそのまま当たった形で離婚にいたりました。私は嫁と元6年半の間にまともに喧嘩をした事はありませんでしたが、完全にこの被害が原因で離婚に至っています。


私は心の底からこの被害から抜けたいと思っていますが、 結局のところは、私が何をしていようが関係なく先行投資してしまった集団ストーカーやテクノロジーに費やした巨額の金の為にどんな手を使おうがどんなウソを付こうが


その金を回収する事だけを目的に嫌がらせをしているのでしょう。特に自分の場合には反論をしてきたがそれに対して、どんな汚い手やウソを付いてでも自分達の正当性を認める為に最終的にはここまで卑劣で非人間的な手段までやられるようになったのだと思っている。


更に、先行投資した金を回収する為に色々な人間を巻き込みウソを付き嫌がらせをして、反抗的な事を言い出したら黙らせる為に電磁波を流し、気力を無くす目的で超音波を流し、あらゆる手を使って嫌がらせをして金を使っているのだろう。


思考盗聴のシステムはとっくに世の中に出回っています。ニュースでもいくらでも流されるようになっています。これはヘッドギアがなくても可能です。心の底から一日でも早くこのような事から抜け出して普通に生活がしたいという事だけを思っています。



続きを読む "嘘を晴らしたい。"

ハニートラップ(平成22年5月更新)

2019.04.01.Mon.09:00
 他の被害者の方と話をしていると女性、男性を問わずに必ずハニーとラップを仕掛けられると言います。私も実際に何度もハニートラップと思える罠にあった事があります。特に私が脳出血の後遺症で苦しんでいた時には何度も罠に遭遇しました。


そして他の被害者の方と共通意見ですが、ハニートラップのように知り合った女性は必ず創価学会員又は在日朝鮮人だと言います。私は大学時代に約3年間付き合っていた彼女がいました。私は大学時代にはボクシング部に所属し副将で彼女は同じ部活のマネージャーでした。


正直、もう10年以上も思い出す事もありませんが集ストについて知ってもらう為と自分を誤解してる人がいると思える為に書きます。私はその彼女とは殆ど毎日会っていました。というのも、毎朝乗る電車も同じで部活も同じの為に行きも帰りも同じ目的地という事もあるし、仲も良かったと思います。


しかし、私は高校時代にやはりボクシングが原因で脳出血をして話す事が全く出来なくなり入院しています。それにも関わらず、大学に入ってからもボクシングを続けてしまったので、大学3年の終わり頃にはかなりパンチドランカーの症状が酷くなっていました。


普段から意識が飛んだり全く記憶力がなく思考も働かない状態です。ただ、時にはその症状が姿を消して本当にたまにですがまともになる事があります。私は事前にその彼女に自分はきっと頭をおかしくしているから、これは自分の責任なのでおかしいと思ったらいつでも別れてもいいからという事は言い続けていました。


また、私は以前より創価学会などに目を付けられて嫌がらせや監視の対象になっていましたので、私がおかしくなった時を機会に大学3年の終わり辺りから私への異常な攻撃が始まりました。本当に私がおかしくなり判断能力を失ったのを見計らって攻撃してきたとしか思えます。私の周りでは私のおかしさに気遣うそぶりをする人間も一応はいましたので。


その頃より、私は大学で私を嵌めようとするおかしな同級生が周りに多くなったのと同時にそれまでの付き合いがあった人間が距離をとり始めました。きっと私に関する大学を裏口で入学したなど嘘の言い触らしが始まり、盗聴・盗撮・ハッキングによる監視が始まった為だと思います。ちなみに、私への嫌がらせ構成員は現在デリヘルをやり大学卒業後には私から縁を切るため消息不明と嘘をつかれていました。


また、4年になったにも関わらず私はスポーツサークルと称する宗教団体が主催するサークルに勧誘にあいました。今でも覚えていますが、そのサークル内の雰囲気は本当に異常でした。20世紀少年に出てくる小池栄子とその仲間達という感じです。


また、それまで毎日あっていた彼女ともいきなり連絡が途絶えました。更にはそれまで良くしてくれていた彼女の家族までも突然に私に対して嫌がらせを始めたように感じました。ただ、彼女やその家族が私に対して突然に態度を急変させたには理由があります。


私の事を監視し性的な事までも仄めかしをしてくるというのも一つの理由でありますが、私が彼女と一緒にボクシングジムへ通う途中に凄い勢いで車が私の方に突進してきて私にバックミラーをぶつけて逃げていきました。バックミラーが思い切り粉砕していましたので、相当の勢いでした。一歩間違えれば私は死んでいたと思います。その子も近くにいましたので、それを気に完全にビビッてしまい私に対して敵対し始めました。


その後、私への孤立化工作が始まると同時に私に対する嫌がらせ要員が様々な罠を始めるようになりました。その中の一つに私への加害要員による飲み会が用意されており、そこで知り合った女性とその後私は仲良くなるのですが、その子は在日韓国人でした。


15年近く前になりますが私はその当時はあまり在日だからという事を意識する事もなく、更には始めのうちはその子の事を日本人だとずっと思っていました。もちろん、その子は日本の名前を持っていました。間違いなくそれは私とその子をくっ付ける為の罠でした。


私も付き合っていた彼女の事を好きだったにも拘らず訳の分からない態度の豹変ぶりと突然の孤立化から気持ちを癒すために、更にはまともな思考を保てない事への苛立ちなどからその子と仲良くなり始めました。もしかしたら反感を覚える人もいるかもしれませんが、私はその子に対して今でも何の憎しみも抱いておりませんし、その子を悪い人間とも思っていません。


ただ、在日は基本的に大嫌いです。私が本当に悔しいのは卑怯な罠はもちろんですが、私の頭がおかしくなった時を狙われたという事です。私はその子とは2年くらい付き合いましたが、その子も私が頭が本当におかしくなっているという事を分かってからでしょう、私から距離を置き始めました。


私は今ではその子の事もボクシング部時代の彼女の事も思い出す事は全くありません。きっとそれ以降に色々な多くの事を経験したので思い出す意味がないと思っているからでしょう。ただ、汚いずるいやり方で在日に陥れられたという悔しい気持ちだけが心も中に残っています。また、前回の彼女とは約5年間付き合ってきましたが、その子もこの被害に完全に巻き込まれて別れる事になりました。全く思いだす事もありませんが、それによって別れた事を色々言われるのも違うと思っています。


そんな理由で私は一時在日の子と仲良くしていましたが、それを利用して私を左よりだとか危険人物扱いをした人間もいるように思えましたが、私は全く左よりでもないし今では在日の知り合いも創価の知り合いもいません。最近、在日で集スト被害者といわれる方から連絡をもらったくらいです。私はその方は気の毒だとは思っています。ただ、私は在日を嫌いな上に完全に保守であり、この被害を一日でも早くなくしたいと心から思っている一被害者です

続きを読む "ハニートラップ(平成22年5月更新) "

精神衰弱(平成22年5月更新)

2019.01.01.Tue.13:15
私は今までに神経衰弱の状態になった事があります。この集団ストーカーの被害を受けていると意図的に精神障害者に仕立て上げられますが、そうではなく本当に嫌がらせにより神経衰弱してしまった事があります。


私は大学を卒業後約2年半で会社を4つ変えています。1つは自分で体がいう事をきかなくなり辞めましたが他の3つはリストラです。以前にも言っていますが私は脳出血の後遺症に大学卒業前くらいから本格的に苦しみ始めました。


また、同時その頃から集団ストーカーが本格的に始まり異常な嫌がらせに日々あっていました。更には大学時代に付き合っていた彼女に集団ストーカーが原因で別れる事となり、きっとその事も後を引いていたのだと思います。


会社を何度も首になり体も全く自由が効かず、大切にしていた彼女にも理由も分からず振られて私は毎日、死ぬ事を考えるようになっていました。私は自分で始めたボクシングだったので正直、何があっても後悔をしないと決めていましたが、その当時だけは唯一後悔をしたかもしれません。


また、その時は精神恒弱くらいのレベルだったと思います。その後にやはり集団ストーカー一環の嫌がらせとして女性関係で狂った問題が起こり、更には同時期に母親がトラックで跳ねられ本当に自分の周りの全てがおかしくなっているのを感じていました。


言い訳ですが私の頭がもう少しまともであれば、もう少し対処が出来ていた筈です。その時にはどうにもする事も考える事も出来なくなっており、精神と体の機能が分離したような感じになりました。


私は精神病院にも通い薬も処方してもらっていました。私は当時その事を情けなく思ってしまい、きちんとは病院には行っていませんでした。私が何か前向きな事を考えれば熱が出て息が苦しくなり体調がおかしくなり、更に普通に歩いているだけなのに理由もなく涙が出てくるような状態です。


きっと、精神のバランスが本当におかしくなっていたのだと思います。ただ、そんな状態であっても集団ストーカーの嫌がらせが止まる事はありませんので、体を回復するにも余計に時間が掛かったと思います。


頑丈な筈の体が少しの事で熱を出し、前向きに生きたいと思いながらも少しでもそのような事を考えただけで熱が出て過呼吸が始まるので前向きに考える事もできませんでした。こんな状態がいつまで続くのだろうかと全く光が見えず3年近く精神的・肉体的におかしな弱った状態であったと思います。


また、この集団ストーカーの嫌がらせに気が付くまではどんなに嫌がらせを受けても何か自分に非があるに違いないと考えるようになっていましたので、理不尽な嫌がらせに対しても自分を何とか正そうと考えどんどん態度も萎縮していっていたと思います。


ただ、この嫌がらせが集団ストーカーだという事に気が付いてから少しずつ活路を見つけだせるようになり精神的にも少しずつよくなっていきました。特に私の精神が安定しだしたのはこの嫌がらせを抜け出す為に逃亡した群馬の山奥での生活でした。


そこには本当に綺麗な自然に少しバカな奴らがいて、劣等感の固まりとなってしまっていた自分には回復のきっかけを与えてくれたと思います。今ではそんなところで働きたいとは思いませんが、そんな精神状態の私には最適であったに違いありません。


今でも集団ストーカーをする人間はその当時の弱っていた自分の事を持ち出して、自分のことを馬鹿にしているようです。文句があるなら掛かってきたら良いでしょう。その頃からも8年くらい経っています。


私は頭の状態をやっと治し、精神状態をやっと治し、そして気が付いた時には思考介入を含めて集団ストーカー被害者としてどっぷりと使っている状態です。もし文句があるなら、陰からでなく堂々と掛かってきたらいいでしょう。その当時の怒りもあわせて殺す気が戦うつもりです。


北里研究所への連絡(平成24年2月更新)

2018.12.29.Sat.16:42
私は今より15年くらい前に利尿剤の新薬の被験者になった事があります。それくらいから本格的にテクノロジーの被害が始まったように感じています。テクノロジーの内容については下の動画で詳しく説明をしたいと思います。


その当時は気が付けなかったのですが、加害者である人間の一人が私の事をいいバイトがあると誘いまして、私も何も考えずに北里研究所で行われた、それに参加しました。ただ、その辺りから24時間体制でテクノロジーの被害が始まったと思っています。


その為に、先日今頃になってですが北里研究所に電話で連絡をしました。電話の会話を録音できるイヤホンを使った筈だったのですが、私の声しか録音が出来ていません。ただ、内容は説明なども入っていますので分かってもらえると思います。


私は確実に病院などにいけば嫌がらせの被害を受けますので、全く医者関係がこの加害に関与していないとは思えないのですが、一応そのような事は関係ない、そのデータをあげているメーカーも私に関与している事はないと言い切っていますので、本当にそうであれば良いのですけどね。


http://youtu.be/iL_JrZGY1sc




下で詳しく書いていますが、オリンパスの裁判により、この加害者がターゲットを精神病に追い込むという手段が明らかになりました。私も無理やりに精神病に追い込まれようとしているという事には気がついていましたが、上記を書いた時には気が付けなかった部分もあります。


というのは、精神病の症状を人工的に作られているだろうと思える部分が多くあるという事です。これは他の被害者の多くが言っているので、気が付けました。例えば、電磁波発生装置、リダマシン(電磁波で相手の脈拍をコントロールする機械)、音響兵器(L-RAD,超指向性音響装置など)を例にとって説明をします。


きっと、普通の方なら知らない機器ばかりだと思います。ネットで検索を掛けてもらえると詳しく知っていただく事が出来るのですが、これらは個人でもお金さえ払えば手にはいる機器になります。電磁波をターゲットに当てれば相手が体にだるさや重みを感じさせる事が出来ます。ターゲットが寝ている間に脈拍を上げる事で自然に目を覚まさせる事が出来ます。


また、モスキート音などでも分かるように音波で相手をイラつかせたり、平衡感覚を奪ったり、腹痛を使ったりする事が出来ます。これは超指向性音響装置という物を用いればターゲット個人に対してだけ音を届ける事も可能なのです。また、2月にスマートホンから発売される携帯で耳栓をしていても相手の頭に直接声を届けるという物があります。


これらも私達がやられている被害のほんの一部のテクノロジーに過ぎないと思います。このような物をターゲットを精神病に追い込む事を生業にした訴訟で明らかになったストーキング集団が利用したい訳がないと思います。これらを利用されたターゲットは自分の事を


最近、体が重いなとか、睡眠障害かなとか、鼓動が高鳴って過呼吸かなとか、無償にイライラするなとか、下痢が続いて過敏性腸症候群かな、とか自分を精神病だと思わせる事が人工的に作る事が出来ます。更にそのストーキング部門が周りからジロジロと見たり、睨んだり、


プライバシーを暴いて、それをすれ違い様に仄めかしをしたりして、医者が最近視線が気になりませんかとか、幻聴が聞こえませんか、などをテクノロジーで弱らされたターゲットに対して聞くのです。そのように精神病を作る事が出来ます。


更に信じられないかもしれませんが、マインドコントロールや思考送信という事をターゲットは合わせてしてきます。この辺りは下で改めて詳しく説明をします。また、私は最近風邪で医者に行ったのですが、なぜか精神の薬を処方されました。


この加害者たちは私の事をどうしても精神病にしたいようです。今までにこれだけの嫌がらせをしてきたのですから、何としてでも揉み消したいという事でしょう。これもオリンパスの下に動画を紹介しておきます。





オリンパス裁判(平成24年1月更新)


被害者の方にはいうまでもないですが、少し前にオリンパスで集団ストーカーの裁判がありました。簡単に説明をしますと、特定の女性にセクハラをしてそれを隠蔽する為に


産業医と結託をして、その女性を精神病だという診察結果を出すというものです。そして、皆さんがご存知の宗教団体に集団でのストーキングを金を払って依頼をして、プライバシーの情報をすれ違い様に仄めかしたり、遠くから睨んだりという事をして


産業医が最近、幻聴が聞こえませんですか?とか、視線が気になりませんか?などと聞き精神病だという診察結果を出すという物です。一応、リンク先も紹介しておきます。
http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html
http://www.cyzo.com/2011/10/post_8912.html



私がこの事件で思ったのですが、既にその宗教団体がストーキング部門を持っているという事は明らかになっています。そして、その部門の目的は金を貰ってターゲットを精神病に追い込む事です。そこまでは裁判でも明らかになっている部分です。


ただ、私が思うのですが、普通のストーキングをして仄めかしをしたりすれば、自分の事を精神病だと思う事は絶対にないという事です。ストーカーが周りに増えて気味が悪いとは思うかもしれませんが、自分を精神病になったとは思わない筈です。


逆にその産業医に対して仲間ではないかと疑問に思うのではないでしょうか。きっと、本人ならば会社が全て仕組んだのかもしれないと考えるでしょう。ただ、ここでテクノロジーを使えば状況は変わります。


取り敢えずは、思考盗聴、思考送信、マインドコントロールの辺りは考えずに話を進めていきますが、実際に個人でも購入する事が出来る音響兵器、電磁波発生装置、リダマシン(相手の脈拍をコントロールする機械)を考えてみます。


まずは電磁波で相手の体に重みを与えて体をダルクする事が出来ます。そして、音響兵器はモスキート音でも明らかな様に相手に幻聴のような小さい音で不快感を与えたり、イラつかせたりする事が可能です。また、リダマシーンで相手が寝ている最中に隣の部屋などから


浴びさせる事で相手の脈拍を上げて自然と睡眠から起こす事が可能なのです。これらを組み合わせれば、知らないうちに体がだるくなり、イライラする事が多くなり、幻聴が聞こえて、心臓が高鳴る事が多くなり、睡眠障害が起こるという事が可能なのではないでしょうか。


これらに加えて、自分の周りに睨む人間が増えたり、仄めかしを受けたり、ニタニタする人間が増えれば精神病でなくても自分の事を精神病だと勘違いをすると思います。この加害者の目的は金を貰い危ない橋を渡りながらターゲットを精神病に追い込む事ですので、これくらいの事は確実にやっている筈です。


この宗教団体が何十年も以前より盗聴や盗撮で何度も裁判になっている事を考えれば、これくらいのテクノロジーを使うと考えるのが普通だと思います。もちろん、思考盗聴や思考送信、マインドコントロールなどを確実に行われてはいますが。


次に、この裁判から私が思った事なのですが、今は集団ストーカーの被害者の団体が多くあります。それぞれが街宣をしたりで本当に素晴らしく動いていると思っています。ただ、中には加害者を特定しないという団体もあります。


私はとても、不自然に感じてしまいます。被害者であれば加害者に対して殺意を抱くくらいに憎しみを感じている筈なのに被害者を特定しなくて良いという団体もあります。オリンパスの裁判からストーキング集団がいるのは明らかなのだから、少なくとも其処も関わりがあるのではないかと予想くらいはするべきだと思います。


また、ネットで集団ストーカーを検索をしてもその宗教団体が関与していると8割くらいの結果が出てきます。そう思うと、被害者が10人いれば少なくとも2・3人はその加害者から関与を受けているのではないかと考えそうだと思います。


そうしたら、そこかもしれないから少しは配慮をするのが普通だと思うのです。それにも関わらず、いつも中立中立と言い、そこだと断定するのは良くないというのは、そこから狙われている被害者に対しては、加害者を擁護する事になるし、


警戒するなという意味になるのではないでしょうか。とても、無責任に思えてしょうがありません。団体の中の被害者人数が多くなればなるほど、そこから狙われている人間の確立も多くなると考えるのが普通だと思うので、実際に裁判でストーキング部門を持っているのも明らかなのですから


普通の発想ならば少し配慮しようと思うのではないでしょうか。また何よりも言いたい事は、もし自分達がそこから狙われているのではないとしても、その団体がそのような加害活動をしており、自分と同じような被害をその団体から受けている人がいるのを


知っていれば、その団体に対して嫌悪感や警戒心を抱くのが普通ではないでしょうか。私を狙っているのが、その団体でないとしても、私と同じような目に合わされている人がいると思えば私はその団体に対しては嫌悪感をとても抱きます。


実際に、裁判でも既にそのようなストーキング部門を持っている団体があるのだし、以前に集団ストーカーの証明31というのを作りましたが、そこでも触れているように、この加害者はローテク、ハイテクをとっても完全な犯罪行為です。


