自己紹介!(平成20年更新)

2030.07.15.Mon.23:51
 初めましてこんにちわ。ブログへご訪問いただき誠にありがとうございます。私は集団ストーカー及びテクノロジーハラスメントという犯罪に26年間あい続けている被害者です。一般的にはまだまだ知られていない犯罪ですので、知らない方もいるかと思います。


ただ、最近では新聞やテレビなどでも取り上げられる事も出てきましたし、2011年度にはオリンパス社で集団ストーカー被害者が勝訴をするという裁判がありました。この裁判では、会社がセクハラの事実を隠蔽する目的である女性を精神病に仕立てあげて


会社を追い出そうとしたものです。その手段としては会社が某宗教団体にストーキングを依頼し、ストーカー達がターゲットに張り付き、盗聴、盗撮を行い、それによって得た情報をすれ違いざまに仄めかしたり、遠目から睨んだりする事で会社の抱える産業医が


最近、幻聴が聞こえないかや視線が気にならないかと聞き出し、それを元に精神病にするという手段です。この事実が裁判で明らかになりました。これはオリンパスだけで行われている事ではありません。多くの企業、特に派遣会社などで行われています。


私も同じように被害にあっていますが、私は人生において一度も宗教や政治団体などに所属した事もない、犯罪歴もない本当に一般市民です。私はこの犯罪が誰が行っているかは全く分からないままに、卑劣な犯罪を一方的に被害を長年蒙っております。


この犯罪はまだまだ普通の人には馴染みが少ないと思いますので(私も被害を知るまでは全く知りませんでした)皆さんに、この被害を理解していただく為に私が今までに受けた被害内容のブログから30つを抜粋して紹介しています。(随時新しい物へ更新しています。)


以前に私が営業をしているチラシを見て、こちらへ訪問してくれた方もいらっしゃると思いますので、その方には自分のフルネームも分かってしまっていますが、私は現在39歳で海外に来て働いている物です。


もちろん、この被害から抜ける目的で海外にわたりました。また、現在までに11ヶ所の国々に渡りましたが、少なからずどこの国でも被害にあっています。(詳細は下のブログで紹介)私がその国に行けば犯罪者が来たかのような扱いをうけます。


それというのも、その地域には事前に私についてのウソが吹聴されている為です。そういうウソについて自分なりに否定をさせていただく為とこの犯罪を知ってもらう為に、こちらのブログを立ち上げました。


私は本気でこの嫌がらせから抜け出す為に、約5年前にフィリピンへ行きましたが無理矢理に売春宿に連れて行かれて、そこで女性を買う事を拒むと日本で味わう以上の嫌がらせを受けて、2ヶ月の料金を払って旅立ちましたが、5日で帰ってきた事があります。


そちらも詳しく下に紹介しております。また、フィリピンに行く前には愛知や群馬の山奥などにも逃げたのですが、携帯などのGPSや逆探知により居場所を突き止められて結局は嫌がらせをされて戻ってきました。(下に紹介します)


また、私の被害(嫌がらせ)が最も酷くなったのは私が脳出血の後遺症で肉体的にも精神的にも一番苦しかった時で、本当に辛い思いをしました。脳の回復をしながら異常なくらいの嫌がらせを受け続けていましたので、精神的にもかなり滅入ってしまった事もありました。


脳出血の後遺症の状況も下に紹介しております。また、加害者は私の頭の状態がおかしいのを分かった上で、私に本格的に攻撃を加え始めてきました。今から約16年前です。ただ、これを言われる事が加害者にとっては一番嫌な事のようで何とか色々な嘘を重ねて隠蔽しようとしています。


私の噂を聞いた方の中には、私を犯罪者のように思われている方もいるようですが、もし何らかの犯罪を犯しているのなら海外に行く事は出来ませんし、ビジネスビザを発行する事もその国の政府がストップを掛けるでしょう。


また、もし犯罪を犯したのなら進んで逮捕される事を望みます。そして、その事に対してきちんと反省をするでしょう。ただ、犯罪を犯した事も捕まった事もありません。 元はこの嫌がらせにあったのは某宗教、S学会で親が力を持った在日の人間と


ある組織で力を持った大金持ち(六●木ヒルズの建設・管理をしている社長の娘)に一方的に敵意を持たれた事がきっかけとなり、未だにその人間達が関わっているかは分かりませんが、それから26年以上経っていますが、


その日より毎日の絶え間なく全く終わることのないこの陰湿な嫌がらせとウソの言いふらしの為に自分の人生の多くを無駄にしてしまっています。気持ちも日に日に荒んできているのも分かります。この嘘の言いふらしはコインテルプロと呼ばれ、


政府や力ある団体(カルト宗教など)が個人を社会的に抹殺する目的で利用されてきました。また、最近では私が考えている事に嘘を混ぜて言い触らしを行っています。変な事を言い出したと思われるかもしれませんが、下の記事を見ていただければご理解いただけると思います。


更には下でも紹介しますが、私の耳の裏には手術跡があります。これは私が海外に旅立つ4~5ヶ月前に勝手にやられたものです。アメリカには40万人以上の被害を訴える人間がいますが、その中には耳の裏を手術されインプラントを埋め込まれて裁判で勝訴した人間もいます。


このような事を言えば、加害者側の人間は私の事を被害妄想だとか精神病だとか言いますが、私はいたって正常です。こちらのブログを見ていただき私に対して少しでも偏見なく付き合って頂ければ幸いです。


アメリカでは10年以上前から集団ストーカーに関するニュース番組が放送されています。まずはそれらを紹介させていただきます。読み進める前にまずはこちらの動画をご覧になっていただければ幸いです。


gang stalking and electronic harassment.avi



Gang Stalking, _Bullying on Steroids._ GangStalking _ Organized Stalking


続きを読む "自己紹介!(平成20年更新)"
スポンサーサイト

集団ストーカーとは(平成23年4月追加更新)

2029.12.24.Mon.09:55
まずは最近の出来事から説明をさせていただきます。2011年6月25日にある一人の集団ストーカー被害者が加害者に鍬で襲われかけました。その後に、彼は警察にいきましたが警察はその事実を隠蔽をはかっています。我々、多くの被害者が既に警察へ被害届を出しにいっているのですが、必ず生活安全課という殆どが創価から構成されている部署に通されて、その届けは隠蔽されてしまいます。また、この被害を届けにいった人はその後に強制的に精神病院に入院をさせられたようです。


また、少し前になりますが、他の被害者が数人の加害者に拉致をされました。彼らの目的は被害者を精神病に仕立て上げて抗鬱病の薬を処方しそれによって自殺または犯罪を起こさせる事も目的に加えられています。ただ、基本的にはこの加害者は影から攻撃をしてきますので、下の映像のように証拠が残る事は本当に珍しいですが、我々被害者は常に嫌がらせに対して警戒していますのでビデオを用意している事が多くあります。



また、海外でよく聞きますが女性の被害者の中には無理やり連れていかれた精神病院でレイプの被害を訴える人もいます。下の1つめのビデオは鍬で襲われた動画、2つ目は拉致された動画、3つ目は警官が被害者の顔に警察手帳を押し付けている動画です。最後は我々が受けているストーキングの映像になります。




http://www.youtube.com/watch?v=hexzeLGfZS0&feature=player_detailpage
http://www.youtube.com/watch?v=ifzKD3R5RlY

以下、自分の分かっている範囲で集団ストーカーを説明します!


●まずは集団ストーカーの目的ですが 

・某宗教団体や大企業の大金持ちの人達に都合の悪い人間や気に入らない人間を嘘の言い触らしなどによって孤立化をさせ、ストーキング、盗聴、盗撮など絶え間ない嫌がらせなどにより極限まで追い詰めて精神病に追い込んだ結果、自殺または犯罪行為を起こさせる事を目的にしています。


最近では大津市の中学生のイジメ事件も加害者、親、教師、警察、教育委員会と組織でのイジメだという事が明らかになっています。また、も芸能人であった清水由貴子さんも同様に被害を訴えて自殺されています。下の動画の後半は清水由貴子さんが自殺する前に訴えていた肉声での被害報告になります。


他にもマツダ自動車愛知工場での無差別殺傷事件では日経新聞が集団ストーカーによって追い込まれての犯行と記事にしています。また、秋葉原での無差別殺傷事件での加藤容疑者も同様に追い込まれての犯行と言われています。