プライバシーの侵害、個人情報の共有、盗聴、盗撮、テクノロジーをとっても完全な犯罪行為です。電磁波や音波で危害を加えれば暴行罪が解釈上で適応されます。傷をつければ傷害罪です。警察官が外で捜査の為に個人を写真撮影してもプライバシーの侵害になり、


同居の家族内で盗撮機器を取り付けてもプライバシーの侵害になった判例もあります。これらの行為の全てが犯罪なのです。それにも関わらず、多くの人間が気がついているこの犯罪者を取り締まる事がないというのは不自然でしょうがありません。


時々、故意がなければ犯罪じゃないんでしょ。とふざけた事をいう人間がいますが、法律を知らなくても、その行為をしている認識があれば故意犯として犯罪になります。私はこれらを行っている犯罪者どもが一日でも早く捕まり、普通の生活を送りたいと心から望んでいます。


この国が法治国家であれば、これらの犯罪者どもは捕まらなければなりませんし、犯罪を犯せば必ず捕まらなければならないのは当然の事です。これらの重犯罪者どもが一日でも早く捕まる事を心から望んでいます。



日本医師会への電話


続きを読む "北里研究所への連絡(平成24年2月更新)"

殺されるかと思った被害(平成22年5月更新)

2018.05.24.Thu.13:06
今までに経験した集ストによって殺されそうになった事を書いてみます。この集団ストーカー被害によって今までに死ぬと思った事は何度かあります。先日、ヤクザに絡まれた事を書きましたが、私を押さえ込む為にそこまでしなくても良いだろうと思えるような事ばかりです。


一番、ぞっとしたのはバイクに乗っている時に大型トラックに幅寄せされた時です。これは被害者の多くの方も経験していますが、明らかに殺意を感じました。


ガードレールとトラックに挟まれ、両端ともにかすっているのではないかと思えるような幅寄せで、少し手元を狂わせたらきっと死んでいました。あの圧力は本当に手元を狂わせかねません。少し速度を落としてトラックを先に行かせました。今でも思い出すとぞっとします。


また、これは結構前で被害が本格的に始まった時期なのですが、私が普通に交差点を渡ろうとした時に凄い勢いで車が走ってきて、サイドミラーを私にぶつけ一旦止まったのですが、その後に凄い勢いで逃げていった時があります。


この時は衝撃でサイドミラーは完全に粉砕しました。その時に一緒にいた私の被害を知っているつれは完全にビビッてしまい、それ以来私とは距離をおくようになってしまいました。それも少し間違えていれば私は死んでいたでしょう。


また、バイクでは頻繁にブレーキを切られる事がありました。これは主要なブレーキの片方だけを切られていた為に壁を削りながらバイクを止めたのを覚えています。また、ブレーキを切られたのは一度だけではありません。


そして、夜自転車を乗っていた時ですが、橋で工事をしていたんです。その橋の中心が盛り上がっていたのですが、きっと普通の一本道だろうと思い、警備員も何も言わず私に直進を薦めたのでそのまま真っ直ぐ渡っていきました。


その盛り上がりの頂上まで行かなければ分からなかったのですが、その頂上から先が急カーブになっておりその先はこちらからも向こう側からも見えなくなっています。私に対する対向車が凄い勢いで走ってきていましたので、その場で止まり車がなくなるのを待ってUターンをして引き返しました。


その時には警備員に散々切れましたが、あのまま無理して進んでいたらどうなっていたでしょう。ちなみに私への加害者に警備員などが多くいました。本当に危険に感じました。取り合えず思い出せるのはこれくらいです。きっと、まだまだ殺されそうになった経験はいくらでもしているでしょう。



ヤクザによる圧力(平成23年8月補足)

2018.05.10.Thu.13:16
以前に更新をした内容なのですが、思考送信などもあり少し補足して更新します。


他の被害者の方も同じだと思いますが、この被害は日が経つに連れて少しずつ変化しています。特に長い間被害に合われている方は同じ経験だと思います。20~25年くらい前までは要所要所で強いテクノロジーを使われていましたが、嘘の言い触らしや監視などが中心であったが、少しずつハイテク技術を使った嫌がらせがメインになってきました。


その嫌がらせも自分が反抗すれば、やつ等も調子に乗って嫌がらせを加熱させていっている気がします。やつ等にしたら逆らうからやらざる得ないとでも思っているようです。


私は今までにヤクザに絡まれた事が3回あります。一回目は自分が女連れだった時に全身刺青の男に絡まれした。その時はきっとここまで私がマークされていなかった時だと思います。私はその時にボコボコにしました。相手の顔は何ヶ所か切れていたと思います。



そのヤクザには絶対にお前の事を事務所に引っ張り込むからなと言われて、その後もその付近を通るとそのヤクザと仲間が巡回しているのが分かりました。私は少し長めだった髪の毛をばっさりと短くして生やしていたヒゲも剃りました。その時は今ほど監視が厳しくなかったのだと思います。もし、私が現在同じ事をすればすぐに捕まってしまうと思います。



次に絡まれたのは電車の中です。ここからは確実に集団ストーカーの嫌がらせの一環です。私は美容院に行くと必ず嫌がらせにあいます。その時には珍しくあまり美容院内での嫌がらせや仄めかしはありませんでした。私が特定の美容院を決めてしまうとそこで嫌がらせが発生するので、特定の場所を決めずにふらっと入る事が多いです。



しかし、その帰りの電車の中でヤクザ(風?)が電車の中に乗ってきました。そして私の方を睨んでくるのです。訳が分かりません。もちろん、一回目の事もありますしヤクザに逆らったら後で面倒な事も承知しています。私は目を合わせませんでしたが、その男が電車から降りる時に私の方向に来たので、軽く足を掛けてやろうとしました。その男はこちらを睨んできましたが、私は全く別の方を見てごまかしました。


そして、三回目には、この時は本当に原因が全く分からず絡まれました。本当に理由はないと思います。美容院などと何の関連性もなく理由があるとすれば集団ストーカー被害者だという事だけでしょう。


私が普通に歩行をしている時に絡まれて、あまりにも突然の無茶な態度に私も切れかけて、やる気満々で向かってきましたので、ぶっ飛ばしてやろうと思っていましたが、そいつらはヤクザだという思考送信を送られ、温泉街にスキンヘッドでしたので、私もそうなのだろうと思い

また、なんとなく雰囲気が薬でもやっていそうな気違いっぽい完全に行ってる感じでしたので、私も危ないと思い早歩きでその場を去りました。それにそこは頻繁に私の家族も利用しますので、そんな場所で争いを起こす訳にもいきません。


その後、そのヤクザはお前この辺りで生きていけると思うなよと怒鳴りちらしてきました。意味が分かりません。その後にその辺りにはある組事務所があるという事でしたので、腹は立ちますが関わらずに良かったとは思っています。


ただ、ホテルの人間によるとヤクザではなくただの気違いだという事でした。というか、そういう事の言い訳をしていました。ただ、先日そこにいった時に同じ人間が現れました。私はちゃんと覚えていた訳ではありませんが、思考送信によって、風貌からその人間だと分かりました。


私はそいつがヤクザでないと一応聞いていますので、その後にその場にいけば喧嘩したいのなら出てこいと何度も訴え続けていたのですが、ずっと私の訴えを無視していたのに、先日やっと現れました。もちろん、そういう人間が現れるのは不意を打って現れます。


私が本当に気を抜いている時というか気を抜かされて現れてきます。私は心構えもなくそいつの事が現れたと感じてそいつの事をずっと睨んでいましたが、そいつは何もせずにいってしまいました。最初に現れた時にはあれだけヤクザぶって、この辺りを仕切っているような事をいっておいて本当に糞野郎です。また、いくから文句あるなら堂々とかかってこい。


また、私が先日タイにいったときに帰りの空港でヤクザ風の男が二人現われました。その二人からは全くヤクザ的な雰囲気が感じられず、ただ単に見た目だけはタイの日本人ヤクザというような格好をしていました。ただ、その時にはそいつらはヤクザだという思考送信を何度も受けました。


私は面倒に思って、何かしてやろうかとそいつの方へ近づこうと思ったのですが、そうすると相手方はもう何も考えていないのに、こちらから相手の向かっていくのは卑怯だという送信を送られ、私はそいつに近寄ったのですが、そいつらを見ないようにしました。


ただ、後に思ったのですが、私が気を使ったその態度は私はそいつらをびびった為に見ないようにしたといわれているのではないかと思いました。この卑怯な情の訴えの送信も本当によくやられます。相手はもう何もしようとしていないのだから、何もしなくていいだろうと送信をしてきて気を使わせるのです。


加害者側は私がこのヤクザ関係の話をすると嫌がるようです。ただ、本当の事です。私が思うにあくまでも暴力に頼らずに私を屈服させたいと思っているのでしょう。ですので、このように暴力を用いてくる事がばれるとごまかすようです。


ただ、全く事実ですし、私に電磁波を浴びさせて動けないようにしてから絡んできたり睨んできたりという事も何度もされています。また、私がこの記事を書いてからは少し暴力的な対応も増えてきました。(少し前のブログの記事ですが)単純としか言いようがありません。一つ言っておきますが私は結構、人に気を使う方だと思いますし、もしこの被害に合っていなければ結構人の良い普通のオヤジになっていたと思っています。

集団ストーカーと金!(平成22年6月更新)+オリンパス裁判(平成24年1月更新)

2018.04.23.Mon.21:43
※今回のブログでトゥルーマンショウについて書いた部分は少し私の想像も入っています。ただ、それ程的外れでもないと思います。


この集団ストーカーは何を持って被害が終了したという事が出来るのでしょうか?

私個人的にはこのような被害が本当に終わる日がくるのか想像が出来ません。

日本が沈没でもすれば終わるのでしょうか?なぜ、この集団ストーカーが終わらないか

考えると私はこの集団ストーカーには多くの利権が絡んでいる為だと考えています。

また、私のような脳を介入した被害を受けている人間は、きっと実験台てきな事にも

使われているのでしょう。私は以前に頻繁に民間パトロールの車が家の周りを走っていました。

これはもちろん私に対してのパトロールですし、私の周りをパトロール中と書かれた看板を

付けた自転車も頻繁に走っていました。民間パトロールの車は当然ですが、このような自転車を

指揮っている元にいる人間達は、私を危険人物に仕立て上げて監視する事で多くの金を受け

取っている訳です。私を危険人物に仕立て上げる為の工作員もいます。コインテルプロでいう

コアで嘘の悪口を言い触らしている人間です。この人間が私の周りに必ず学校でも職場でも地域でも

何人か潜伏しています。このような人間が宮城からわざわざ東京の私の会社へ派遣されてくる事も

ありました。当然に金を受け取っています。また、ミクシィや2chなどには本当に多くの偽被害者や

工作員がいると言われていますが、そのような人間達はアルバイトでやっています。我々がハイテクに

ついて触れたり集団ストーカーに触れると精神病とか被害妄想などの書き込みをしてきます。

また、テレビの放送で我々被害者を仄めかしをする事で出演者は一回につき5万円程度もらえる

ようです。また、歩きによる付き纏いや車による付き纏いもいます。この歩きによる付き纏いは

わざわざ群馬から来ている人間もいたようですし、車による付き纏いは関西からくる人間もいます。

この人間達も当然に交通費やバイト代をもらいます。また、偽被害者といわれる人間も多く存在します。

その人達は被害者の中に入り込み被害者が何か被害に対して立ち上がろうとすれば、そんな事は無駄だとか

あいつはおかしいなどの噂を流し始め、その人間の他の被害者との関係までも壊そうとします。

また、集団ストーカーについて撲滅などを訴える団体の中には必ず偽被害者が入りこんで邪魔を

するようです。きっと、偽被害者は相当な金をもらい相当巧妙に行動に移せる人間を想像できます。

これもきっと何らかの団体が特命を受けて行われるのだと思います。その為に、ある人間を偽者扱いを

すればその近い所にいる人間が必死にホローをします。このように多くの人間が、この集団ストーカーに

関わりを持ち金銭を授受しています。その為に、この行為がなくなれば困るクズがたくさんいる訳です。

そのクズには意地でも終わらせる訳にはいきません。嫌がらせをする事で楽をして稼げるものも

他にありません。この集ストのような事はもとは都合の悪い人間達を押さえ込む為にアメリカ政府が

利用していたシステムでありますが、日本で同じシステムを取り入れ現在は多くの利権が絡み、

無職のカルトには税金から金が払われ、探偵事務所にも税金から金が払われます。

きっと、この行為が終われば困る人間がたくさん出てくるのでしょう。その為に、多くの人間が認識し

始めてかなり厳しい状況になり始めているにも関わらず、多くの天下り先になっているNPO法人、

宗教団体、探偵事務所などで失業者が多く出る事になり、公になれば困る事になる関わりを持って

いると思われる商工会や病院関係や警察(生活安全課)などがそうはさせないのでしょう。

また、私のようなトゥルーマンショウ的な人間にはスポンサーが付いているのかもしれません。

私を思考誘導し、スポンサー側が宣伝して欲しい物を身の回りに身につけさせる事で、それが一般的に

流行りだす事もあります。私は以前には何も考える事無く創価系企業に頻繁に用もないのに足が向く事が

ありました。今は創価は私からスポンサーを抜けたようにも感じます。嫌がらせはたまにありますが。

また、私達にただ普通の生活をされては面白くありませんので、色々と嫌がらせをしたりハニートラップに

掛けて、その反応を楽しんだりしているのでしょう。金持ちやカルト団体にしか見る事が出来ない

テレビ番組が存在するとも聞きます。私が以前に住んでいた家の前でインド人がノートパソコンを持ち

私の部屋が映し出されているようでした。私の場合には意外と多くの人間が見る事が出来ているのかも

しれないと考えています。また、それを視聴している人間から金を取れば、更に金銭が発生します。

本当に気持ちが悪いし終わりにして欲しいとしか思えません。

きっと、私のように以前に脳に障害を受け一見普通に生活が出来るようで、やはりおかしかった人間であり、

更には権力者に嫌われた人間であればトゥルーマンショウ的にするのが一番美味しいのかもしれませんね。

私は明らかに自分が体調がおかしかった時を狙われたと確信しています。きっと、あの状態なら色々と嫌がらせを

して楽しむ事が出来た筈だし、集ストに辿り付く事は相当困難であった筈です。また、スポンサーの契約期間中は

特に、私が海外に行くのは困るのではないのでしょうか。私の事はなるべく近くで多くの人間が関わる

事で金銭を発生させたいのでしょう。海外にいても創価が派遣されてきて日本人による嫌がらせもありました。

上記のように色々な人間を巻き込み、金銭的に多くの人間が享受を受けている為に、かかわりを持つ人間を

常にまわしておく必要があるので、もし一人自殺すれば更に危険人物を作り出す必要があり集団ストーカーは

終わりにならないのではないかと考えています。きっと、この行為が終わってしまえば失業者が増え

社会的に損失が多いという事です。このターゲットの選定方法もそれほど複雑な物ではないのかもしれません。

創価で力を持った人間が個人的に気に入らない人間であったり、目立った態度を取った人間であったりで

良いのだと思います。その後は勝手に嘘を言い触らして金の種になってくれれば良いのでしょう。

また、これに関与した人や団体も初めは騙されたり美味しい話として軽い気持ちで始めた

人もいるのではないかと思います。ただ、あまりにもバックにある力が強大なので抜けられないのでは

ないでしょうか?最近では集団ストーカーの全ての責任を創価学会に押し付ける流れもあるように

感じます。確かに創価学会は、この犯罪に対しては一番関与している団体だと考えてはいますし

一番悪いですが、きっと創価学会だけではないでしょうね。


今回、書いたものは集団ストーカーについての一面に過ぎません。もっと、根本には日本に対する

恨みを持った人間や自分たちが差別を受けたと思っている人間を利用したい犠牲者を差し出す構造や

そのような人間に仕事を与える構造であったり、人間を奴隷として管理するためのシステムの実験や

ハイテクを用いた洗脳実験なども含まれていると考えています。この記事を書いていたらいきなり

心臓が痛くなり始めました。


最後に一言だけ言わせて下さい。私への嫌がらせで金儲けをしている人間がいる一方で私は今までに

この被害のせいで数千万円の損失を出しています。先日、紹介した思考盗聴対策で銀歯をセラミックに

したもの
は約25万円、その前に頭のインプラントを発見するために受けたCTは約5万円、電磁波を

防止する為の様々なグッズ
は3万円以上、思考盗聴を防止する為に低周波を流す機械が3万円、

フィリピンで2ヶ月の契約で料金を払って異常な嫌がらせにより5日で帰ってきた時の料金が54万円、

資格学校LECで同様に嫌がらせが酷く途中退学した時に払っていた料金が約40万円+それ以前の講義などが

60万円以上、それ以外にもオーストラリアで換金の際にぼったくられたり美容院代を多く取られた金額は

2万円にのぼるでしょう。先日のクレスンさんとの帰りの喫茶店代もぼったくられかけました。

私にとってはいつもの事なのです。また、銀行でも説明も受けずに管理費などと称して3万円

近くとられています。現在の大学院で点数が取れているのに落とされた講義

授業料約60万円、集ストを周知させる為に作ったチラシTシャツで7万円、自転車やバイクを壊された修理代

約1万円。その他にも直接的ではないが色々な間接的な損失や自分で事業をしていた際に嘘を

吹聴されたりでキャンセルになったものの合計が1千万円以上です
。私の会社は地域でも一番の成績を

出していましたし、嫌がらせがなければ閉じていません。一方では嫌がらせをする事で散々金を

儲けている人間がいるのに、嫌がらせを受けている自分は数千万の損失を受けています。

また、私は愛知、群馬、フィリピン、オーストラリアと様々な所へ逃げたり働いても給料を

もらえなくなったり、脳出血の後遺症を抱えている時に散々嫌がらせをしてきたり、命やヤクザの

名を出した脅迫
を何度もしてきたりと散々な精神的苦痛も味わっています。精神的に受けた

損失を金額にしたら上記の数十倍以上と考えています。上記以外にもハイテク(医療用電磁波治療

機器など)を用いた被害などにより体中に切り傷が出来たりと身体的な障害も受けていますし、

この嫌がらせが酷すぎて精神的にもおかしくなった時もあります。更には思考盗聴、思考送信、

思考誘導などを用いての嫌がらせは上記の比較にならないくらいの精神的苦痛を味わっています。


私から加害者への提案があるのですが、自分を嫌がらせする事で、これだけ多くの金が動いているのだから

損害賠償の意味で俺の所にも少しは持ってこい。あまり大きな額は要求しません。それで今後なかった

事にしましょう。私は被害にあって約23年なので1年10億円の換算で230億円で我慢しておきます。

数か月分の端数はまけておきます。常識的に考えても安すぎるし、他の被害者の方には桁が足りないと

怒られるかもしれませんが、自分でも桁が少ないと思いますが230億円でまけておきます。

加害者にしたら230億円位のはした金大した事ねえだろ。この狂った嫌がらせがなければ、金なんて自分で

いくらでも稼げると考えていますが、これだけの事をされて何の謝罪もないのは気に入らないので、

この程度でまけておきます。それで全て手を打ってやるよ。きっと、その金を持ってカルトと

戦いだすだろうけど。





オリンパス裁判(平成24年1月更新)


被害者の方にはいうまでもないですが、少し前にオリンパスで集団ストーカーの裁判がありました。簡単に説明をしますと、特定の女性にセクハラをしてそれを隠蔽する為に


産業医と結託をして、その女性を精神病だという診察結果を出すというものです。そして、皆さんがご存知の宗教団体に集団でのストーキングを金を払って依頼をして、プライバシーの情報をすれ違い様に仄めかしたり、遠くから睨んだりという事をして


産業医が最近、幻聴が聞こえませんですか?とか、視線が気になりませんか?などと聞き精神病だという診察結果を出すという物です。一応、リンク先も紹介しておきます。
http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html
http://www.cyzo.com/2011/10/post_8912.html



私がこの事件で思ったのですが、既にその宗教団体がストーキング部門を持っているという事は明らかになっています。そして、その部門の目的は金を貰ってターゲットを精神病に追い込む事です。そこまでは裁判でも明らかになっている部分です。


ただ、私が思うのですが、普通のストーキングをして仄めかしをしたりすれば、自分の事を精神病だと思う事は絶対にないという事です。ストーカーが周りに増えて気味が悪いとは思うかもしれませんが、自分を精神病になったとは思わない筈です。


逆にその産業医に対して仲間ではないかと疑問に思うのではないでしょうか。きっと、本人ならば会社が全て仕組んだのかもしれないと考えるでしょう。ただ、ここでテクノロジーを使えば状況は変わります。


取り敢えずは、思考盗聴、思考送信、マインドコントロールの辺りは考えずに話を進めていきますが、実際に個人でも購入する事が出来る音響兵器、電磁波発生装置、リダマシン(相手の脈拍をコントロールする機械)を考えてみます。


まずは電磁波で相手の体に重みを与えて体をダルクする事が出来ます。そして、音響兵器はモスキート音でも明らかな様に相手に幻聴のような小さい音で不快感を与えたり、イラつかせたりする事が可能です。また、リダマシーンで相手が寝ている最中に隣の部屋などから


浴びさせる事で相手の脈拍を上げて自然と睡眠から起こす事が可能なのです。これらを組み合わせれば、知らないうちに体がだるくなり、イライラする事が多くなり、幻聴が聞こえて、心臓が高鳴る事が多くなり、睡眠障害が起こるという事が可能なのではないでしょうか。


これらに加えて、自分の周りに睨む人間が増えたり、仄めかしを受けたり、ニタニタする人間が増えれば精神病でなくても自分の事を精神病だと勘違いをすると思います。この加害者の目的は金を貰い危ない橋を渡りながらターゲットを精神病に追い込む事ですので、これくらいの事は確実にやっている筈です。


この宗教団体が何十年も以前より盗聴や盗撮で何度も裁判になっている事を考えれば、これくらいのテクノロジーを使うと考えるのが普通だと思います。もちろん、思考盗聴や思考送信、マインドコントロールなどを確実に行われてはいますが。


次に、この裁判から私が思った事なのですが、今は集団ストーカーの被害者の団体が多くあります。それぞれが街宣をしたりで本当に素晴らしく動いていると思っています。ただ、中には加害者を特定しないという団体もあります。


私はとても、不自然に感じてしまいます。被害者であれば加害者に対して殺意を抱くくらいに憎しみを感じている筈なのに被害者を特定しなくて良いという団体もあります。オリンパスの裁判からストーキング集団がいるのは明らかなのだから、少なくとも其処も関わりがあるのではないかと予想くらいはするべきだと思います。


また、ネットで集団ストーカーを検索をしてもその宗教団体が関与していると8割くらいの結果が出てきます。そう思うと、被害者が10人いれば少なくとも2・3人はその加害者から関与を受けているのではないかと考えそうだと思います。


そうしたら、そこかもしれないから少しは配慮をするのが普通だと思うのです。それにも関わらず、いつも中立中立と言い、そこだと断定するのは良くないというのは、そこから狙われている被害者に対しては、加害者を擁護する事になるし、


警戒するなという意味になるのではないでしょうか。とても、無責任に思えてしょうがありません。団体の中の被害者人数が多くなればなるほど、そこから狙われている人間の確立も多くなると考えるのが普通だと思うので、実際に裁判でストーキング部門を持っているのも明らかなのですから


普通の発想ならば少し配慮しようと思うのではないでしょうか。また何よりも言いたい事は、もし自分達がそこから狙われているのではないとしても、その団体がそのような加害活動をしており、自分と同じような被害をその団体から受けている人がいるのを


知っていれば、その団体に対して嫌悪感や警戒心を抱くのが普通ではないでしょうか。私を狙っているのが、その団体でないとしても、私と同じような目に合わされている人がいると思えば私はその団体に対しては嫌悪感をとても抱きます。


実際に、裁判でも既にそのようなストーキング部門を持っている団体があるのだし、以前に集団ストーカーの証明31というのを作りましたが、そこでも触れているように、この加害者はローテク、ハイテクをとっても完全な犯罪行為です。


プライバシーの侵害、個人情報の共有、盗聴、盗撮、テクノロジーをとっても完全な犯罪行為です。電磁波や音波で危害を加えれば暴行罪が解釈上で適応されます。傷をつければ傷害罪です。警察官が外で捜査の為に個人を写真撮影してもプライバシーの侵害になり、


同居の家族内で盗撮機器を取り付けてもプライバシーの侵害になった判例もあります。これらの行為の全てが犯罪なのです。それにも関わらず、多くの人間が気がついているこの犯罪者を取り締まる事がないというのは不自然でしょうがありません。


時々、故意がなければ犯罪じゃないんでしょ。とふざけた事をいう人間がいますが、法律を知らなくても、その行為をしている認識があれば故意犯として犯罪になります。私はこれらを行っている犯罪者どもが一日でも早く捕まり、普通の生活を送りたいと心から望んでいます。


この国が法治国家であれば、これらの犯罪者どもは捕まらなければなりませんし、犯罪を犯せば必ず捕まらなければならないのは当然の事です。これらの重犯罪者どもが一日でも早く捕まる事を心から望んでいます。


続きを読む "集団ストーカーと金!(平成22年6月更新)+オリンパス裁判(平成24年1月更新)"

ビジネス(平成22年2月更新)

2018.03.07.Wed.09:00
私は今までに色々な仕事をしてきました。営業も多くやってきましたが、ルート営業ではありません。殆どが飛び込み営業です。これには理由があります。私がルート営業をすれば必ず嫌がらせをされる事になるからです。

私の嘘を聞いていない人を対象に商売をしなければ契約にいたらないと考えているからです。また、見込みのお客さんが出来ても3回以内くらいに契約こぎつけないと次はありません。それまでにどんなに仲良くなろうが次回に契約の約束をしていようが、加害者側の嘘を付かれればそれ以降はドアから出てきてもらえなくなります。

また、給料ですが私は完全歩合の仕事がほとんどです。それは私がボクシングが原因が脳出血をした時に本当に仕事が出来なくて馬鹿にされていた悔しさなどもあるのですが、自分が結果を出していなくても文句を言われる必要が無い為でもあります。私も人に文句を言われるのは本当に嫌いですし、指図を受けて何かをやらされるのも大嫌いです。給料制でお金をもらっていたのなら、必ず社長に何かしらの文句や嫌がらせをされるものだと思います。ただ、完全歩合であれば誰に文句を言われる必要もありません。契約取れなければ私が給料もらえないだけですので。それでももちろん相当嫌がらせはされますが。

自慢で言う訳ではないですが、そのような安定のない底辺の職場ではあるかもしれませんが、殆どの職場でトップの成績を出してきたと思います。それに完全歩合の営業なので少しでも良い条件があればそちらに移ります。完全歩合の営業マンに取っては金が全てだからです。そんな感じで少しでも良い条件を求めて会社を変える事もありました。

そして私が経営していた会社でもその地区で一番結果を出していました。その為に完全歩合でも営業をやれば食べていけるだろうという気持ちを持っていましたが、私が最後にやった仕事では唯一満足いく結果を出す事が出来なくなってしまいました。

それは私のその気持ちを知っての嫌がらせでもありますし、私が海外での資金を少しでも増やす為に始めた仕事だという理由でもあります。私はどんな底辺の仕事でもその気になれば何をしてでも食べてはいけると考えてはいたのですが、同じような嫌がらせを今後もやられては食べていく事が出来るか不安を持っています。その時には私が営業に周れば完全に犯罪者が来たような対応をされました。確実に私が来た事をそこに住む全ての住人が知っているのではないかと思えるような対応です。本当に異常だとしか思えませんでした。

私が想像するに、中高生が中心となって動かされての嫌がらせのように思えました。というのも私が営業で対応するのが、まずはその世代の子供達が出て来て私が丁寧に話そうが異常な対応をしてきた事や親も子供達の様子を伺って私への対応を決めているように思えたからです。

もちろん、裏にはカルトなどの大人達が糸を引っ張っているのも知っています。きっと学校裏サイトやミクシーなどで私の行動を細やかに情報交換していたのかもしれません。きっと彼らは私の事を集団ストーカーの被害者としての認識はないでしょう。嘘の言いふらしをそのまま信じて悪者を追い詰めているような気分でやっていたのだと思います。

その為にその付近に住んでいる人間達に行動の統制が徹底できたのでしょう。また、私はその時から約1月後には海外に行く予定でしたので、どんな嘘を付いてもどうせばれないと考えていたに違いありません。私はその嫌がらせが徹底し私が殆どの人に認識されていると思いましたので、逆に営業のチラシにこのブログのURLを赤字で白黒チラシに貼り付けて配りました。20000枚業者に発注して1000枚近く自分のプリンターで作ったと思います。

そのブログを赤羽から王子間を中心に撒き、またせっかくなので私の事を集団ストーカーの被害者と認識せずに悪者だと認識していると思われる以前に商売をやっていた周辺や私がそれ以前に住んでいた場所などにも撒きにいきました。かなり広範囲で撒いたと思います。20000枚以上ありましたので、簡単には撒ききれませんので営業は諦めてチラシ撒きに徹しました。

そのチラシを撒いた後には中高生などが私と通りすぎると頭を下げたり、知らなかったのでごめんねと通りすがりに言われたりしました。その様な対応も2・3日もしないでなくなりましたので本当にこの行為は徹底されているのだという事を思いしらされました。王子から赤羽までの周辺は公明党の元太田代表の選挙区であり、私がチラシを撒いたので昨年の3月から4月に掛けてですので、選挙の4ヶ月前くらいに辺りました。


その選挙区では投票率が一番高く、太田元代表は落選しています。もちろん、そこに住まれている方々が賢明なのですが、少しは貢献できたのではないかと本気で思っています。ただ、最近ではある保守のグループが自分達がそこにチラシを撒いた影響だと言っています。私はその当時、そのチラシを見た事も団体を聞いた事もありませんでしたが、そういうのならそれでいいと思います。私も創価にそこまで標的にされたくもないので(ばればれだと思いますが)、


上記のような嫌がらせがあるのは今の子の殆どが小さいうちから認識させられているのかもしれません。私が本当に子供の頃にコンビニでバイトをした時にも普通に来た客を他の店員があいつは苦情の常習犯だから気をつけないと駄目だと言ってきて逆にその店員が私のそばで客に対して睨むような態度を取っていた事を覚えています。どう考えても普通の客なのですが、その客もまたこのようなカルトの嫌がらせの的になっている人間なのだと思っています。


私の加害者の多くが若者です。若者の方が加害者的には扱い易いのでしょうか。それに純粋なだけに騙しやすいという理由もあると思います。私が自分で商売をやっていた時に商売がなりたったのは物事をしっかりと理解され、自分の目で冷静に物を見る事の出来る成熟したマンションオーナーを対象にしたのでなりたったのかもしれません。その方たちには今でも感謝の気持ちで一杯です。


続きを読む "ビジネス(平成22年2月更新)"

独立当時の全般的なトラブル(平成22年7月更新)+(平成24年1月更新)

2017.06.01.Thu.13:54
私が自分で会社をやっていた時の被害について思い出せる範囲で書きたいと思います。まずは、私が会社を置こうと思った地域に引越しをした時には、かなり私についての嘘が吹聴されていました。私が始めのうちは私の会社の周りを中心に営業をしていたのですが、一度オーナー(きっと嘘を聞いていない方)から契約をいただいたのにも関わらず、その後に息子や不動産会社から解約をさせてほしいという電話が相次ぎました。


また、通常であれば親会社より前金が入る時期に、全く金が入ってこずに始めのうちは本当に資金繰りに苦労をしました。更には、私が周ると思われている地域には事前に徹底的に営業が入っており、うちのような小さな会社では確実に赤字になるような金額のキャッシュバックのチラシが撒かれていたりする。


正直、同じ商品を扱っているのに多くの金を払われたら、よほど営業を頑張らない限り厳しい。また、他の会社ではお客さんの情報が親会社から回ってきたりするのだが、もちろんうちには一切無い。その為に自分で法務局へ行って全ての情報を調べないとならない。


私は2年半の間に法務局に払った金は60万円以上になる。それにも関わらず、私は裏業者などから情報を入手しているような嘘の言い触らしをされていた。また、私はお客さんより管理費などは一切受け取った事はない(業者によっては管理費をふんだくる会社もあったようだ)それにも関わらず、管理費をふんだくるなどの嘘も言い触らされていた。


また、自分はどこで働いてもありがたい事にトップ営業になるのだが、私が汚いやり方、嘘を使っている為に営業結果が出ているような嘘の言い触らしをされていた。私はケアレスミスはあるが、自分が原因で大きな苦情をもらった事は殆どない。私は数字よりもこの事に誇りを思っている。


また、親会社からは自分のところが契約取れなかった契約をお前のところで取れる訳がないと訳の沸かない因縁をつけられる事もあり、通常ならば2ヶ月で終わる工事が半年経っても殆どの工事が終わらなくなってしまい、その間にまたしているお客さんも100人以上を超えていたし、もちろん工事が遅いという内容の苦情の電話をもらう事が必ず毎日3件は掛かってくる。


その間にまた契約用紙の書式が変わったから契約書を取り直して来い等と無茶を言われて、そんな待たされているお客さんに言ったら解約されるのが当然であるし、それでも何とか取り直してきた。また、意味のないFAXなどを日々何度も送られてきたりしていたので、辞める事を決意した後には本当に頭にきたので、その数百枚のFAXを毎朝会社へFAXしてやった。


また、お客さんの中にも創価系のお客さんもいる。というのも、そのお客さんの家に行ったら完全にポスターやら仏壇やらで完全にそういう感じだった。私は仕事として付き合う時はそのような事は全く関係なく丁寧に接するように心掛ける。それでも必ず因縁の電話をしてくる。その人も完全にやらされているのも分かるのだが、本当に毎日のようにただの因縁の電話をなどで面倒でしょうがない。


また、以前にも書いたが訳の分からない因縁をつけられて建設会社に殴りこみにいった事もある。また、電話などで営業を掛けて契約の約束をしてその会社へ訪問に行けば、その間にカルトにより圧力を掛かるのでしょう。私が約束の時間に訪問した時には担当者が外出してしまうなどの事も何度もあり、結局そのようなお客さんもやりたいのも分かっているのだが絶対に契約に至らない。


私はバイクや自転車を使って営業をしていたのですが、朝早くのアポがあればバイクや自転車のタイヤをパンクさせられるのも何度もあり、サドルをナイフなどでビリビリにされていたり、郵便ポストを壊されて郵便物が届かない事も頻繁に起こった。更には朝早いアポなどの時は絶対に寝不足にさせられている。


私の上には創価学会員が住んでいて夜中でも早朝でも常に騒音を立てていました。もちろん、思考を盗聴もされているので最後の方では私が次にどの地域などを狙おうかとかも、加害者側は事前に分かってしまい、その地域に嘘の吹聴が徹底されて警戒をされまくっていた。


また、事務員を雇えば事務員が書類に悪戯をした上で勝手にやめていってしまったりもあり、明らかに不自然な形で辞めていった。また、次に雇おうとした女性も明らかに私を邪魔してやろうという態度が見え見えだったので、試用期間で辞めてもらった。また、私がある商品の在庫を手に入れようとすれば配送の約束をしたにも関わらず、商品をおろす事が出来ないなどと言われる事も何度もあった。


夜中には電話を私の携帯へ転送になるのだが、夜中でも早朝でも構わず全国からフリーダイヤルへイタズラ電話が掛かってきた。取り敢えず思い出せるだけでこれくらいです。

ただ、本当に毎日切れてしまいそうなくらいの感情を持ちながら働き続けていましたし、その感情を持ちながらも営業では笑顔で丁寧に接したいと思っていたので、まともに感情を表現する事が出来なくなってしまっていたように思います。


ここに書かれている物は本当に嫌がらせの一部でしかありません。私はこのような嫌がらせを受ける事で日本にいても自分がまともに活動できる場所が無い事に気が付きましたし、日本を出る為の準備を始めました。現在も思考を介入されている為に、今後働き始めても以前と同様に全ての戦略を加害者や相手企業に筒抜けになってしまうと思います。


それ以前に、思考を介入される事でまともに働けるかも分かりません。私が自分の会社を閉じたのは嫌がらせと同時に思考の介入が本当に顕著になり始めたので、地域で一番の成績をだしていまいたが閉じる決意をしました。本気でこのハイテクだけは何とかしなければ、私には将来はないと感じています。







(平成24年1月更新)


新年を迎えたばかりだというのに最近は愚痴ばかりです。先日、私が神社で今年は悪魔(カルト)払いをしたいというお願いをしてきたように


今年こそはいい年にしたいと本気で思っています。そして少しずつ過去の悪かった事を清算していきたいという気持ちも込めて、今日のブログを紹介します。今日は私が日本を発つ前にNTTの販売代理店を経営管理していた時の事を書きます。


仕事内容を簡単に説明しますと、マンションオーナーに光ファイバーを利用出来る機器をマンションに取り付けさせてもらう契約、工事提案、工事をさせてもらうという物になります。


その時には本当に色々な嫌がらせがありました。私の会社はその地区で一番の売り上げをあげていましたが、嫌がらせが酷すぎて会社を閉じて海外で生活する事を決めました。以前にも少し紹介しましたように


会社のフリーダイヤルへ夜中でもかまわず毎日悪戯電話が掛かってきたり、それが私の携帯へ転送になりますので夜中にも電話が掛かってくる事は分かります。また、朝早くのアポイントがあると必ず自転車やバイクのタイヤがパンクをしており、


パンク2



私は朝のアポイントがあると必ず一時間前にパンクしていないか確かめてから向かうようにしていました。また、郵便物が盗まれたりという事も頻繁に起こり、嘘の言いふらしなどもあったようで、契約が成立してもその嘘を聞いた後には


理由もなく解約の電話が掛かってくるという事もあります。中には完全に因縁による電話をしてくる人間もいます。これらは嫌がらせの一部に過ぎません。そんな中で一番大変だった物はNTT自体が私の工事を意図的に遅らせりの妨害を始めた事です。