●次に集団ストーカーの手段です

1、盗撮、盗聴、パソコンや携帯のハッキングを行い。24時間相手の事を監視しています。

2、携帯によるGPS、また探偵や宗教信者によるストーキングで常にどこにいるか把握します。

3、盗聴などにより得た情報を被害者に対して、知り合いやTVを通して仄めかします。

4、緊急車両やヘリを被害者のソバを走らせていつでも見張っている事を認識させます。

5、家の前でバイクの空ぶかし、近づいて咳をする、電磁波を当てる、家の前で数ヶ月間意味ない
  道路工事をする。(何年もやってる所もある)。早朝・深夜構わずイタズラ電話をしてくる。

6、被害者を悪者に仕立て上げる為に、多くの嘘を言い触らしでっち上げる事により、
  自分達の行動がいかに正しいかを強引に裏付けます。

7、中には嫌がらせをする事で悪を見張っているという名目により国から金銭を受け取っています。
  自分達が金銭を得る為に彼等は必死に被害者を犯罪者扱いします。

8、また、被害者の中には某宗教団体が受取人となり生命保険に入らされている人間もいます。

9、電磁波を用いてターゲットの身体を傷つける。殺人も可能だろう。

10、洗脳を行い、ターゲットの気持ちを操作する。自殺させる事も犯罪を起こさせる事も出来る。

11、もっとも酷いのは思考を盗聴して、それによって得た考えに対して色々と仄めかす。
  


今、日本で報道されている不自然な犯罪のニュースは、この様に追い込まれた事が原因で起こっている事も多いと聞きます。(集団ストーカー自体はマスコミは報道しないのは、加害者側の組織がマスコミへ深く関与しているからです。)


集団ストーカーを簡単に説明してみましたが、これは今は一部の人間にのみ適応していますが、これが徐々に広まれな全ても表現の自由や思考の自由を奪われてしまいます。現在でも人権擁護法案などで日本人の表現の自由を奪おうとされているのに、少人数の人間に適応してうまくいけば


または、それにより恐怖心を与えれる事で今後全ての人間が管理されていくか適応されていくのは、時間の問題だと思っています。こういう事には、なんとなくやった振りくらいにカルトに睨まれない程度に、そして少しずつカルトから離れるくらいが良いんじゃないかと思っています。出来る事ならこの事実を広めていただきたい。それが日本を救う事にも繋がると思います。



下の動画を見てもらえれば日本のマスコミやカルトがどれだけ腐っていて気違いか分かってもらえると思います。


騒音おばさんの真実!!








創価学会員凶悪犯罪者リスト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他。
●池田大作→朝鮮部落出身 信者レイプ事件 選挙法違反事件
●福田孝行→山口県母子殺害
●畠山鈴香→秋田県児童殺害
●三橋香織→夫バラバラ殺人
●三宅正信→ペッパーランチ強姦
●北山大輔→ペッパーランチ強姦
●宅間守 →大阪 附属池田小学校児童殺傷 朝鮮部落出身 両親も学会員
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗 神戸の首切り小僧 帰化人
●林真須美 →和歌山毒入りカレー事件 4人毒殺 63人が負傷 帰化人
●織原城二(金聖鐘)→神奈川 帰化人、外国人女性を強姦バラバラ殺人 両親も学会員
●関根元 →埼玉愛犬家連続殺人犯 4人を殺害
●丘崎誠人→奈良連続強姦 事件 在日朝鮮人
●金大根 →在日韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人 6名の女児死亡
●李昇一 →在日韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人を強姦
●沈週一 →在日韓国人 鳥取 大阪 和歌山 9人を強姦
●張今朝 →在日韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児を強姦
●ぺ・ソンテ →在日韓国人 横浜 女子小学生14人を強姦
●宋治悦 →在日韓国人 東京 主婦19人を強姦

脳出血の後遺症

2029.12.12.Wed.07:58
今日は、私がパンチドランカーだった時の話を少しします。私は高校・大学時代にボクシングをやっていました。高校時代はプロボクサーを目指していましたが、大学時代はアマチュアでボクシングをやっていました。