私が会社を閉じる決意をしたのは、これが一番大きな原因だと思います。通常ですと工事は1・2ヶ月で終わるのですが、会社の後半になりますと私の工事だけが半年過ぎて終わらないという物が殆どになってきました。


更にはNTTの中での契約書の書式が変わった為に、工事を待っているお客様に改めて契約書を貰って来いといい始めました。自分達で工事を遅らせておきながら、待っているお客さんに契約書をもらい直せば解約になる確率が大きくなります。


私の会社のような小さいな会社はNTTの担当者次第で工事を送らされる事は簡単なので、ある程度従わなければなりません。また、普通の会社ですとNTTよりお客さんリストを貰えたりするのですが、私の場合は全て自腹を払って法務局で金を払ってお客さんリストを作り、それだけで合計60万円を超えています。


また、私がNTTにリストをくれるようにお願いをした時には工事済み又は工事対象外の物件が殆どのリストを渡されたりで悪意すら感じました。


そして、後半には工事を待っているお客様の数はゆうに100人は超えていました。そんな為に毎日のように工事はまだなのかという催促の電話に追われて、毎日3人以上はそのような電話が掛かってきます。


工事の物件によって担当者が異なるのですが、その仲でも担当者の多い久保というオバサンに工事のお願いをしていたのですが、一向に工事が進みません。このおばさんにお願いをしている電話で本当に頼むという気持ちで本当に工事をして欲しいという気持ちで電話した一本と他の担当者のオッサンに明らかに会社側の嫌がらせで工事を遅らされているテープが残っていましたので、動画を紹介します。




ただ、彼女たちは他の代理店に不祥事があったからとか、工事の制度が変わっただとか、NTTの中での制度が変わっても以前に契約してくれたお客様には一切関係はない筈なのですが、お客様無視の理由というよりも単なる遅れさせている言い訳だけをしてきます。そして、工事依頼はとっくに出ているから近く工事が行くという事を頻繁に言い訳として使い全く先に進まないという事が頻繁に起こりました。


また、他にもお客様から遅すぎると言われて解約となった電話を何本か紹介します。正直、聞いてもつまらないだけかもしれません。そして、ここに紹介する物は本当に一部に過ぎません。今は実家ではありませんが、実家に戻ればまだ同じような録音が出てきます。


正直、私もこのような録音などをしたくて、している訳ではありません。初めのうちは本当に酷い嫌がらせにも黙って耐えていました。ただ、彼らのやり方の度が過ぎる為に録音などをするようになっています。


また、ケアレスミスなどでお客様から注意される事はありましたが、会社として苦情などは殆どもらう事はありませんでした。結果よりも、お客様満足を特に注意しながら営業をしておりましたし運営をしておりました。このような悪運から一日でも早く抜け出したいものです。


独立時代のトラブル(平成22年5月更新)

2017.05.24.Wed.13:11
今日の日記も私が数年前にブログで書いたものになります。私が独立していた時には本当に頻繁に嫌がらせの圧力にあっていました。その一つを紹介します。



私が自分で仕事をしていた時の話をします。私は集合住宅にある機械を取り付ける営業をしていました。マンションやアパートのオーナーを相手に接触をして、たまに管理会社に間に入ってもらうという形での営業をしていました。


私は全く初めの場所で独立を始めた為に全く地理感もなく、知り合いもいませんでした。もちろん、その周辺にはそれまで働いていた自分と
同じ業者の人達もたくさんいます。そういう人達にしたら、自分の食い扶持を奪いにくる若造は当然に面白くないですよね。その為でしょうか?(違いますね)この若造は仕事では色々なプレッシャーを味わったと思います。


ある新築物件での話ですが、その物件の場合はオーナーでも管理会社でもなく、建築会社が間に入って仕事を進めるという 物だったんです。そのオーナーには他にも建物を任せてもらっていて、その時にはオーナーに直接に 接触をしていたのですが、その物件に限っては建築会社が間に入るという物でなぜか知らないけど、 チョコチョコと文句を言ってくるんです。


正直、何なんだろうかと思っていたのですが、 ある時にその担当者が「工事の予定をなんでうちに知らせてこないんだ」と言ってきたんです。 ただ、うちとしてはオーナーと直接やっているし文句を言われる筋合いはないと言い返したんです。 そしたら、どんなに何を言おうが散々ごねてくる。


本当に訳がわからないと思ったので喧嘩越しで 「今からそっち行ってやるよ!この野郎!」と怒鳴ったんです。そうしたら「待ってるからきやがれ」と 言ってきたので、その事務所に喧嘩覚悟で乗り込みに行きました。


初めのうちは怒鳴りあいでお互いの主張を言い合っていたのですが、なんとなく直感的にその相手もやりたくて喧嘩をしてるという感じではないと感じました。そういう事かと気がつけたんです。


自分の周りでは色々なところから圧力が掛かっていたのは分かっていたので、その人とも表面上は怒鳴りあっていましたが、お互いに原因が相手で無い事が分かっていたので最終的には 全く喧嘩になんかなりませんでした。


最後は一応お互いに納得の形でこっちもお世話になっている ところもあったので今後は連絡するという形で帰ってきました。 たぶん、相手は何でこんな事をしないと、言わないといけないんだろうと思っていたと思います。


自分も何でこんな事をしないといけないんだろうと思っていました。その後はわだかまりもなく仕事もちゃんと先に進めていただきました。そんな感じの事が結構あったなって独立時代を振り返ってみました。


※マンションオーナーや建築会社に原因がある訳ではありません。この記事の前後の文章で察していただければ幸いです。

被害報告と脅迫コメント(平成22年7月更新)

2017.05.01.Mon.10:40
2010年6月にアメリカの被害者達、発信による世界的の被害者が同時に警察などに被害報告をしましょうという計画があり、多くの被害の方が警察に被害報告へ行きました。その時に更新したブログとそれらについてブログで拡散した時にもらった脅迫コメントになります。


 本日、まずはクレスンさんと二人で警察署へ被害報告へ行って来ました。以前にみんなでいきましょうと声を掛けさせていただきながら、今日勝手に二人で行きましてすいません。今日二人で行かせていただいたのには理由があります。もちろん、皆で行ったほうがインパクトがあると思っていたのですが私個人としてきちんと被害を報告したいと考えました。また、他の団体の方たちが大勢で動いていただいているのでそれならばまずは少人数で被害報告へ行こうと思い今日行ってまいりました。


私はクレスンさんが霞ヶ関につくかなり前に着いていたのですが、警察庁(公安)に行こうとしたら、日曜日は警察庁は休みなんですね。知りませんでした。その為、警察庁の前で警備をしている警察官に公安で被害届や相談をする事が出来るのか聞いてみましたが、被害届は警察署でないと出来ないといわれました。その後、公安の横の警視庁は開いていたので、まずはそこへ一人で行ってみたのですが、そこでも被害届は警察署でないと出来ないといわれたので、クレスンさんに連絡を取り、お互いの住まいの中間地点当たり(若干私よりの)警察署に行くことにしました。


私は事前に10枚程度の証拠写真と資料をプリントアウトして持参しました。もちろん、警察署には私達が来る事は分かっていたようです。まず、二人で警察署に付きストーカー被害について相談をしたいと窓口で言いましたら、あなたたちが女性からストーカーを受けているんですか?恋愛のもつれですか?とちょっとかまし気味に来られ、とても見た目のいかつい(後で思いましたが、実は人の良い思う)警察官にこちらに来なさいと一緒に行った所が「生活安全課」と書かれている部署でした。


まずは、私はこの話の取っ掛かりとして自転車をパンクさせられた時と自転車のカゴを壊された時の写真を見てもらいました。私達はストーカー行為にあってこの様に自転車に悪戯をされたり郵便ポストにゴミを入れられたりしている話をしました。


パンク2

自転車カゴ


その後、その警察官が全ての証拠を見せるように言われ、全てを見せました。その中には私とクレスンさんの腕に傷を付けられたり腕をただれさせられた時の写真を見せました。


DSCN0781_convert_20100222194225.jpg

DSCN0782_convert_20100222194315.jpg


それは電磁波による被害だという話をして、電磁波の被害はアメリカでは法廷で全てに認められ、禁止する法案を提出されているという資料と共に説明をしました。その間に色々な警察が我々の事を見に来ていましたが、気にする事もなく説明をしました。


もちろん、そのような被害について言っても今までに聞いた事も無いし現実的に考えられないと当然に言ってきます。私とクレスンさんは二人でこのような被害がある事を必死に説明をしました。クレスンさんは先日、飼い猫がなくなったのですが、飼い猫が電磁波で攻撃され傷付いている写真とマンゴーの写真を持って説明をしました。


しかし、そのような事の目的も分からないと言います。また、クレスンさんは以前車の中のライターが盗まれた話をしました。そのような事を現実的にされていれば犯罪ですよねといいます。ただ、警察官もそんなくだらない事をする目的が分からないといいます。私はそれをする事で精神的に追い詰める事が目的だと説明をしました。毎日、自分の周りに半笑いの人間や自分の行動を仄めかし人間が現れれば精神的に追い詰められる事を言いました。


また、先日の脅迫コメントをプリントアウトしたものを警察官に見せました。警察官は何とか話を違う方向に持っていこうとしていましたが、私は命を大切にしろと言われていると言い、クレスンさんもこれは完全に脅迫ですよね。と警察官に個人的にどう思いますかと問いていました。警察官の見解としてはあなた自身を特定できて脅迫している訳ではないと言っていました。私は完全にターゲットとして付き纏いをされているのだから特定できていると言ったのですが、その理由は分からないという事でした。確かにその辺りに堂々巡りになるしかないとも感じてはいました。


また、途中で私はクレスンさんの事を凄いと思ったのは、その警察官達に対して失礼ですけど、創価学会ですか?と、尋ねました。私一人ではきっとその言葉は出てこなかったと思います。私が言った事は最後に、今後警察に行く時には事前に連絡をしてから来なさいと言われたので、そうしたら創価警察官が待機しているという事はないのですか?と尋ねたくらいです。私は今回、クレスンさんがいてくれた事で多く助けられ、また二人で行ったことである程度自分の言うべき事は出来たとは思っています。


また、最後にクレスンさんは本当にこの被害にあって困っているんですと言われていました。その言葉は被害についていくら説明をするよりも、この被害について本当に切実に的をとらえた言葉だと感じました。いくら必死になって説明をしてみた所できっと何も感じてくれなかったかもしれません。ただ、その言葉は本当にこの被害について的を得た言葉だと感じています。警察官はそれならばあなたたちから、なるべく関わらなければ良いのではないかと言ってきましたが、出来る事ならばこんな事には関わりたくないんだと二人で声をそろえて言いました。


私は最後に、この被害をどうにか警察で動いてもらう事は出来ないのかと尋ねましたが、出来ないといいます。これを被害届として上であげてもらう事は出来ないのかと尋ねましたが出来ないと言われました。また、管轄が違うと言っていました。私が警視庁で聞いた話では被害届はどこの警察署でも出せると言っていたのですが、きっと自分の所では関与したくはないという事なのかもしれません。他の被害者の方が何人かきた時には被害届を出してくれるのか尋ねましたが、人数が多いから動くという事はないと言い、多くでくるのではなく個々に何人かが同じような被害を出した時には、このような加害があるという可能性があるのだから、警察が動き出す事はあるのかと尋ねましたが、何人かの中の一人の怪しい警察はそれでも動かないと言っていました。ただ、きっとそんな事はないと思います。


警察署にはおよそ1時間半いました。正直それだけ居ましたが今回は成果がなかったかもしれません。ただ、そこの警察では効果がなかっただけで他ではあるかもしれませんし、もっとうまいやり方や手薄の場所であれば効果があるかもしれません。また、簡単な被害届でも多くの人間が出せば効果が出るかもしれません。どんな事でも1回で成果を求めることは出来ないとも思っていますので、なるべく協力して継続して行って行く事が必要だと思っています。私達二人が帰る時にはそのいかつい警察官は出口まで見送ってくれました。また、窓口の警察官たちもお疲れ様と優しい声を掛けてくれました。


また、今度大勢でいく予定がありますので私もなるべく参加をしたいと考えています。ただ、最近は本当に忙しく予定の目処がつかない事と現在は実家から離れて山奥に引っ込んでいますので、東京になかなか出てこれず、なるべく参加したいと思いますが、もしそちらに参加出来なかったらすいません。


※以下は続いて更新したブログです。


 前回の被害報告につき少し補則をさせていただきたく思います。6月に入り他の被害者の方からも被害報告について状況を報告していただく事が度々ありました。


その中から必ず共通して言われる事があるようです。それは警察官は必ず証拠を持ってくるように言うという事です。私達が行ったときにも同じように証拠を持ってくるように言われました。


加害者側は証拠をつかめない事を分かってやっているし、証拠を掴めないから困っていると言ったのですが、そこでもマニュアルのように事件性がどうこう言い証拠を持ってくるように言います。


先日のクレスンさんの車のライターが盗まれた件も警察官は監視カメラなどを付けて証拠をもってくるように言いました。私は、普通の状況なら監視カメラで証拠を掴む事が出来るが、加害者側は凄く高性能の盗聴器を持っていてこちらの状況を随時、把握している筈ですから、もし監視カメラを付けたらそこには加害者は現れない事を言いました。


ただ、警察官はそんな高性能の盗聴器などあるのか?誰がそんな物を持っているのかと聞いてきます。そこに入ってしまったら堂々巡りでしかないと思います。もし、可能であれば盗聴などの資料も持って行くのもいいかもしれません。


そして、もし警察に来るのなら、もっと分かり易い資料を持ってくるように言われました。私が持っていった資料はアメリカでの法廷や法案のコピーでしたので、翻訳された物も同時に持って行っても良かったかもしれません。


警察官はアメリカと日本は違うと言いますが、アメリカで行われている事は日本でも実現する事は可能だといいましたが、それでも日本では今までに例がないという事のようです。例がないから出来ない訳ではないと言いましたが、納得してもらえませんでした。


今後行かれる方はなるべく突っ込みづらい物を用意するのが良いかと思います。また、もしナンバープートの写真などが用意できるようならば持ってくると良いとも言っていました。


他の被害者の方でナンバープレートの写真を持っている方は多くいるようですので、それは説得する上で有効かもしれません。同じ車や似たナンバーが何度も行き来するという事ならばおかしいという事もなるでしょう。


ただ、きっと偶然だとか近くに住んでいるとか言ってくるかもしれません。車のナンバーから持ち主を陸運局で調べる事が出来たと思うのですが(かなり以前の情報です)そこまでする必要があるかは分かりませんが、持ち主を特定すべきか聞くくらいは良いかもしれませんね。


この被害報告については証拠提示がキーポイントなのだろうと本当に感じています。もちろん、この被害については証拠を集めるのが難しいですし、加害者側もそれを分かっています。ですので、なるべくネットなどで拾える分かり易い資料を持っていくのが良いかもしれません。


私は先日の脅迫コメントを持っていきましたが、その後に何度か同じような、ちょっとエゲつない脅迫のコメントを皆の目にとまらないようにもらう事がありましたので、口では説明をしたのですが、その証拠も併せて用意をすれば良かったと少し惜しい気持ちになりました。


 最後になりますが、クレスンさんが言った「本当に困っている。何とかして欲しい」という言葉は大切かもしれません。私もそれを聞いて、この被害者の本当に的を得た感情だと強く思いました。私はあまり情に訴えるというのは上手くないのですが、自分も3週間前に生まれた子供を抱っこすると私が電磁波を感じている時には必ず強く泣き出す事を言いました。(本当の事です)私はこういう事を書くと必ず嫌がらせが増えたり周りを巻き込まれますので、これくらいしか書きません。本当に困っている感情を表現するという事も大切かもしれません。


上記の事で何か参考になるところがあれば嬉しく思います。


※次に脅迫コメントになります。この脅迫コメントをミクシィで拡散したら異常なくらい、この内容を庇うコメントが来ました。ミクシィや2chには多くの構成員がいるのは知っていましたが、本当に異常な感じでした。中にはヤクザに狙われるような内容の物もありました。


 この度、以下のようなメッセージをもらいました。



題名:IGNOREしなさい

初めまして気をつけてください!隠れアンチの二世ですがあなたを学会員幹部からアンカリングするよう出動要請がありました!!外出時は気をつけて下さい! それと後藤組と学会の繋がりをblogにのせないでください!
もう少し命を大事にしてください。世の中には知らなくていいことだってたくさんあると私は思います。あなたがあなた独りが思考盗聴をしているガバメントやヤクザ組織や学会員どれだけの力があるかわかりますか?
思考盗聴をされても監視されても組織はやめないでしょう。 どうかこれ以上深入りしないでください。組織に独りで立ち向かうことに何の意味があるんでしょうか?私には理解しかねます。
どうかこれ以上関わらないでください。
NSAにまで狙われてしまいますよ?


以上です。
もちろん、このような内容こそIGNORE(無視)すればいいのでしょうが、

最近子供が出来た身として少し気持ちが悪く感じてしまいました。

完全な脅迫ですし、これを読んでいる間は精神的にも揺さぶるような家族を

絡めた思考送信をしてきます。とても気持ちが悪いです。もし、このブログを更新が

止まったらやられたと思って下さい。ただ、こんな事があればなお更、下記の

被害報告行動は実行しなければなりません。下で紹介したブログ主さんとは連絡が

途絶えました。もしかしたら、私が思考状態がおかしかったので頭にくる事が

あったのかもしれませんが、同じような内容のコメントをもらったのかもしれません。

集団ストーカーの背景と自分のケース

2017.04.15.Sat.07:31
最初に言っておきますが、私はアメリカ人、中国人、韓国人を嫌いで書いている訳ではありません。

これから書くことは自分が以前に知った事にすぎません。また、ほとんどのアメリカ人、中国人、

韓国人はこの事は無関係です。ですので、自分は嫌いではありません。また、自分がこの被害者だと

分かるまではこのような事を知る必要もありませんでした。知らずに生きていければ幸せだったと

思います。しかし、自分はこの被害を受けて何年も経ちます。そう、自分はこの状況を知る必要が

ありました。

皆さんがご存知のようにイラク戦争は核が原因ではありませんでした。フセインがユーロを好み

アメリカドルでのオイルを売る事を拒んだ事が原因です。その後、ブッシュはイラク戦争を始めました。

現在、イラクでは多くの人達がこの電磁波攻撃、洗脳などの実験台とされています。私も同様です。

その為にイラク戦争は簡単には終わりません。同時に日本ではアメリカにより長い間支配されて

いました。アメリカは在日朝鮮人や創価学会を利用して日本を支配してきました。また、北朝鮮出身の

教祖率いる創価学会は日本を乗っ取る為の手段として政治、警察、司法、マスメディアなどの

色々な分野に学会員を潜入させています。これを総体革命といいます。

そして今、アメリカが中国に莫大なアメリカ債権と引き換えに日本の所有権を引き渡したと

言われています。今日本には中国人が凄い勢いに移住してきています。彼らは日本人よりも安い

授業料で大学の授業を受け、生活費も支給されているようです。日本を思う数少ない国会議員

稲田さんがこの事について追求しています。しかし、残念ながらこのような日本人に不利になる

ニュースはテレビでは絶対に放送されません。先日、外国人参政権の国会放送が見送られたように。

これは日本のメディアが支配されているからです。日本の民放の大株主には外国人の名前が

連なります。また、もちろんNHKも完全に支配されています。TBSは創価学会と在日の人間ばかりが

従業員となっています。YOUTUBEで優遇される留学生で調べて下さい。稲田さんがこの問題に

ついて非難する動画を見る事が出来ます。(2009年11月現在)

さらに、創価学会は集団ストーカー、コインテルプロ、電磁波、思考盗聴、思考送信、洗脳などを

利用しています。なぜか、創価学会は衛星と思考盗聴の機械を所有しています。もし、彼らに逆らう

人間や個人的に気に入らない人間を見つけると彼らは集団ストーカー行為を開始します。

その後、被害者は自殺、精神病、犯罪者へと追い込まれていきます。この嫌がらせは終わる事を

聞いた事がありません。最初にコインテルプロなどを利用し始めたのはCIAとFBIでした。

この危険な状態は日本だけで起こっている訳ではありません。世界中に同じような犠牲者がいます。

一部の権力者が全ての人間を動物や奴隷のように扱うために、イラク、日本などでこれらの実験が

必要だという事です。自分はこれらの危険な武器についてみんなに知ってもらいたいと思っています。

また、毎年日本では何万人という人間がこの嫌がらせが原因で自殺をしています。この嫌がらせは

自殺や精神病に犠牲者を追い込みます。また、多くの犠牲者が創価学会の経営する精神病に

行くようにアドバイスを受け、精神病では女性の被害者は睡眠薬を飲まされてレイプをされたり、

うつ病の処方箋を出されます。この処方箋は精神が錯乱して自殺する人が多いようです。

この集団ストーカーの行為には日本の税金が使われています。これは彼らが悪人をでっち上げ、

悪人を監視という名目上で追い込み、一般市民を悪人に作りだすというシステムです。以上が

日本で行われている集団ストーかーとコインテルプロの背景です。また、以下は私があってきた

集団ストーカーの経緯と状況になります。本当を言うと自分は下の事はあまり人に言いたくないし

書きたくないと考えています。ただ、これを書かない事にはこちらの方向からの嫌がらせが

エスカレートしていくので、書くことにします。

自分の場合には、初めは創価学会や一部の大会社の社長などの金持ちによってこの集団ストーカー

などの嫌がらせが行われてきました。しかし、私はこの嫌がらせを自分が脳出血の後遺症に本当に

悩んでいる時に狙われて、本格的に始まった事を暴露し始めました。その為に彼らはその責任を転化

する必要があったようにも思えます。脳に障害があった人間を追い込んだとあってはいくらカルトでも

まずいと考えたのかもしれません。彼らはこの嫌がらせの責任を若い子達になすり付ける事を思い

始めたようで、他の人達から見ればこの嫌がらせは若者によって主導されているように思えるかも

しれません。ただ、これだけ大掛かりの嫌がらせを当然ですが若者だけで出来る訳もありません。

彼らが裏で糸を引いています。若者にお金を握らせ圧力をかける事で利用しています。もちろん、

若者がやっているように見せる為にネット工作員と呼ばれる者をインターネット上にも派遣して私の

悪口なども言いふらしていのでしょう。そのようなバイトもいくらでもあるようです。

自分は脳出血の後遺症には本当に苦しみました。自分は普通の日常生活を送る事も出来ず

大学卒業後3つの会社から首を切られました。何よりこの嫌がらせを受けていた為に自分の精神は

本当に弱くすさんでしまっていたと思います。しかし、彼らはその当時に必死になって色々な罠を

しかけてきました。その当時は正常な判断能力はありませんでしたので自分はしばしばそのような

罠に引っかかったに違いありません。また、自分の精神は本当に弱くなり、すさんでいました。

彼らはその私の状況を全て把握した上で嫌がらせを楽しんでいるようでした。確かに簡単にトリップに

引っかかってくれるのなら楽しいのでしょう。私は自分の頭の状態と荒れ果てた精神状態を治す

事だけに必死でした。その当時は現在と同様に孤立化工作がありましたので、その苦しい状況の

中で誰に助けを求める事も出来ませんでした。また、自分は17年以上1人暮らしをしていたために

近くに助けを求められる人もいませんでした。もちろん、今は頭も精神も治っていますが。

そんな経緯がある為に自分に対する集団ストーカーの嫌がらせは普通の人の嫌がらせと比べて

少しだけ異質に感じる事もあります。もちろん、基本的な追い込み方、私を自殺に追い込むという

やり方は同じではあります。特に現在はあまり違いないかもしれません。上記のような経緯が

あるので、私の場合にはこの創価学会による集団ストーカーに対して異常なくらいの憎しみを抱いて

いるかもしれません。もちろん、被害者のほとんどが異常な憎しみを抱いているとは思いますが。



(現在平成23年4月)この度、集団ストーカーの証明をプレゼンで作ってみました。我々が普段より受けている被害の概ね(テクノロジー被害の原理など)を説明できているのではないかと思っています。時間は少しかかります。よろしかったらご覧になって下さい。


1 http://www.youtube.com/watch?v=6-0IVnfOlLo&feature=channel_video_title

2 http://www.youtube.com/watch?v=DP1AavYyUWs&feature=channel_video_title

3 http://www.youtube.com/watch?v=sCt-zbc0eys&feature=channel_video_title\

4 http://www.youtube.com/watch?v=gFxDf2-eDok&feature=channel_video_title

5 http://www.youtube.com/watch?v=VjDylgcd_lc&feature=channel_video_title

6 http://www.youtube.com/user/CourseK2011?feature=mhum#p/u/3/vokFO_-CQ08

7 http://www.youtube.com/watch?v=UMJY5vEnxRk&feature=channel_video_title

8 http://www.youtube.com/watch?v=sx2axbxevyI&feature=channel_video_title

9 http://www.youtube.com/watch?v=dxekiMzzu4M&feature=channel_video_title

10 http://www.youtube.com/watch?v=UAEAvcLl6v0&feature=channel_video_title

11 http://www.youtube.com/watch?v=QSE7ZMbBdY8&feature=channel_video_title

12 http://www.youtube.com/watch?v=BwCD2qzuSag&feature=channel_video_title



続きを読む "集団ストーカーの背景と自分のケース"

給料未払い訴訟(平成22年5月更新)

2017.01.01.Sun.13:12
自分が独立する前に働いていた会社でも同じ業種の仕事をしていたのですが、社長が本当に卑怯な海千山千じじいで本当に色々な目にあいました!!


そこでは一年近く働いていたのでしょうか。その間に他の社員に会わせてもらった事は 一度もありません。仕事の方法などを教えてもらいたかったので、他の人間に会わせてほしいと何度か言った事があったのですが、結局社長以外に一度も会うことなく辞める事になりました。


完全歩合の仕事なので、個人で働く事になるので会わなくてもやっていく事は出来るのですが、他の人に一度も会わないのは本当にどうかと思う。


仕事の方法もまともに教えてもらった事もなく、全く初めての仕事だったので、仕事の遣り方を教えてもらおうと聞いても言うことがいつも違う。いつも違う遣り方に先日と違うと聞きなおすと怒り出し、それに従って間違えても怒り出す。


商売材料の送ってくるはずの書類もまともに送ってこない。会社の利益になるチラシばかりを必要ないと言っているのに一方的送ってきて配れといってきます。


自分が契約したお客さんには電話する必要などないのに、勝手に電話をしてお客さんにとって不利な事を言いまくり、契約の3分の1以上がキャンセルになりました。


お客さんからの反響の電話は私に報告もしないで自分の物にしてしまい、お客さんが契約書を直接会社にFAXする事もあるのですが、直接連絡をとっているお客さんがFAXを既に送っていると報告を受けているのに社長からは何の報告も報酬も入ってこない。


社長に対してお客さんから電話があって契約書送ったと報告受けたので、他に契約はないですか?と聞いてみると、そのお客ではない他のお客の名前が何人か出てきたりする。


契約終了の一覧を見させてほしいと言っても、個人情報でと一点張りである。会社内であれば問題ないのではないだろうか。夜酔っ払っては、自分の家にまで電話をしてきて愚痴る。


初めは契約をしてから約3日で前金を払うと言われていたのに、一月経っても払ってこない。最後の方では給料が全く入らなくなった。電話をして給料を入れてほしいとお願いするのだが


逆切れされて、しまいには電話に出なくなる。非通知で電話をしてみると非通知なんて卑怯な事してくるんじゃねえって怒鳴って電話を一方的に切る。自分が給料入れてこないくせに何言ってんだよ。


いつ電話しても今は忙しい今は忙しいとそれしか言わない。完全歩合の為に交通費や事務費も全て自分で負担しないといけない為に給料がないと行動にも制限が出ると言っているのに最後の半年くらいは給料を入れてくる事はなくなった。


会社を辞める事を告げた後に何ヶ月経っても給料が入ってこないので、内容証明を送ってもしかとされて、最終的には実際に訴訟を起こした。なぜか、訴訟を起こした時にも裁判官はこちらが訴えているにも関わらず、俺が一方的に無茶を言ってきているんだろうと言うような偏見の目で初めは見られていた。


裁判所に電話して開始時間を聞いてもこいつかよというような態度。裁判ではじじいが自分はまともでこっちが一方的に無茶を言っているという様な姿勢で凄く真面目な人間の様な態度で望んできた。


そのような状況に凄く腹が立ったので、自分の言うべき事、相手のごまかしを全て覆してやった。半切れ状態で裁判所でとるような態度ではないと今でも思うが。。。


ただ、たとえ切れていようがちゃんと筋を通した事を言えば裁判官も分かってもらえ、一応は請求した額のほとんどを支払い請求をしてくれた。(それまでにキャンセルにさせられた物も本当は請求したかったのだが、それは訴状に記載がないので、請求するなら改めてと言われた。それはもっともだと思った。)


裁判所から出たじじいは、自分の真面目の芝居を暴かれて腹が立ったのでしょうか?法廷を出た途端に「何なんですか、何か文句あるのか」と言ってきた。くだらないのでシカトしました。


その後に払うはずの給料もまともに入れて来なかったので、懲りないやつだなと思いながらも裁判所での支払い請求をしてもらっている事をFAXで送ったら入金してきた。


こういう汚いやり方や逃げ方をすれば、だいたいの人間は金をもらうのを諦めてしまうのかもしれないですね。本当に面倒くせえジジイに関わってしまったと思っています。まあ、これも集ストの一環ではあるのですが。

空き巣自作自演(平成22年5月更新)

2016.05.01.Sun.13:25
他の被害者の方と同じ認識ですが、私達被害者は住まいを決める時には加害者側が嫌がらせしやすい物件に導かれるように感じます。というのは、私の場合にはネットを中心に物件を探すのですが、ちょうど良いタイミングで条件にあった物件が若干安い値段で出ていたりするのです。


そして、その物件に住んでみると横や上に必ず創価が住んでいたりします。先日紹介した日本を去る前の物件も右のバイブババアは創価でしたし、その前の物件は上が創価でした。


知り合いの方で上に創価が住んでいる方がいるのですが、その方も本当に嫌な思いをしています。正直、上に住まれるとかなり気持ちが悪いです。というのも、横ならば騒音を立てられても壁を蹴るなどで、こちらからいくらでもやり返す事が出来ます。しかし、上に住んでいる場合にはなかなかやり返す事は出来ません。


そして、私達の行動を随時、チェックしていますので朝が早いアポイントがある日などは必ず夜は寝かせないように、朝は早く起きるように騒音を立ててくるのです。本当に鬱陶しいです。その知り合いの方も本気で切れたらしく、刃物を持ってその家に行った事があるらしいです。とても心境は分かります。


私も同様に、そのおっさんに対して本気で切れた事があります。というのも私の家の前の郵便ポストが壊されて変形していたのです。それまでの怒りなどの蓄積もありますので、私はそのおっさんの部屋に金属バットを持って行き、そのおっさんの郵便ポストやドアをベコベコにしてきました。


それから何日か経ってから奇妙な事が起こりました。というのは、その日はいつもにも増して上からの騒音がうるさかったのです。私は何か言ってやらないとならないと思い、上の階に上がって行ったのですがおっさんの家の窓ガラスが割れていたのです。私が上に行くなり、待っていたかのようにそのおっさんが部屋から出てきました。


そして、家に空き巣が入られたというのです。その時はさすがに気の毒に思い、気を使いました。しかし、そのおっさんがやたらと私の仕事について聞いてくるのです。私は通信の会社を自分でやっていまして、それなりの結果を出していたと思うのですが、その結果について奴らはどうしても難癖を付けたいらしく、私の結果に対して汚いやり方をして契約にこぎ着けているという事を言い触らしていました。


そして、その時に私にそっちの通信は良いんでしょ?今検討しているんだけど?みたいな事を聞いてくるのです。そんな場合じゃねえだろうと思っていたのですが。私の勝手な推測ですが、そのおっさんはそんな時にまで私が契約を取ろうとする人間だと烙印を押したかったのでしょうか。


私はもちろん、そのおっさんから契約を取りたくありませんでしたので適当に話して帰ってきました。また、おっさんは警察に連絡したと言っていましたが、その後に犯人は捕まりませんでした。警察により取調べが当然に私の家にも来るのではないかと思っていたのですが、全く来る事も無く、1階の掲示板にもその事について何も書かれる事はありませんでした。


私はその事件をおっさんの自作自演だと思っています。奴らはそれくらいの事は平気でやりますし、私がドアなどをバットで殴った事を警察に調べさせたいという意図もあったのかは分かりませんが、とにかく不気味な出来事でした。


ちなみに、そこの建物はオーナーが創価でした。そのオーナーには何かされていた訳ではないので、恨みに思う事はありませんが何らかの協力はあったのかもしれませんね。そんなに悪いご夫婦ではありませんでしたけど。

フィリピンでの嫌がらせ

2014.12.20.Sat.08:00
これは私が2008年くらいに更新した物を、そのままで更新したブログ内容です。


Today, I would like to introduce bad experience in Philippine. I went there on April 2008 when I started to study English. So far I have studied English about three years and eight months.


前回のブログではバリでの悪い経験(ぼったくり)を書きました。今日はフィリピンでの悪い経験を書きたいと思います。私は2008年4月にフィリピンへいきまいた。その時は私が英語の勉強を始めた当時です。現在までに私は約3年8ヶ月英語の勉強をしている事になります。



The purpose of going there is just to study English because I decided to study business in abroad such as Australia, New Zealand or so on. Therefore I wanted to study English before I went to there because the price is reasonable.



その時には既にオーストラリアかニュージーなど海外に行ってビジネスを学ぶ事を決めていましたので、フィリピンに行った目的はもちろん英語の勉強です。フィリピンは物価が高くないのと英語を話す人口が世界で3番目に多いので、本格的にビジネスの勉強前には英語の勉強には良いと思っていました。



When I arrived at Cebu island Philippine, the school adviser was waiting for me. While we were going to the dormitory of school, this adviser asked me to go to drink in the bar. Actually, I was really tired of long fright but I thought I should accept his kind offer.



私がセブに着いたときに、ALTAという英語学校のアドバイザーが迎えに来てくれていました。(もちろん、頼んでおいたのですが)そして、私が彼らの車に乗って学校へ向かっている間に、今日何人かで飲みに行くから一緒に行かないかと誘われました。本音を言えば、私は長いフライトで疲れていたんですが、邪険にも出来ないと思い受け入れました。



However, this was bad choice. He said to me that we would go there with three other students. All of them looked like Yankee and mafia. One of them is bold head and DJ. Another had big tattoo. Also I thought that final one was mafia.



ただ、この選択が間違えでした。彼は私に他にも日本人三人来るといっていたのですが、その三人はヤンキーとチンピラ風です。一人は坊主頭の自称DJで、もう一人は体中にタトゥーを入れており、最後の一人は私はやくざではないかと思っています。



On the course of the bar, we got on the Jipnee which is kind of bus. We needed to take care of others because jipnee is changed from ban so that it is too small for many passengers. I heard that some passengers were pocket pickers.



その飲み屋へ向かう間に、我々はジプニーというバンを改造した車で移動します。ジプニーはフィリピンのタクシーのような乗り物で、そのバンの裏に20人くらい乗るのでキュウキュウです。そこにはスリが頻繁に現れるようです。



We could arrived at the bar safety. However, this bar is not ordinal bar. So the bar was prostitution place. There was the stage in the center of the bar. Many ladies who wear only under cloths were dancing on it.



我々は無事に飲みに付きましたが、そこはどう見ても普通の飲み屋ではありません。そうです、彼らが私を連れていったのは売春宿でした。そこの中央にはステージがあり、そのステージでは多くの女性が下着姿でダンスをしています。



The number was attached to the under pants. Many guys were drinking alcohol around the stage. If the person favorite a girl, he call the shopper and say the number and then the lady will come the table. If he like the lady after talking, he brought the lady to the hotel with 1700 peso.



また、番号が下着にはつけられているのですが、多くの男性がそのステージの周りで酒を飲んでおり、もし気に入った女性がいれば店員に番号を行ってテーブルに呼び、一緒に酒を飲む。それから気に入れば1700ペソを払ってお持ち帰りをするというシステムです。



Others asked me to call the number. I of course refused it and said I was satisfied to only watch it. Honestly, I felt very cold to stay there because I went there to study English not to buy lady so that I was very tiered. We did not buy lady there. However, my bad experience continued. I will write it down tomorrow.



他の連中が仕切りに私に女性を誘えと言って来ましたが、私は見ているだけで満足だと言って断りました。正直、そこにいる事自体が寒くてしょうがありませんでした。私はフィリピンには女性を買いに行ったのではなく英語を勉強しに行ったのに、更には長旅などもあり本当に疲れていました。私たちは誰も女性を買うこと無くその店を出ました。ただ、悪夢はまだまだ続きます。

Precious one shows that we went to the prostitution place but we did not buy lady. After that, the adviser bought me to the other prostitution place. This place was more eroticism place.



昨日の記事で私はフィリピンに到着した日にアドバイザーに売春宿に無理やりに連れて行かれたという事を書きました。ただ、私たちは女性を買わずに場所を移します。そして、そのアドバイザーが私たちを連れて行った場所は、他の売春宿でした。ここは前回の所より若干過激です。



This is because this place also has the stage in the center of the shop and many ladies were dancing there. However, the ladies did not wear upper cloths. In this place, others also asked me to call ladies.



ここも前回の場所と同様に店の中央にステージがあり、そこでは多くの女性がダンスをしています。しかし、ここの女性達は上半身が裸で下半身は下着だけです。ここでも他のメンバー達は私に女性を誘うように言ってきます。



However, I did not want to stay there so that I said that I refused it and I am satisfied to see them. Honestly, I hated to stayed there and I thought these Japanese were not ordinal person and really crazy.