高校時代に卒業後の4月末くらいにプロテストが決まっておりましたが、その1月くらい前、練習後に全く言葉が出なくなってしまいました。次の日に病院にいきCTを撮ってもらったら脳出血と言われて、その日のうちに入院となったのです。


そんな理由で今でも話をする時に言葉がなかなか出てこなかったり、話の速度が遅かったりするんだろうなって思う時があります。また、手術はしませんでしたが点滴を打ちながら少しずつ言葉が出るようになってきました。


大学に入ってから体育会のボクシング部がありどうしても、もう一度やりたいという気持ちが再度沸いて来て入部する事にしました。その後、真剣にボクシングをやったのですが、3年終わりくらいから体の状態が本当におかしくなってきまいた。今度は言葉だけでなく色々な症状が出始めました。


 パンチドランカーという名前ですが、本当にうまい名前がついているなって思います。実際に症状が酔っ払いに似ています。どっちも頭の動きが鈍くなる事が原因だから当たり前かもしれませんが。


私は自慢が出来るほど強かった訳ではないですが。(弱かった訳でもないとは思うけど)自分の症状ですが、まず一番辛かったのは物を考えたいのに考えられなかった事です。


自分が本当に症状がおかしくなったのは大学3から4年くらいだと思うんだけど、就職活動の時などは本当はもっと色々と考えたいと思いながらも、ものを考えようとしても何にも考えられなかったんです。


それに結構頻繁に思考が途切れるのも本当に辛かった。普通に生活していたはずなのに、自分の周りだけが何秒くらいか分からないけど思考が止まるんです。人と話をしている最中なども気が付いたら他の話題などは当たり前です。


これは就職してから営業だったので車を乗らなければならなかったのですが、途中意識を飛ばさないように気を張るのに本当に苦しい思いをしました。もちろん、運転しながら意識を飛ばして信号無視なんて事も一回や二回じゃなく、運転して気が付いた時にはぶつかってたって事も一回や二回じゃない。今思い出しても申し訳ないです。。。 


ただ、人通りが多いところでは絶対に意識を飛ばさないように踏ん張りました。踏ん張ればなんとかなるんだけど、1キロ進んだら少し休んで、また1キロ進んだら休んでという感じで休みながら進まないと意識を保つように頑張るのが凄く疲れるんです。意識を飛ばさないように保つだけで汗がダラダラ出ます。


初めは本能で気を張ってたように思う。その他にも耳が遠くなったり、今でも普通の人よりは耳は遠い。指先の神経がうまく伝達できなかったり、よくパンチドランカーになるとボタンが留められないと言いますが、俺も本当に苦労しました。特に履歴書などの字を書くときは苦労しました。


履歴書を書くのに1枚1時間以上は掛けて何枚か書いたのを覚えています。また、記憶力もないので3分過ぎれば忘れてしまいます。物を覚えなければならない時は短い文章でも何時間も掛けて覚えました。


普段は自分がパンチドランカーだって事すら忘れてしまうんですね。それも厄介です。途中で自分の症状がきつくて酒に逃げた事もあったけど、それもかえって体の症状を悪化させていたのかなって思う。


それと一番きつかったのは、あまり言いたくはないですが、よく漏れました。小さい方は結構頻繁に漏れてたし、大きい方は月に1回くらいでしょうか???また、大学卒業後には2年半で1つの会社を自主退社と3つの会社からリストラにあいました。


なんせ、生きてる事自体が不安でしかたがなかった。触角を抜かれた虫みたいな感じだと思います。ただ、親には何とかばれないように必死に芝居をしましたが。その当時から約15年近く経ちます。それから現在まで、何十冊と頭をよくする為の本を買い、実行して(今でもDHAなどは毎日飲んでます。)


今では図々しくMBAを目指すなどと言っています。私は相変わらずバカなんで駄目かな?などは考える事はありません。何とかなんだろうって思ってます。私は集団ストーカー被害者ですから、教授が普通に評価してくれる事もないし協力などしてくれませんが。頑張りたいと思います。 



下は精一杯の見栄です。
賞状2





続きを読む "脳出血の後遺症"

世界各国での嫌がらせ(平成24年11月更新)