本当にそこにいる事が本当に鬱陶しく思っていましたので、私は見ているだけで満足ですとお断りをしました。正直、疲れているのにそんな所へ連れて行きやがって本気で鬱陶しいと思っていました。そいつらは普通の日本人としての感覚を持っていない屑でした。



After that, we also changed the place where was the disco. This place was dark and very crowded. When I just stand there, someone hit my back behind me. I could not the person who hit me, when I turned back.



その後、我々は誰も女性を買うこともなく場所をフィリピンでのディスコにうつしました。ここは暗く本当に混雑しています。私はただ立っていただけなのに、そこでは頻繁に後ろから背中をバンバンと叩かれました。私が振り返っても人の多さと暗さで誰が叩いたかなど分かりません。


At last, I could go back to the hotel at 3:30a.m. I was really tired of it in that time. Next day, I had the class in the morning. I needed to attend the class however I felt really sleepy. This class composed of 8 students and 1 teacher.



そして、やっとホテルに戻れたのは朝の3時半です。私はその日は本当に疲れきりました。そして、次の日には朝からクラスがあったので、本当に眠かったのですがクラスに出席しました。このクラスは8人の生徒と1人の教師で成り立っています。



I could have only this class normal situation. In next class also composed of 8 students who are Japanese and Korean, the students look hostile to me. I did not know a reason why. When I introduce myself, all of them ignore to me.



このクラスが唯一私が普通に受ける事が出来たクラスではないでしょうか。そして、次のクラスも日本人と韓国人の8人の生徒と1人の教師で構成しているクラスです。ただ、どう見ても雰囲気がおかしいんです。理由は分かりませんが、明らかに私に対して敵対心丸出しの感じです。私がクラスで自己紹介をした時には誰もがシカトをしてきた感じでした。



The next and next next class is one on one class. However, the teacher asked me to like hostess. She also said you should go to the other prostitution place so you would prefer it next time. I answered that I did not want to go there.



そして、次と次のクラスはマンツーマンのクラスを選択したのですが、教師が私にホステスが好きなの?などと聞いてきます。次は他の場所●●に行けば気に入った女性に会えると思うよなどと言って来ます。


The rumor about I went to there was spread among the school. The teacher also asked me whether you join to the any religion. I have never belonged to any religion although I do not deny most religion except for cult.


きっと、前日の事が尾ひれが付いて広まっていたのでしょう。また、教師は続けて何か宗教などに入っているんでしょ。と聞いてきました。私はカルト以外の殆どの宗教を否定する事はありませんが、人生において一度も宗教に入った事はありません。



Also the DJ stayed in the next door and seemed to listen my class. He sometimes made noise of laughing or something. Honestly, I was really exhausted in the day. However, the harassments continued more. I will write it down tomorrow.



また、そのクラスの内容などを自称DJの坊主が隣でこっそりと聞いていたようで、時々大きな声で笑い出したり騒音を立てたりしてきます。その日も寝不足やフィリピンの暑さなどでグッタリの一日でした。ただ、悪夢はまだ続きます。


The third day was the first holiday for me. First day, the adviser brought me to prostitution place. In second day, I could not take normal class. Then this is third day.



三日目にして始めての休みになりました。初日の夜にフィリピンに着き、アドバイザーに売春宿に無理やりに連れていかれて(女性は買っていません)。次の日にはまともに授業を受ける事が出来ずに、そしてやっと訪れた休日です。



I went to there on April which is summer season so it is too hot. I did not get used to this weather and I was still tired of two days. However, the bed making came to my room at 7 a.m. I did not know why he came to my room holiday’s early morning.


私がフィリピンに行ったのは4月でしたので、あちらの4月は思い切り真夏です。私はあちらの暑さにも慣れずに、しかも二日間の出来事と寝不足などでグッタリでした。そんな中、朝の7時になぜかベッドメイキングが私の部屋にきました。そこの生徒は学校と併設されているホテルを宿舎として泊まっていたのですが、なんで休みの早朝に起こしに来るんだよと腹が立ちました。



The temperature was about 40 degree in my room because the air-conditioner did not work at all. Therefore, I could not get fine under very hot room. Also my TV set did not show at all. What is more, I do not know a reason why my PC was broken with flash.



しかも、真夏のフィリピンは部屋の中が40度くらいにはなります。それにも関わらず私の部屋は一切クーラーが聞きません。そんな為に、私はあちらではずっとベッドにグッタリとなっていたのを覚えています。また、部屋のテレビがなぜか写らなくなり、更には私が持ってきた新品のパソコンまでもが火花を吹いて壊れました。


Of course I used converter of electricity. My brain was tired under very hot place so that I was always on the bed. When I asked officers about air-conditioner and others, they looks down on me and slightly laughing.



もちろん、変圧器は使っていました。信じてもらえないかもしれませんが、全て事実です。私の頭は暑さの中でボーっとしていましたし、唯一の支えと思っていたパソコンまでも壊れてしまいました。また、私が事務所にエアコンなどについて聞きに行けば、薄笑いで物凄く見下したような対応をとられて本当に気分が悪い学校です。



Actually, I can live in most place but Philippine was danger for me because of beginner to live in abroad. I heard that Philippine is dangerous place so some incidents such as murder and napping happened around there. I did not know how to get on taxi and bus. I got to know some persons but the mafia gave pressure for them.



今では私は殆どの場所で生活をしていけるとは思っていますが、その時は10年ぶり位に二度目の海外旅行という事もあり、更にその辺りは危険な場所だとも聞いていましたので、タクシーの乗り方もバスの乗り方も知らない私はそこで生活していくのは本当に厳しさを感じていました。また、その時に少し仲良くなった人間もいたのですが、ヤクザ風のクソが彼らなどに圧力を与えたらしく、その後は私から距離を置くようになりました。



Then I was isolation. When I was tired of this situation, the guy having tattoo said to put any drug into the drink for the person became negative. They were really crazy. I thought that I wanted to study English hardly.


もちろん、私は孤立化しています。私がそんな馬鹿馬鹿しい状況に疲れていると、タトゥーを入れた奴は小さい声でネガティブになっている奴には飲み物に薬でも入れてやればいいだよと言っています。私はその学校へは本気で海外留学の準備として英語の勉強をしようと行ったのですが、


However, they said no one eager to study English in this school. I thought this was just waste time and money. So I decided to go back to Japan. I said the adviser to go back to Japan ASAP so you get Ticket for Japan.



私のそのような気持ちが分かったのでしょう。彼らはここの学校に英語の勉強をしようと来る奴など一人もいない、みんな女遊びや海に行きたくて来ていると言って来ます。私はそんな場所にいても時間とお金の無駄だと本気で思いましたので、4日目には日本に帰国する事を決意しました。そんな為に初日に私を売春宿に連れていった草野というアドバイザーに日本に帰る為のチケットを取ってくれるように頼み、5日目の早朝で日本に立つチケットを取ってもらいました。



Actually, I paid over 500,000yen for tuition fee and dormitory fee because I plan to stay there for two months. However I came back to Japan at fifth day although I took only four classes.



実際に、私はあちらには2ヶ月間いる予定で授業料と宿泊代金を事前に50万円以上払っていますので、それらを完全にそのALTAという学校に寄付する事になりました。ちなみに、今は学校を閉鎖してホテルだけになっているようです。私の証拠隠滅の為に学校を潰したのではないかと本気で思っています。私は初日の夜に着き4コマだけの授業を受けて5日目の早朝にはあちらを発っています。本当に酷い目に合わされたと思っています。これが私のフィリピン旅行の全容です。今までにも色々と海外での悪い経験を書いていますが、まだまだありますので今後も少しずつ紹介していきたいと思います。

監視社会へ

2014.05.15.Thu.19:52
この文章を読んでいる途中で、きっと色々な文句や意見があると思います。ただ、その前に全てを読んでから文句又は意見をコメント下さい。最後に私の文章を証明する為の動画をいくつか紹介しています。その動画はアメリカのニュース番組で放送されたものです。


私が自分で訳したので、きっと下手糞な訳の部分も多くあると思います。英語の聞き取りも日本語への翻訳も初めてで本当にまだまだだと思うのですが、内容的には間違ってはいないと思います。以下は私がこの被害に対する説明になります。


左耳2


まずは私の左耳の裏の写真を見て下さい。私の耳の裏には縫い痕のような切り傷が二ヶ所あります。ここにはマイクロチップが埋まっていると推測しています。というのも、アメリカなどの多くの被害者が同じように耳の裏に縫い傷があり、


私は常にこの耳から『サー』とか『ツー』というような音が聞こえています。そして、このマイクロチップから低周波の波動が発しているようです。この波動は日本政府又はアメリカ政府などが運営する監視センターのようなところに繋がっているのでしょう。


その監視センターから私の耳に対して電磁波を送る事で私の精神も私の体の動きもコントロールする事が可能です。私の場合には本当に強いマインドコントロールを受ける事がありますので、かなりきつい電磁波を流されているのだろうと想像しています。


また、これは私の勝手な想像でしかないのですが、この監視センターには日本人だけでなく反日感情を強く持つ在日などが働いていると想像しています。そして、そのセンターから私が勉強をしようとする時には頭に対して電磁波を流し痛みを感じさせたり、


集中をさまたげるような超音波を流したり、焦点があわないような誘導をしたりしてくるのです。スポーツをすれば体の部位に電磁波を流して痛みを感じさせたり、睡眠中にも眠らせないような電磁波を流してきたり音楽を電磁波に乗せて送信してきたりします。


また、彼らは私の耳裏のマイクロチップから発せられる周波数を読むことで私の考えもとらえる事が出来ます。いわゆる思考盗聴です。逆に私に対して思考や声を送信してくる事も出来ます。


また、私だけでなく私の周りにいる人間に対して音波に乗せて声(指示)を届ける事も出来るのです。これは、イヤホンなどを利用する必要もなく周りに声を届けていますので被害者以外は、その指示が聞こえています。被害者には聞こえない周波数があるのでしょう。


また、監視センターは我々の生態周波数をそのまま周りの人間に送る事も出来るのです。これによって我々の考えを周りの人間が捕らえる事が出来ます。更に、我々の考えや周波数に載せてセンターの人間の考えを我々の考えとして送る事すら可能です。


これが一番誤解を招く原因になります。私が考えていない事も監視センターから我々の周波数を真似て卑劣や陰湿やスケベな事を流す事で周りの人間は被害者の考えだと勘違いするからです。


この電磁波は衛星を経由して送る事が可能ですから、衛星を3つ所持していれば世界中のどこにいてもターゲットを捉える事が出来るからです。このマイクロチップにはGPS機能も同時に含まれています。


例えば、高層ビルの中にいても地下鉄に乗っていてもターゲットを捉える事が出来、この電磁波もターゲットに届ける事が出来るのです。このマイクロチップは私の場合には耳裏にあるのは分かりますが、他の人間は詰め歯の中であったり、食べ物に含めて


脳にマイクロチップが留まっている場合もあります。また、背中などの皮膚の表面に埋め込まれている事もあります。私の場合にも耳裏の1つだけかは分かりません。これは我々が電磁波を利用したマインドコントロールの実験台にされている為です。


日本政府がアメリカ政府などの依頼により数人の実験台を差し出したのか、それとも日本政府が諸外国の政府と同様のデータを得る為に我々で実験をしているのか、または実験ではなく日本人を消滅させる為にアメリカが在日などを利用して日本人に拷問しているのか


理由は分かりません。ただ、私の推測ですが国家レベルのプロジェクトであろうとは推測しています。私はこの加害者は拷問を楽しんでいるように思える事が頻繁にあり、データを取るというよりも日本人を落としめいれてやろうと感じられる事も頻繁にあります。


そして、私のようなトゥルーマンショウ被害者は私に対して、この実験装置を実践する事で、この装置のセールスプロモーションや私に関連した物の宣伝効果を狙っているようにも思えます。以上が私がこれまでに得た情報からの被害のまとめになります。


また、私が考える監視センターの組織図と加害者との関係は下のようになります。また、24時間体制で8am(9am),16pm(17pm),12am(1am)の3交代制で担当が変更になります。人により嫌がらせの度合いが変わる事があります。


監視センター



●嫌がらせマニュアル●

思考送信担当者
・お前の親や家族のせいでこの加害にあっていると責任転換をする。
・現在の震災においては被害者のせいで起こったと送信する
・寝ている間には音楽送信、思考誘導を行う。
・ロリコン、ホモなど狂った性的な事を送信する。
・被害者に特定の人間が加害者であるように誘導する
・他の人間との関係を引き裂く為に、自分が相手に嫌われているとか、相手をあまりよく思っていないように誘導する
・被害者の目にする物の多くを意識的に自分への仄めかしや悪意であると誘導する。

電磁波
・加害者に対して攻撃的な事を考えた時に電磁波で攻撃する。
・電磁波に対して言及した時にも電磁波で攻撃する。
・スポーツ、勉強、仕事などに前向きに行動をする時には痛み、痒みなどで妨害する
・何かでうまくいきそうになったり、加害者に都合が悪い事が起こりそうになると中断させる為に腹痛を与えトイレに行かせる。

実行部隊
・嘘の言い触らしを一般の人間に行う(コインテルプロ)
例、性的異常者だ。公安に狙われている。何もできない脱落者で見張られている。単なる嫌がらせゲームである。などなど
・付き纏う。被害者の後ろで咳き込む。携帯を音を立てて閉じる。遠めに睨む。半笑いで被害者を見る。などなど
・電磁波を分からない様に浴びせる。
・友達が出来ると仲を引き裂く(とにかく孤立させる)
・被害者が誘導により外に出るのを待機して待っておき、指揮者の合図で相手が気になるタイミングで現れる。

ネット実行部隊
・被害者に張り付き、誹謗中傷を続ける。
・都合の悪い内容を書くときには相手のパソコンをフリーズさせる。
・監視役を装い、SNSなどでコンタクトしている相手に注意を促す
・被害者が加担者又は加害者にメールなどで接触を試みると検閲にかけて、時にはメールを止める。また、他の人間から被害者へのメッセージ、メールなどは被害者の意識するタイミングで思考送信部隊の指示により思考送信と共にメール送信する。

その他
・相手の短所や嫌がる部分を見つけてプログラムに組み込む。
・その時々のトレンドにあわせて相手を攻撃する
・被害者担当の総指揮者も更に上の組織する人間達のプログラムにあわせて指揮する

上記に書かれている事以外にも本当に細かくマニュアル化されていると思います。きっと、それほどは的が外れていないと思います。


以下は実際にアメリカのニュース番組などで放送された情報を翻訳したものになります。下の動画を参考に上を作った部分もあります。繰り返しいいますが翻訳は下手糞です。ただ、内容はほぼあっていると思います。また、少ししましたら新たな動画をアップします。

ABC NEWS - Introduction of the human biochip implant or microchip


Biden tells Roberts he will rule on RFID and Brain Scans _ New World Order ( NWO ).


Do You Believe in Government Mind Control_ -- Part 1_ Mary Ann









多くの被害者の方がいっていますが、この集団ストーカーシステムは監視社会を作る為の礎ではないかと思います。以前にも集団ストーカーについての解釈で触れた物を少し補足をしようと思います。


現在、日本には数えられているだけで800人以上の被害者おり、アメリカには40万人ともいわれているようです。例えば、日本に現在10000人の被害者がいると仮定して下さい。そして、我々被害者は1人1人には番号がついています。


たとえば、私が№3だったとします。そして、同じ被害者で私の知り合いが№1だったとします。№1から№1,000までは同じような被害を与えられています。それはマインドコントロールだったり電磁波だったりです。


また、№1,001から№10,000までは付き纏の被害にあっており、現在その者たちは生態認証を把握されていたり、各々の性格や弱点を把握されている最中だとします。そして、№3の私と№1の私の知人は同じ東京に住んでいます。


加害者は私達、被害者が横の繋がりを持つことを本当に嫌がりますし、何とか引き裂いてやろうと考えます。この集団ストーカープログラムの最終目的は、我々人間の全員をコントロール化に置くことですが、


現時点では私の人数を減らす事であったりコントロールの精度を上げる事にあるので、私達被害者を孤立化させて最終的には自殺をさせたり、殺人を起こさせる事が目的だからです。


例えば、私がブログをアップして好きなミュージシャンの内容を書いたとします。たまたま、№1も同じミュージシャンを好きでCDを持っていたとします。私のブログの内容は№1の知人の個人情報に接する部分がある訳です。


それを監視センターがキャッチします。そして、№1の担当者が被害者にたまにはCDでも聞こうかとマインドコントロールをして、せっかくだからブログでもチェックしようとさせる訳です。そして、私のブログの内容にはちょうど№1が聞いていた曲が書かれており


それを仄めかしだと感じるようなコントロールをタイミングを見計らって№1に与えるのです。そして、№1は私の事をおかしいと感じ始めます。また、同じタイミングでネット実行部隊が№1に対して最近では多くの被害者が私の事を偽被害者ではないかと


いっているようだと№1に告げ口をします。もちろん、その間にも№1はマインドコントロールを受けているので正常な判断能力をかいています。№1は強く疑うようなコントロールを受けた上で一時的にそのコントロールを解除されます。


本当に簡潔ですが、私達の被害者の関係がこのように破壊されているのではないかと以前より考えていました。今のパソコンなどの処理能力を持ってすれば、1万人くらいの情報を処理するくらいは本当に訳がありません。40万人でも簡単な事でしょう。


そして、日本においては№1から№1,000まで間の1人の№10が自殺をしたとします。次は№1,001が№10の席に取って代わるのです。№10の責任者はそれまでに集められた№1,001の情報を元に嫌がらせを開始します。


例えば、現在10,000の被害者及び潜在的な被害者がいるとします。それを少しずつ精度を上げて100,000人の被害者を扱えるようにしていきます。最終的には日本国内において1億人の情報を同時に扱えるようにしていくのです。


その為には、あと2,000万人を減らさなければなりません。以前に他のブログである組織が日本人を8,000万人にまで減らしたがっているというのを読みました。少し陰謀論ぽく思われるかもしれませんが、全くの間違っているとは思っていません。

ハイテクを用いた被害(平成22年4月更新)

2014.05.05.Mon.18:58
今日の内容はもしかしたら信じられないかもしれません。しかし、実際に私が合っている被害内容になります。私は約3年くらい前からこの被害に気がつきましたが、実際にはかなり以前から誘導などは行われています。私達一般人が手にしている技術、例えばパソコンなどにしても40年以上前に既にNASAで利用されている物と同様のレベルの物です。そう考えると私達一般人が手にしている物よりも40年以上先の物が、ある権力者の手にはあるのではないかと想像しています。今日、説明したのは思考盗聴、思考送信、思考誘導、電磁波攻撃などについてです。たとえ、私がいくら自分の思考が他の人に読まれていると言ってみても、いくら私が電磁波により頻繁に体に切り傷が出来る事があると言ってみても、いくら私が電磁波により心臓が痛くなり鼓動が早くなる事があると言ってみてもきっとただの病気だと思われるに違いありません。ですので、いくつかのウェブページで証拠を示して説明したいと思います。