2029.11.07.Wed.23:18
私は今までに海外に行くと必ず何らかの危険な目にあっています。私が今までに行った国は11カ国ですが、全ての国で危険な目にあっていると言っても過言ではありません。


今日は私がこの5年ほどで行った国で危険な出来事を紹介しようと思います。動画が残っているモノは動画も一緒に紹介します。まずは約4年半前にいったフィリピン旅行です。これは危険と酷い環境が混在していました。


【Philippine フィリピン】(下で別に詳しく説明しています。)
まずは、私がフィリピンに行った目的はMBAを目指す事を決めた為に、英語の勉強をする目的で行きました。現地に行く前に事前に2ヶ月分の授業料とホテル代金を払っていたのですが、現地では明らかにヤクザだろうという人間が私を待っており


その人間たちと一緒に飲みにいく事になりました。ただ、向かった先は売春宿で私はそこで女性を買う事を拒むと次にも違う売春宿に連れて行かれ、そこで女性を買うことを拒むと嫌がらせが加速していき、


私の家ではテレビが壊れ、パソコンが壊れ、エアコンが壊れ、フィリピンの4月は真夏の為に室内は40度をゆうに超えます。学校でもまともに授業を受ける事もできず、そんな状況で生きていく事もできず、2ヶ月分の50万円以上の金を捨てて半日分の授業しか受けず木曜の夜に到着し月曜日の早朝には帰国しました。


本当に酷い目にあいました。セブ島にあるALTAという語学学校だったのですが、今は学校はなくホテルだけになっているようです。ここでは残念ながら動画は残っていません。


【Thailand タイ】
私は、タイは今までに行った国では一番良い国だと思ったからです。だからと言ってタイで全く危険な目にあわなかったという訳ではありません。私は今までに一度だけトゥクトゥクという車に乗った事があります。


運転手がこの辺りを一周連れていってあげるから乗りなと言われて、何も考えずに乗ってしまいました。下にその時の動画を紹介します。私はこの後に旅行代理店に連れていかれました。見るからにボロボロでヤバそうな会社だったのですが


私は土地勘もなく、訳の分からない場所に連れて行かれましたので、しょうがなくついていったのですが、その中からヤバそうな女が出てきて、私の前に座りました。また、その運転手のオッサンも突然に態度が豹変して私に威圧的に来ていました。


そこでは、旅行のツアーに参加しろと無理矢理に言ってきました。初めは2千バーツと言っていたのですが、私が高いというと1千バーツと良い。それでも嫌だというといくらなら契約すると言ってきたので500バーツならすると言いました。


それなら500バーツで良いと言われたのですが、そんなツアーが存在する訳がないと思い。横で足をカタカタ鳴らしながら威圧しているオッサンに元いる場所に返せと言い、元の場所に帰させました。もちろん契約はしていません。


500バーツ(1200円程度)なら払ってしまえば良いと思われると思いますが、例え、もし殺されたとしても自分の滅茶苦茶な人生ならば死んでも変わらないとは思っていましたので、半ギレで帰させました。
http://youtu.be/wCXUwUUnQg8


【Vietnam ベトナム】
ベトナムでは今までに一番危険を感じました。正直、税関で既に喧嘩腰でした。税関が全く私をシカトして仕事をしなかったので、私も中指を立てて唾を吐く真似をしました。そして、私はホーチミンに滞在したのですが、その街全員が私を敵視しているのでは


ないかと思えるくらいにみんなが皆睨んできていました。正直、私は初日だけで100回以上は中指を立てました。ベトナムで一番危険だと思ったのは、本当に色々とあるので判断しずらいのですが、例えば、私がバスに乗っている間にガラガラなのにも関わらず


真後ろに若い男性が座ってきて、私の椅子を何度も蹴ってきました。頭に来たので、私がそいつの方がを振り返って、そいつに対して5分間くらいずっと睨み続けてみました。その後、飽きたので止めました。


また、バスに乗っている間に暑かったのか、そいつがソーっと窓を開けようとスライドガラスと前に押してきたので、思いきり締めてやりました。また、一番嫌だったのは郵便局に行った時です。わざとらしく何度もやり直しをさせられました。