まずは日本弁護士連合会の主催で2010年4月10日(土)にシンポジウム「身の回りの電磁波とその問題」 が行われました。その内容より被害内容を引用いたします。


被害の症状としては、疲労感・倦怠感、頭痛、集中力・記憶力・思考力の減少、睡眠障害、頭が重い、めまい、耳鳴り、肩や背中のこり、苛々したり怒りっぽくなる、不安感、精神的な落ち込み・うつ症状、光を異常に眩しく感じる、筋肉痛・関節痛、腹部や胸部への圧迫感、動悸、吐き気・嘔吐、皮膚のかゆみ・刺すような痛み・くすぐったさ、ものが見えにくい、目の奥の痛み、歯や顎の痛み、ひん脈・不整脈、手足の冷え、目の乾き・炎症、耳の圧迫感、偏頭痛、喉の渇き、頻尿、方向感覚がなくなる、頭鳴、顔や皮膚が赤くなる、下痢・便秘、落ち着きが無くなる、鼻・のど・副鼻くう・耳がはれる、顔や皮膚に焼けるように熱さを感じる、食欲がなくなる、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状の悪化、空咳、意識を失う、嗅覚障害、味覚障害、じんましん、髪の毛が抜ける、などで割合の多い順に並んでいる。


以上が引用になります。実際に私達、被害者が合っている被害内容です。私も頻繁に頭痛を起こされ下痢を起こされ睡眠不足に他にも思考能力を低下させられるなど、ここに書いてある事の大半を経験しています。この集団ストーカーは3シフト制で加害者が見張っているようで、24時間常に被害に合っています。もちろん、寝ている時もです。寝ている最中にいきなり起こされたり、電磁波により疲れさせられたり、洗脳されたり、意図的な夢をみさせられる事もあります。この洗脳、思考誘導は自殺思考へ誘導する事も可能です。



また、2001年にアメリカ上院で衛星を経由した個人への電磁波攻撃を禁止した法案が提出されました。それは可決される事はありませんでしたが。そちらのページを紹介します。反対法案のURL:http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/z?c107:H.R.2977:
また、2008年には衛星を経由した個人への攻撃に対して加害者側に敗訴の判決が出ていますそちらのページも紹介します。判決内容URL:http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html
また、2001年にはジョン・フレミング博士により衛星を経由した個人への攻撃を証明する文章が書かれています。こちらに書いてある内容はまさに思考盗聴、思考送信、思考誘導、電磁波攻撃に加えて上記での内容になります。10年近く前には既にこの技術は実用されていたという事と思います。ジョンフレミングの和訳:http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm


上記に他にもいくらでも証拠となるようなウェブページがあります。その中でいくつか参考になると思える物を一番下に記しておきます。もし、興味がありましたらご覧になって下さい。


また、私が普段あっている被害内容を少し紹介します。まずは朝起きます。これは自然覚醒による時もありますが、大抵は意図的に思考送信などにより起こされます。たまに電磁波の痛みにより起きてしまう事もあります。睡眠中に何度も起こされる事もあります。被害者の中には常に睡眠時間が3時間しか取れないと言っている方もいます。幸い、私は睡眠時間はある程度確保できるのですが、実家に帰った時にはまともに睡眠を取ることは出来ません。強制覚醒をされ、やはり平均3時間くらいの睡眠になります。そして、実家から自分の家に戻るとそれまで溜まっていた睡眠不足が噴出し一日中でも寝てられます。また、次の日に学校のある日などは必ず睡眠不足になります。朝、起きても体の疲れは全く取れていません。それどころか電磁波により疲れを貯めて起床になります。学校に通学する時には以前はバスに乗っていたのですが、その間中は常に思考盗聴、思考送信、更に電磁波にさらされて学校に着いた時にはぐったりとしています。そして、学校内ではやはり思考送信、思考誘導、思考盗聴をされていますので、常に気を張っています。この被害者に共通する事ですが、必ずスケベな事を思考送信してくるのです。また、教師が私の思考を仄めかしてくる事も頻繁にありましたので、なるべくスケベな事などは考えないようにします。当然です。常に思考盗聴されているかもしれないという苦しさにさらされていますので。ただ、その思考誘導は本当に強烈な物があります。私が必死に他の事を考えてその事に引っ張られないようにするのですが、かなり影響を受けてしまいます。また、最近では授業中にはずっと自分の腕をつねっています。思い切りつねっていますので、常に腕は青あざだらけです。その痛みすらも越すくらいの思考誘導をしてきます。また、学校のある日には必ず下痢にさせられます。意図的にすぐに下痢の症状を作りあげられる事が可能です。家に帰り勉強をしていても集中力をさいてきます。これは超音波を用いてくる事も常にですが、思考誘導により思考を勉強に向かわせないように仕向けてきます。これは私が本当に勉強をしたいと考えているにも関わらず凄い誘導で無理やり引っ張られます。それでも勉強を続けると終わった時にはぐったりとしています。また、他の被害者の方と共通する被害ですが、本を読んでいても一度では内容を把握できません。これは集中力をさまたげられている為です。どんなに簡単な本であっても理解出来ないのです。凄く気合を入れて読書に望んでも理解出来ないのです。学生の身としては本当に辛いです。その他にも体中、時に腕や頭を電磁波でピリピリとされたり肩こりのような重たい感じになったりと色々なバリエーションで攻撃してきます。また、私は英語のリスニングが弱いのでリスニングに集中して勉強をしようと試みると異常なくらいの電磁波を必ず浴びます。リスニングどころか体の身動きが取れないくらいの電磁波です。また、女性を話をしている時にはスケベな送信なども頻繁にしてきますので、会話中もとても気を張っています。上記にあるように耳を攻撃してくる事がありますので、時々耳に凄く痛みを感じると共に全く聴力がなくなる事があります。たとえば、事務員や他の人と会話をしていて必ず聞き取らないとならない重要な会話をする時には必ず耳を攻撃してきます。ですので、大切な言葉を聞き取る事が出来ないのです。講義中でも同様に耳を攻撃してきたり、思考送信を受けていますので、教授に質問をされても応える事が出来ません。何を言っているのか聞く事も出来ないのです。かなり長くなってしまいましたので私の被害についてはこれくらいで終わりにします。ここに書いてある被害内容の他にもいくらでも書ける事があります。


思考盗聴の技術 http://www.geocities.jp/tappingtech/思考盗聴の仕組みを解説してあるサイトになります。

マイクロ波によるマインド・コントロールの症状と公表された証拠
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Symptoms_&_Published_Evidence.htm
色々な信憑性の高い証拠が記してあります。

イギリスの緑の党が電磁波兵器を認める。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/greenparty.htm
イギリスの緑の党が電磁波についてのやり取りのメールになります。

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html
イラク戦争で米軍が用いているマイクロ波について説明しています。


以下は、ページの名前とURLだけになります。
超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪
http://daily2.sakura.ne.jp/57.html

思考盗聴の技術
http://www.geocities.jp/tappingtech/

精神侵略技術を考慮した新しい精神病の
診断基準の必要性について
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/JPSS_gothic.htm

思考盗聴・電磁ハラスメント・マインドコントロール
http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/20.html

エレクトロニック・ハラスメント
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/electronic_harassment_jp.htm

おまけ
国内家電メーカーはすでに思考盗聴機を秘匿に販売している。東芝元社員の告発文章その一
http://plaza.rakuten.co.jp/kasasagi/diary/200805110004

続きを読む "ハイテクを用いた被害(平成22年4月更新)"

銀歯埋め込み式ICチップ(平成22年5月更新)

2014.01.01.Wed.13:22
Excuse me
http://www.wired.com/science/discoveries/news/2002/06/53302


きっと上の写真は集スト被害者は見た事がある方は多いかと思いますが、銀歯の中に

インプラントが埋められており、骨伝道などにより思考盗聴に利用されるという説明写真です。

以前から言っていますが私は思考盗聴の被害者です。思考盗聴だけに限らず思考送信や

思考誘導などもやられています。そして、他の被害者の方に思考盗聴は歯にインプラントが

入っており、銀歯を取り除けば大丈夫だという助言をいただきました。

その為に前回、日本に一時帰国をした際に歯の中にある銀歯14本全てを抜く計画を

立てました。学生の私にとって14本全てをセラミックにするのは金銭的にとても

つらい物がありましたが、それまで思考盗聴、思考送信で本当に苦しめられていた為に

藁をもすがる気持ちで全てセラミックにする決意をしました。金額にして約40万円です。

そして、まずは右の半分を全てセラミックに変更して、その後に左半分をセラミックに

するという手順で治療が進んだのですが、右の歯全てをセラミックに変えても全く

思考盗聴は終わりません。当然と言えば当然ですが、そして左の歯を全て抜いて一時的な

詰め歯を入れました。その時点では歯の中には全て銀歯がない状態です。

それにも関わらず全く思考盗聴、思考送信がなくなる事がありませんでした。

もちろん、歯医者にもICチップが入っていると思うので銀歯をセラミックにするという事は

話してあります。そして、歯の中に銀歯がない状態で約1週間ありましたが、

被害が収まることが無かったので、歯医者に事情を話して金銭的に厳しい為に左側半分は

やはり銀歯にする事にしました。右側は全てセラミックの白い歯なのですが左側は

古い銀歯を新しい銀歯にするという訳の分からない事をしました。(下に写真掲載)

その結果、私の歯は右側は全て白いですが、左側は7本銀歯です。とてもバランスの

悪い歯になっています。更には約25万円という金額をドブに捨てる事になりました。

私が事業をやっていた時に散々の嫌がらせにあいながら貯めたお金です。

前回も書いていますが、この嫌がらせが原因で散々ぼったくりにあい合計損失額は

間違いなく1千万は超えている筈です。本当に気違いカルトには頭にきます。

ちなみに体の中には色々な場所にインプラントが埋め込まれている可能性もあるようです。

下のURLはアメリカ政府による拷問という名前のURLのサイトになりますが、こちらで

紹介している写真で耳の中にインプラントが入っている物があります。私は1年位前に

耳の裏に傷が出来て凄く痒さを感じた時期がありました。もしかしたら耳の裏にも

埋められているかもしれません。最近、耳の裏の写真を撮ってみたところ左耳の裏に

右耳に比べて何か縫われたような痕があるように思えます。これも写真を公開しますので、

見比べてみて下さい。


サイト⇒http://www.us-government-torture.com/SECRETANGEL.TV.html

自分で撮るのが難しく見づらいかもしれませんが、上も同じような右が白、左が銀の状態です。
DSCN0795_convert_20100522220807.jpg

DSCN0793_convert_20100522220640.jpg



以下は耳の写真です。まずは何もない右耳の写真です。
右耳1

次に二ヶ所、縫い痕があるように見える左耳です。私はいつも左耳からサーというノイズが聞こえます。
左耳2

左耳3


また、他の被害者の方から他の思考盗聴に関する他の情報(写真)もいただきまて、

思考盗聴器は食事などに混ざられて頭の中でその機械が止まり、その人間の思考を盗聴する

機械があるようなのです。私も海外に渡る前に頭のCTを撮っています。下の初めの写真は

インプラントが脳にとどまっている写真です。2,3つ目の写真が私の脳の写真です。

写真を見る限りではインプラントの類は見つからないのですが。。。約5万円したました。

その他にもアンチ●●●ラバラトリーという所より低周波を流して思考盗聴防止できると言う機械を

怪しいと思いながらも藁をも掴む気持ちで購入したのですが、全く効き目がなくそれは3万円しました。


思考盗聴器が入った脳の写真
radio+implant_convert_20091201144203.jpg


私の脳の写真
IM00004A_convert_20091201144255.jpg


IM000031_convert_20091201144408.jpg


おまけです。ようやくYOUTUBEのアップのやり方がわかりました。途中で頭と心臓への攻撃が強くなり、全く頭がまわらずしゃべれておらず、ため息が多くなる部分があります。

外国人参政権 (平成22年3月更新)

2011.08.03.Wed.11:21
私は自分の集団ストーカーの加害は在日韓国人、在日朝鮮人が中心になってやっていると

考えています。もちろん創価学会も実行犯ですが、創価の教祖様は北朝鮮出身ですので。

実際に在日韓国人などが自分にまとわり付いていた事も知っています。

特に私が脳出血の後遺症で苦しんでいた時に集中的にやつらがまとわりつき嫌がらせをして

きた事も知っています。一部パチンコ系の会社社長も私にまとわりついておりました。

そんな経緯があり個人的に彼らを本気で嫌っていますし関わってほしくないと思ってます。


私は歴史に関しての知識はあまり持っておりません。ただ、今日は自分なりに知っている事を

少し書かせていただきたいと思います。まず、外国人参政権については断固反対です。

外国人参政権に関しては1995年の最高裁判例で憲法違反だと判決が出ています。

実際に判決内容は国民とは日本国に在籍する国民を示すと憲法を解釈しています。外国人参政権に

賛成の人は法律がないから憲法論を出すなどと無茶苦茶な事を言い出す人がいますが、

全ての法律は憲法の下にあり、憲法に反する法律は違憲として法律の効果を持たなくなります。

また、この判決の傍論には憲法に抵触しないようなニュアンスが含まれますが、傍論はあくまで

審議に参加した裁判官の何人かいる中の個人又は数人の裁判官の個人的意見に過ぎず、

裁判内容には全く関係がありません。こんな事は私に言われなくても当然に分かっている事だとは

思いますが。また、今回外国人参政権を主張しているのは在日朝鮮人ではありません。

在日朝鮮人は外国人参政権に賛成していないようです。

外国人参政権に賛成しているのは在日韓国人のみになります。

これは韓国で徴兵制度に対する法律変更になり、

徴兵制度に従わない者(在日韓国人も含めて)は財産を没収されるという法律が

出来た事に関係があります。この法律は2012年より施行され、もし在日韓国人が徴兵されれば

兵役に行くか手数料を払わなければならず特別永住資格はなくなるようです。その為にやっきに

なって在日韓国人達は自分たちの都合の為だけに日本の憲法まで捻じ曲げて外国人参政権を

取得しようとしています。静岡市の市長は在日ブラジル人が増えてきた為に外国人参政権に

賛成だと言います。私は在日ブラジル人と反日感情を持つ在日外国人では異なると考えます。

そして、反日感情を持つ外国人が日本にいる在日外国人の大半を占めています。実際に現在、

竹島は韓国人に占領をされ韓国領土だと言い出し、さらには対馬に対してまで自分たちの

領土だと言い出し占領を始めだす人達です。竹島にしろ日本は国際裁判にかけて白黒をつける事を

望んでいますが、韓国は全くこの主張には応じません。嘘でも100回付けば本当になるという彼らの

性格を現しています。また、戦前の韓国教科書でも竹島は日本領土だと記しています。下に教科書を

紹介しておきます。もし、地方参政権を外国人に認めてしまえば外国人が一部の地域に結集して

そこの地域を乗っ取る事も可能です。そして、彼ら永住資格を取得できる方向で条例を作る事が

想像できます。朝鮮人は日本に強制連行されてきた人間だと言いますが、実際に強制連行されてきた

人間は数245人にしかみたず自分達の意思で日本に残ったか、日本で財産を築く目的で密入国をしてきた

人間がほとんどです。この密輸入してきた人達は白丁とよばれ朝鮮では奴隷階級の人達でありました。

日本との併合後に白丁は開放されましたが、彼らが母国に帰りたがらない理由はそこにもあるのかも

しれません。彼らは戦後まもなく朝鮮進駐軍と名乗り、強盗、強姦、土地の乗っ取りを繰り返し、

財を築きました。駅前にパチンコ屋が多く構えるのはそのような経緯があります。また、ことある事に

強制連行や従軍慰安婦などのありもない事実を持ち出して賠償請求をしてきます。実際に朝鮮での

慰安婦募集の広告をしたに乗せておきますが、彼女ら無理やりに売春をさせられたと主張しますが

金銭的な夢を持って売春をしていた人間です。彼女たち売春婦の給料は日本の一等兵の給料の

30倍以上受け取る事が出来ました。

詳しくはこちらのサイトを参考にして下さい⇒http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/index.htm

また、在日外国人は差別を受けていると言い張っていますが、実際の在日韓国人たちは、

在日は武器だと考えている人達が殆どだと思います。在日であれば税金の免除を受ける事が出き、

また生活保護を受ける事も他にも色々な優遇を受けています。在日は金になるという人もいます。

ここからは私の個人的な意見ですが、自分たちの徴兵逃れの為に地方参政権を与えるなんてのは

本当にふざけています。もし、参政権をほしければ帰化すればいいのではないでしょうか。

彼らは日本語しか話せないし、韓国に戻る訳にはいかないと言うかもしれません。ただ、韓国は

自分達の母国だし、現在韓国のコミュニティーの中で生活しているのだからすぐに馴染めるのでは

ないでしょうか。言葉もすぐに覚える事が出来るでしょう。私は集団ストーカーから逃れるために

日本を去る2年前から英語を勉強し始めました。お金も散々、ぼったくられて彼らの何百又は何千分の

一しか持っていないと思います。更には、普段の生活の中で思考を介入されて英語の勉強にも集中

させてもらう事も出来ず、日本でも英語の勉強をすれば常に異常な電磁波をくらい英語試験前日には

徹夜で工事が行われ、そんな環境の中で現在海外で生活しています。在日韓国人が韓国に戻っても

間違いなく私よりは何百倍も楽な生活が出来、何百倍も早く生活に馴染んでいく事が出来る筈です。

もし、強制連行されてきたというのなら、どうぞ母国へお戻り下さい。私達、日本人で彼らが韓国に

戻る事を止めるものは殆どいないと思います。日本人は日本に友好的な外国人には親切に大切にする

国民だと思います。もし、強制連行されてきたのなら、帰してあげるのが当然だし外国人参政権には

断固反対したいと私個人として考えています。



朝鮮での売春婦募集の広告
従軍慰安婦_convert_20100311100048

1899年大韓地誌 参考⇒http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3686.html
大韓地誌convert_20100311104554

日韓併合前後 参考⇒http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/143.html?guid=on
日韓併合前後convert_20100311115005



大量密航者 詳しく⇒http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3775.html

在日特権 参考⇒http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3779.html
在日コリアン達が日本に要求してきたこと

 ○1.公文書への通名使用可(公文書にも偽名を使える)
 ○2.永住資格(非権利)
 ○3.犯罪防止指紋捺印廃止
 ○4.所得税・相続税・資産税等税制優遇
 ○5.生活保護優遇
 ○6.永住資格所有者の優先帰化
 ○7.民族学校卒業者の大検免除
 ○8.外国籍のまま公務員就職
 ○9.公務員就職の一般職制限撤廃
 ○10.大学センター試験へ韓国語の導入
 ○11. 朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除
 △12. 民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格
 ×13.在日外国人地方参政権 (検討中)
 ×14. 公務員就職の管理職制限撤廃
 △15. 掛け金無しで年金受給可能

    ○:実現済み。
    △:実現中。
    ×:要求中。

<日本人を100%とした場合の外国人犯罪比率>

           刑法犯  凶悪犯  粗暴犯  窃盗犯 知能犯  覚醒剤
―――――――――――――――――――――――――――――――
全外国人   来日   41%   104%    23%   44%   69%    55%
       在日  193%    244%   296%   163%  267%    306%
―――――――――――――――――――――――――――――――
韓国     来日   12%     20%    16%   11%   14%    12%
       在日  252%    287%    443%  195%   353%   472%  ←注目

愛知での逃亡生活(平成22年5月更新)

2011.05.24.Tue.13:27
私は集団ストーカーから逃げ出す為に愛知や群馬などに逃げた事があります。愛知では名古屋ではとても貧乏生活をして群馬ではプレハブ小屋で生活をしていました。それらもいずれ紹介したいと思います。今回は愛知でも岡崎で住んでいた話を紹介します。以下は私が2年くらいまえにブログで書いた内容になります。そのブログは現在、集団ストーカーの被害ブログのようになってしまっていますので、紹介は避けさせていただきます。


 私は愛知県が好きです。小学生の頃から中日ファンという事もあり、なんとなく愛知県を身近に感じます。愛知県にはTOYOTAや他の工場がたくさんある事もあり、色々な仕事があります。就職情報誌やアルバイト情報誌などは東京の1.5倍近くの厚さがあります(5年以上前)。


 愛知県の人は仲間だと思われるまではなかなか心を開いてくれないようで、取っ付きにくいとか接しにくいとかいう人もいますが、逆に仲良くなれば凄く受け入れてくれるようです。私は以前に愛知県で新聞勧誘の仕事をしていた事があります。愛知の新聞は9割以上が中日新聞です。そういう面でも地元密着という事が伺えると思います。私がやっていた勧誘は他紙であったのですが(正直、今は大嫌いな新聞社の一つです。)


 勧誘の時にまず新聞を取っているか聞きますが、新聞を取っていると返答がある=中日新聞という認識です。そんな訳で他紙が中日を辞めてもらい取ってもらうのはかなり大変です。自分はその新聞社の寮に住んでいたのですが、自分が入った部屋の前の人はあまりにも契約が取れなくてその部屋で自殺未遂をしたそうです。


 それを聞いてちょっと気持ちが良くなかったので部屋の四隅に塩を置いていました。その仕事で面接を受けてから入寮までの間に1週間くらいあったのですが、面接を受けた時には6~7万円くらい持っていたのですが、その時に社長にいくら持っているかと聞かれて正直に答えたら金持ってるなって感心されました。その上、うちにくればいくらでも稼げるから使っちゃっても平気だよ!と言われて、本当に入寮する時には4千円しか持っていませんでした。それを話したら社長に爆笑されました。それって冗談だったんですね!完全歩合の仕事の面接を受けると事実に反して凄く美味しい仕事だよと言われる事がよくあります。


 普通は新聞勧誘でそんなに稼げる訳ないですよね。。。ただ、一部の稼げている人は本当に稼げていますが。新聞勧誘は契約を取れば、その日にその販売店から契約料金の一部と交通費を営業がもらえます。私は4千円しかなかった為に食費も稼がないとならない為に本当に必死でした。愛知でも山に囲まれているような地方などに行くと本当に地元密着で中日新聞が9割5分以上、占めるような地域もあります。そういう販売店では、月に一回くらい契約件数の上位の勧誘員が数人借り出されて、支払い料金も普段より多く出してもらい強化的に営業をする日があります。


 私はその強化の三日間で、三日間ともにコンスタントに契約を取る事が出来て、それまでの記録を塗り替える事が出来たようで、その時は結構お金をもらえた良い記憶があります。(偉そうに言うような事ではないと思いますが(^^;)


 また、愛知県ではブラジル人も多く住んでおり、一度勧誘に言った時に部屋から怒ったブラジル人が拳銃のような物を持って怒鳴り散らして追いかけられた事もありました。ブラジル人は洗濯物を紐で干すのでそれで見分ける事が出来ます。また、働いている人もやっぱり一筋なわではいかないような人も多くアウトローの世界に過去に足を踏み入れていた様な人も結構いました。


 私は事情が事情なだけに携帯電話も持っておらず、足が付くので携帯を契約する事も出来ず、身分証明書もあまり提出をしたくなかったので、少し疑われていましたが、新聞屋には身元不明みたな人間も結構おり、身分書もなく携帯を手に入れる事も可能でした。ですので、見つかるまでは何とか楽しく働き続ける事が出来ました。


 ただ、今となっては良い思い出です。愛知には味噌カツ・味噌煮込み・手羽先・ういろうやナナちゃん人形など色々な名物もあります。また、時間が出来た時に愛知に遊びに行きたいと思います。




愛知での貧乏生活(平成22年5月)

私は今までに、日本国内で色々な場所に住んでいた事があります。東京で生まれ、都内では5つの区に住み、東京以外では埼玉県・神奈川県・群馬県・愛知県などに住んでいた事がありました。ちなみに現在はオーストラリアです。


本当に数週間とかならもっと色々とありそうです。愛知では新聞屋の営業やパチンコ台の検査や焼き芋屋(超短期)の仕事をしていました。色々な変わった仕事をやってるなと思われると思いますが、私が仕事を探す時の基本的な基準は楽しい仕事と完全歩合又は歩合の比率が高い仕事なんです。


歩合を選ぶのは、もちろんお金もほしいというのもあるのだけれどパンチドランカー時代に散々給料泥棒などと言われた事に対しての悔しさが体に染み付いているんだと思うですね。だから、使えないなら給料くれなくても首にしても良いよって姿勢や発想が身についてると思う。


新聞屋と焼き芋屋は完全歩合の委託で寮があったんだけど、パチンコ台は契約で働いていたので寮はなくホテル住まいをしていました。とは言っても普通では考えられないくらいの恐ろしいホテル住まいです。。。


一般的にホテル住まい(ビジネスホテルも含めて)というと一階にロビー、部屋に風呂とトイレ、別階に大浴場という感じでしょうか。自分で泊まっていたホテルでは一階にロビーが確かにありました。


パチンコの料金交換所のような小さな窓からおばさんが顔だして今日の分の宿泊代金を払います。トイレはもちろん部屋にはありません。なぜなら、部屋の広さが全部で二畳くらい。そして風呂も、もちろん部屋にはありませんでした。


地下一階に大浴場??二人が入ればいっぱいの風呂が一つあり、シャワーが3台、そこに夕方6時から10時までにホテルの全員が入りにくるので、風呂の前にはみんながならんでいます。


普段は風呂にお湯を入れっぱなしにしていて中のお湯を循環させているのですが、そのお湯が止まっている時にオバサンが気を利かせて風呂の中に牛乳系のバスクリンを入れてくれているのかなって??


って思ってみたら。。。みんなの垢でした((((;´゚Д゚)))
今、思っても本当に恐ろしいホテルです。そこにはホームレス的な人やほとんどが日雇いの肉体労働の人が泊まりに来ていますので、普通にベッドで寝ていても体中が痒くてしょうがありません。


また、その時は本当に貧乏であったので朝は水とカロリーメイト、昼は値下げした300円くらいの弁当、夜はカップラーメンをいう生活を毎日していました。また、月曜日は風呂が休みの為に近くの満喫へシャワーを借りに行き、朝起きると凄い量の髪の毛が抜けていました。


しかし、そんな生活も今の生活に比べたら全然楽かもしれません。愛知では友達も出来て時々名古屋駅のそばで遊んだり、お茶をしたり、名古屋の名物を食べに連れて行ってもらったりもしました。スガキヤ、山本屋総本家、そしてコメダコーヒーにも行きました。コメダの小倉トーストは大好きですが、近くにコメダがないので残念です。


また、時々遅い時間になってからこれからラーメン行こうとか誘ってもらったりもしましたが、疲れたとかいって断っていたんです。というのも、そこのホテルが門限11時だって事を恥ずかしくてどうしても言えなかったんです。毎日、小銭の帳尻を合わせながら本当にその日暮らしの貧乏生活をしていましたが、今でも愛知は好きです!!

群馬での逃亡生活(平成22年5月更新)

2010.12.24.Fri.13:29
自分が今までに集団ストーカーの嫌がらせから逃れる為に色々な場所に行きましたが、その一つに群馬の山奥で農家の手伝いをしていた時があります。今日はその仕事を紹介します。


そんなに長くやっていた訳ではないですが、自分の働いていたのは、エノキ茸の栽培、収穫などの仕事になります。これは朝が早く5時50分には冷蔵庫前に集合し体操をした後、仕事が開始します。


エノキ茸は2~3度の冷蔵庫の中で育ちます。だから、自分達の作業もその冷蔵庫の中での作業になるのですが、冬場などはその冷蔵庫の中が暖かく感じるくらい周りが寒いんです。自分がいたのは群馬の山奥での作業だったので、11月くらいになると10センチ以上雪が積もる。


自分が住んでいたのは、隙間のたくさん開いてるプレハブハウスだったので、本当に寒かった。寝てる間は一日中、暖房をつけておくのですが、暖房も灯油で自分で灯油を補給させるのでそれが無くなれば当然に暖房が消えてしまいます。寝てる間に灯油がなくなれば最悪です。


朝方、寒くて本当に布団から出れません。そんな中での作業ですが、基本的に体を動かしているので作業中はあまり寒さは感じません。ただ、少し休むと汗が冷えて凄く寒さを感じます。


コンビニは車で20分、駅までは車で40分の場所にあるのですが、冬場は路面も凍っているために慣れるまでは絶対に車は運転できません。スタットレスを履いていても慣れていても本当に危ない。しょっちゅうハンドルが効かなくなって、車で山道を転げ落ちるようです。


それだけの条件の中で仕事をしようなんていう変わり者はそうはいません。大抵が何らかの事情があって逃げてきたり事情を抱えている人がほとんどです。自分がいた時には特にそうだったのかもしれません。刑務所出、少年院出、会社を倒産させた人、借金で逃げた人そして自分の5人です。


その当時はまだ精神的にも弱っていたので、自然に囲まれたところでの生活と(とても失礼な事を言いますが)駄目な奴だなって思える人間もいて、いいリハビリになったかもしれません。ただ、始めのうちは良い感じに生活をしていたのですが、そのうちに夜中に近所を何度も緊急車両が走るようになり、作業中にはヘリが飛び、厳しい仕事を押し付けられたり、給料が少なくなるなど、いつもの集ストによる嫌がらせが始まりだしたので、何のメリットもなくなり辞めました。


そんな生活でも週1回の休みの日には片道二時間以上かけて前橋などの少し栄えた街へ出て、温泉に入ったり、駅前のスナックで近所の方と話したりで、そこそこ楽しいと思える事もありました。

裏口と言い触らされた大学受験(平成22年5月更新)

2010.05.24.Mon.13:31
少し趣旨が異なる様にも思われるかもしれませんが、私が大学受験時代にやった勉強方法をまずは紹介します。私はプロフにも書いていますが、工業高校出身で当時は偏差値30台でした。なので、大学受験を含めて勉強方法など全くしりませんでした。そこで、いくつかの勉強方法を書いてある本を読んでみたのですが、その中で一番好感を抱いたのが、代々木ゼミナールの吉野先生の本でした。


先生は有名ですが、偏差値20台から4ヶ月で上智などの一流大学に合格した先生です。その本を読んだときには、この先生は特別な才能があっただけで私が同じ事をしても一流大学に入る事なんて出来ないと思っていましたが、


私の場合には3月終りから試験日の1月までの約10ヶ月あったので、その期間を同じやり方したら、もしかしたら多少は望みがあるんじゃないかと勘違いをしてしまいました。(偉そうな事を言いますが私は二浪です。爺ちゃんの薦めで大学受験を考え始めたのですが、現役時代は受験勉強はしてません。一浪の時もほとんど勉強せずに勉強のやり方も分からずに関東でワースト5の大学の3つに不合格しました。)


大学受験を決意してから、私は毎週多くのノルマを自分に課して、一日に最低でも13時間以上の勉強を心掛けて勉強を始めました。その日のノルマが終わらない日には先生の本に従って徹夜で勉強します。


だいたい、週に2~3日くらい徹夜してたんじゃないかと思っています。初めのうちは月の初めにユンケルを1ダース買っていたのですが、月を重ねる事にユンケルが月に2ダースになり、3ダースになっていきました。どんなにユンケルを飲んでも眠い時は眠くなります。


そんな時も先生のやり方に従って、手や足を針やナイフで少し刺したりして強引に目を覚まさせます。そんな感じで勉強・勉強の徹夜続きの日々を過ごし、3月終りから始めた毎日13時間以上の勉強を一日も欠かす事もなく、10月の終りくらいになりました。


その年はとても寒く大雪が続くような寒い冬だったので少しずつ体調を崩すようになっていきました。そして、11月の初めについに倒れました。それからは、試験日までまともに体調がよくなる事もなく、そこから集中力・気力・体力も切れてしまって試験までは、まともに勉強出来る事がありませんでした。


更に試験を受けていても大雪の中で震えながらボーとして受験したのを覚えています。試験の結果としましては、そこそこといった感じじゃないでしょうか?


大体、その頃の偏差値60くらい(一応理系の偏差値)だったので、それくらいの大学に入学でき同レベルの大学にもいくつか合格をもらいました。そして、受験シーズンが終わって入学してからも当分は完全に体調が良くなる事がなく、躁と鬱が交互に繰る様な感じを味わいました。


凄く体調がいい時とどんなに頑張っても体調が元気になれない時が交互にやってきたんです。かなり危ない状態ですね。もっと、うまく受験計画を立てて、試験前に集中して勉強出来るような計画と、体調の管理と集中力を継続出来るような努力の仕方をしていればもう少しいい所に。。。


なんて、全く考えた事も後悔もしてないけど。若いうちしか出来ない勉強方法ですが見ている人はもっとうまく計画を立てて下さい。ただ、この勉強を通して一つ学んだ事は、それまで(自分が馬鹿な事のコンプレックスから)がり勉タイプの人間を好きでは無かったのですが、こんな勉強なんて苦しい事をずっとやってきたんだと、勉強をやってみて見る目が変わった事です。でも、エリート振る人間は今でも嫌いだけどね。 

続きを読む "裏口と言い触らされた大学受験(平成22年5月更新)"

ヤクザな不動産屋(平成22年5月更新)

2010.01.01.Fri.17:53
私の知り合いにヤクザのような人間ばかりが働いているような不動産屋に勤めていた人がいました。(実際にはヤクザではありません。当然に不動産屋に面接して入試したサラリーマンです)その人に聞いた話ですが、その会社は朝の7時前には殆どの従業員が会社に出勤しています。特に新入社員は必ず誰よりも早く出勤していないといけないようです。


そして、みんながそろってから毎朝会社全体の掃除をやります。社員それぞれに掃除する場所が割り振られているのですが新人は絶対にトイレ掃除になります。特に入ったばかりの新人は大の便器掃除です。そして、掃除が終わると必ず上司によるチェックが入ります。当然ですが汚ければやり直しです。


そして、その後には朝礼があります。朝礼はまずは社長のお話があります。その話の中にちょこちょこと冗談が混ざっています。その冗談もあんまりの時にも従業員は手を叩きならが大笑いします。そして、つきに一度くらいのペースで朝礼でスピーチをさせられます。そのスピーチはなるべく従業員を鼓舞させるような内容を話さなければなりません。


その後には車のガソリンを入れに行きます。これも営業マン全員で同じガソリンスタンドに行くのですが、やはり新人は自分の車は当然ですが先輩たちの車をガソリンスタンドで借りたタオルで掃除しなければなりません。そんな長い朝を迎えてからやっと営業に入ります。


営業でも3ヶ月結果が出なければ殆どの社員は首になります。ある程度長く働いている人間でされ結果が出なくなれば首になります。本当に厳しい世界です。そして、営業のやり方もかなりえげつ無い場合があります。今は不動産法が改正された為にお客さんを個室などに入れる事はありませんが、10年くらい前はその様な法律はありませんでしたので、お客さんと営業マンとその上司で話し合います。


半分は話し合いでなく脅す人もいるようです。そんな中で泣き出すお客さんも何人かいたようでした。そして、仕事が終われば、毎日のようなキャバクラに連れていかれます。キャバクラでも先輩が飲めと言えば飲まなければなりません。たとえ焼酎のロックでもウイスキーのロックでも飲めと言われれば飲まなければならないのです。


毎日のような朝6時台から働き、夜は3時まで飲んで仕事中も散々プレッシャーを感じなければならにので精神的におかしくなって会社を辞めて行く人も多く入るようです。私もボクシング部などで飲まされる事もありましたが、唯一その会社にいる時に急性アル中で一度だけ病院に運ばれました。


その時には本当にたちの悪い先輩に捕まってしまったんですね。その先輩はその前までに3人急性アル中にしていると言っていました。ちなみにその人は指のある部分がありませんでした。私は性格上、あまり無茶な事や汚いやり方などは仕事上では絶対に出来ない性格なのでそこでは散々甘いと怒られました。


また、その当時は本当に脳出血の後遺症を抱えて体も脳のおかしかったのでまともに仕事をする事が出来ませんでした。車の運転をしていても神経が頻繁に飛んでいた為に気が付いた時には車が壁にぶつかっていた様な事も結構ありました。また、汚い事が出来ない性格的な甘さと体のおかしさから当然に首のように会社終了となったのは言うまでもありません。


いつの間にか私の話になっていました。ちなみに私は本当に入った時に何かおかしいと思っていましたが、それを判断するだけの思考能力も全くなく、更には同時に集スト被害により精神的にも脳出血の後遺症で肉体的にもかなり追い込まれていましたので、入社前にその会社がヤクザ的な企業という冷静な判断をする事が出来ませんでした。


また、面接の時には社長がしてくれたのですが、私は地元の中堅クラスの不動産屋で内定が決まっており、そこにするつもりだったのですが社長にそこの社長は俺が教えたのだからうちに来たほうが実力が付く、今うちに決断しなさいのような事を言われて冷静な判断もなくそこにしてしまったという理由もあります。今思えば、その決断のさせ方は営業のやり方そのものですよね。下の「愛知での逃亡生活」でも書きましたが、完全歩合や歩合率の高い会社では社員を入社させる為にそのような事をいうのは当たり前です。


ただ、私はその会社に対して殆ど貢献する事が出来ていませんので、申し訳なく思っています。もし、今ならばそれなりに営業結果を出し貢献する事が出来るとは思っています。また余談ですが、年末の忘年会では新宿の高級ホテルを貸しきって行われました。その高層ビルの高級なホテルには普通の人では知らない様な地下の会場があり、食事をしながらストリップのような劇が催されていました。きっと普通の人は見る事は出来無いのでしょうね。



※もしかしたら、私がヤクザの知り合いがいるという嘘を言い触らされている可能性もあるので一応この記事も掲載しておきました。私には一切ヤクザな知り合いはいませんし、その時に一緒に働いた人もヤクザではありませんが、一人も一度さえも退社後に連絡を取った人はいません。ちなみに、入社前には私は父親と三男に入社の相談をしたのですが、大変だと思うけど頑張れとだけ言われて、そのような会社だとは全く知りませんでした。ただ、退社した後に加害に加担しているであろう三男が、私にわざとらしくそんな会社で働いていたの?と言ってきました。三男の卑怯な嘘つきっぷりには吐き気がします。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。