その時の動画は下に紹介しておきます。私の大学院にはベトナム人が2人いました。私はベトナムでの最終日に彼らに対してベトナムで面白い事など一つもなかった。もう二度と行くことはないとメールしたのを覚えています。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KfmSlbILVXA


【Singapore・Malaysia シンガポール・マレーシア】
この2カ国は短期滞在だったので、あまり危険な目にはあっていません。ただ、シンガポールでは男性二人が私を着いてきていたり(下が動画です)、マレーシアでは飛行機が遅れて到着時間と出発時間が同時のチケットを渡されて急いでいると言っているのに、わざとか知らないけど順番を遅らされたりといった感じの経験をしました。
http://www.youtube.com/watch?v=LhhWi8iDMWc&list=UUQsUKh2hQzq4gCPAAe1KXtg&feature=player_detailpage


【Australia オーストラリア】
タイからマレーシアを経由してオーストラリアに戻った事を書きました。ただ、オーストラリアの家主のババアは本当に意地が悪く、私が家につくと待っていると言っていたのに待っておらず(予想通りですが)、その日は家に帰る事ができませんでした。http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=HYCeHvPInSE&list=UUQsUKh2hQzq4gCPAAe1KXtg


また、オーストラリアには2年半生活していましたので、本当に色々な危険な目にあいました。一つ例を出すと私がバスに乗ることがそんなにあった訳ではないのですが、バスに乗ると必ず何らかのハプニングに巻き込まれます。


一度、私が学校から家までの帰宅の際に夜バスに乗っていたら、私の席の少し後ろに大きな石が投げ込まれました。私の後ろの席の窓ガラスが全壊して、新しいバスが到着後に乗客全員がそちらに乗り換えたという事を経験しています。


ちなみに、バスの事故は私が載っていただけで3回起こっています。一度は急ブレーキでお婆さんが完全にブッ倒れて頭から血を引いていました。私はオーストラリアのバスの運転手にはもっとちゃんと運転しろよとか、ちゃんと仕事しろよって本気で思います。


オーストラリアでのハプニングは色々と下に紹介していますので、あまり紹介しませんが、ヤンキー四人組に絡まれた時の動画を下に紹介します。http://www.youtube.com/watch?v=jMv1XW0ezas&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=CzHqgvDf4ZY&feature=player_embedded


ちなみに、オーストラリアの最終日は本当に酷かったのです。まずはバスの威圧的に乗車拒否されたので、喧嘩腰に無理矢理にバスに乗り、空港でも異常な嫌がらせと言った感じでした。そちらは以前のブログを紹介します。http://ameblo.jp/asianshop-sunlife/entry-11146860481.html


【Indonesia インドネシア】
オーストラリアでの最終日は本当に何とか飛行機に乗り、何とかインドネシアに到着したという感じでした。ただ、着いたホテルでは私はいつも安ホテルに泊まるのですが、そのホテルほど酷いホテルは今までにはありませんでした。


まずは一階がタトゥー屋になっており、ヤンキーみたいのが大勢ホテルにたむろっています。初めはそいつらは私に対して敵対心むき出して睨んできていたのですが、最後の方になると会うとハイタッチするくらいの感じになっていました。中には嫌な奴もいますが、彼らはそんなに嫌な奴ではありませんでした。また、そのホテルにはネズミが出て夜中に天井を這い回っています。私が猫の真似をすると一時的に鳴き声を止めるのですが、何度もやっている間に効き目がなくなりました。



インドネシアで一番危険だった出来事は、市場に行った時でしょうか。これも危険というよりも嫌な思いなのですが、私が市場に行くと気持ちの悪い態度の悪いクソ女が二人私に着いてきました。私は着いてくるなと言ったのですが、凄くしつこくついてきます。


そして、どこに行きたいんだと執拗に聞いてきて初めは無視をしていたのですが、あまりにもしつこいので、しょうがなく返事をすると、そこなら連れていってやると言われて、そこへ行くと異常なくらいに高い値段を取られました。


そいうのも、そのババア共が値段を釣り上げて後からピンハネをする為です。それを分かってたのですが、そいつらは一向に私の近くから離れようとせずにしょうがなく買い物をしました。また、次の場所に移動しようとしたのですが、


まだ着いてきたのでいい加減に頭にきて、着いて来るんじゃねえと怒鳴りつけたら、ようやく着いてこなくなりました。また、次にそこに行くと店の店員にあの女を連れてくると値段が高くなるから連れてこないでと言われました。


ただ、そこの市場を歩いていると、またその女二人組にあってしまいシツコく着いてこようとするので、そいつらの足を蹴飛ばしました。そうしたら、ついて来なくなったのですが、そこの市場からの帰りに何か変なバイク野郎どもに付きまとわれていたようです。下が動画です。http://youtu.be/lQixCpIfeZc


【Thailand extraタイ・おまけ】
また、一つおまけです。私はタイに3度旅行に来ています。その時の一つをおまけとして紹介します。私はいつも同じ宿に滞在しています。実は、そこに滞在する前に他のホテルで予約をしていました。


ただ、そのホテルで空港にピックアップして欲しいと頼んだのですが、私はいつもいうように安ホテルにしか泊まらないのですが、私をリムジン出迎えに行くというのです。そんなホテルにリムジンで乗り付けたら危険過ぎます。


私がそれを言うと、うちのホテルを安ホテルだと馬鹿にしているのかと因縁を付けられました。その為に、そのホテルはキャンセルをして他のホテルにいつも止まっているのです。私が滞在していたホテルは地元の売春宿のそばにあるホテルです。


もちろん、売春宿など行った事はありません。ただ、なんでしょうか?おかしな事が起こりました。私がその近くのセブンイレブンで買い物をした時に、変な女が近くによってきて電話をしているのですが


電話をしながら喘ぎ声のような声を出しているのです。こんな間抜けなハニートラップってないよなと思いながら、こいつ頭おかしいと思い、どんな奴なんだろうかと思って見ていたら、そいつもそんな事をやりながら若干恥ずかしそうに笑っていました。タイ人てなんか憎めないなって思いました。


【Japan 日本】
オーストラリアで2年半生活をし、インドネシアで10日間滞在してから日本に帰国しました。日本での生活も相変わらず酷いものでした。まずは、全くの自慢でも何でもありませんし、大した事とも思っていませんが、私はオーストラリアでMBAを取得し日本に帰国しました。


その前には自分で経営していた会社はさいたま市で一番の営業成績の会社でした。そして、就職活動をしたのですが、300社に履歴書を送って面接を受けられたのが3社、それも完全に雇う気がない会社でした。もちろん、自分の年齢に適した募集だけに応募しましたし


給料も20万円以下や高卒でも募集などの会社にも多く応募しましたが、全く引っかかる事がありませんでした。派遣でも殆ど雇われる事がなかったのですが、1つ派遣の面接で完全に圧迫面接をされて、逆ギレして面接官に切れかけた時にその面接官から言われてのが、


日本では横の繋がりが強固なので、あなたがいくら面接を受けても絶対に厳しいですよ。という事を言われました。言われなくても分かっています。なんせ、300社から全く相手にされていないのですから。


また、派遣をしても嫌がらせをされる事が多々ありました。最初の派遣では、私も切れてしまい何人かを小突いたのですが、最終日に上司に呼ばれて行くと、そこには2人の男がたっていました。


こいつらがお前に殴られたと言っているんだがと言われ、私はこいつらがシツコく睨んでくるのでワザと小突きましたといい、その日のうちに首になりました。次の派遣でも当然に嫌がらせが収まりません。


そこはベル●ステム24という派遣でしたが在日の人間が多くいました。そこでも達が悪そうな奴らに睨まれたりという事が多く、何度も中指を立てたり小突いたりという事をして、1月後には首になりました。そして、最後の派遣の仕事では、少しだけ頑張りました。


嫌な思いをしてもなるべく笑顔で我慢しました。もちろん、酷い嫌がらせをくらいまくっていました。そこではテレオペだったのですが、ワザと知っている事、こちらではどうにもならない事をチクチクと言ってきます。本当にしつこいに鬱陶しいです。


そして、相手がお前が知らないのはわかっているんだけどなぁと言ってきたので、知ってんじゃねえかよって言ったら上司に呼び出されました。その時が最初の呼び出しで後に何度も呼び出しを食らっています。特にそこの会社はカルト系から電話が掛かってくる事が多かったので、カルト電気などと歌ったら、何を歌っているんだと呼び出され、お前の電話対応を聞けと言われて対応を聞いても相手の嫌がらせしか感じる事がなく一切反省する事もできず、


一度だけ、どうしても理不尽で滅茶苦茶で一方的な嫌がらせ電話を受けた事があり、その次の日にその会社に殴り込にいきました。ただ、私がいくのは分かっていたようで、担当者をいるかと訪ねたら、今日は午後から休んでいると言われて、



その子の親切な対応に切れる事なく、外に立っていたポールを投げて帰ってきました。そんな日本でのどうにもならない生活を終止符を打ちたいが為に、今までに渡った海外で一番人の良さを感じたタイに渡って就職活動をし就職しました。


【China 中国】
私はタイに行く途中に飛行機が一旦中国で乗り換えになりました。北京空港ではガラガラで、私が飛行機を待っていると突然に30~40人の中国人がやってきました。私はガラガラだったので、自分の横に荷物とお土産のお菓子を置いておいたのですが、


そこ集団の一人が明らかにワザと私の荷物とお土産の菓子の上に腰をかけたので、頭に来てそいつの首元の掴んで引きづり落としてやりました。その後に唾を吐く真似をして、目の前にいた男と睨みあいになりました。それが下の動画です。だからと言っ中国を否定している訳ではないですよ。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ub44JKBXZdQ


【Singapore シンガポール】
私が入社してからシンガポールで研修がありました。今、働いている会社なのであまり詳しくは書きません。その中で私はその時の予定を全く廻ってこずに、嘘の予定が廻って来たので、かなり頭には来ていました。


その中の1日で創立パーティーが開かれました。私はパーティーなど知りませんでしたので、普段着をきていたのですが、出発5分前にパーティーと聞かされてすぐに着替えました。若干頭にきながらパーティーに到着したのですが


そこでは、女が横でイチャイチャしているし、そのイチャイチャしている相手の男が私に向かって新人なんだから何か出し物をやれと言ってきました。頭にきたので、そいつに向かってファックユーとだけ言いました。


そして、その面倒なパーティーを抜けて外にでかけ、そして戻ってからも横の部屋のソファーでパーティーが終わるまで寝ていました。まあ、可愛いものですね。そんな感じで書き続けた海外での危険な出来事も最後です。見ていただいた方はどうお思いでしょうか。私は自分の状況から何かが私の事を本気で殺そうとしているのではないかと思ってしまいます。実際に何度も殺され掛けています。私は今までに何らかの宗教や政治団体に所属した事もありません。何か犯罪を犯したという事もありません。もしそうであれば、この国々の政府が私を入国させないでしょう。また最近、離婚をしました。こんな状況で子供を巻き込む事はできません。彼らの狙いは私だけですから。


続きを読む "世界各国での嫌がらせ(平成24年11月更新)"

現在住んでいる国での被害のまとめ(平成24年12月更新)

2029.08.25.Sat.00:42
私はオーストラリアで2年半生活をして、その後に日本で9ヶ月半生活をした後に現在住んでいる国へきました。これも他にも書いていますが、オーストラリアでも酷い被害にあい、日本に帰国してからも本当に酷い被害にあって、9ヶ月半で300社以上に履歴書を


送りましたが、面接に呼ばれたのは3社だけで結局は1社も内定をもらえませんでしたので、再度海外にきて仕事をしています。ただ、現在の国では被害他の国に比べて少ない方ではありますが、この国でも嫌がらせはあります。


まずは、仕事をしていてもテクノロジーを中心に嫌がらせがありました。例えば、私が書類を作っている時に頭をコントロールされている事とハッキングによって人工的に間違いを作られ、上司にチェックしてもらったら間違えてると言われ、そこを直して再度提出しても


また、同じ箇所を間違えており、次に直しに持って行っても同じ所が間違えていて何度言えばわかるんだという状況を作られていたという感じでした。冗談でなく同じ箇所を4回・5回と間違えている状況が続いた為に、私はこれはもうどうにもならないなと本気で諦めました。


プリントアウトする前にチェックしている筈なのですが、同じ所を間違えているので、ハッキングをされているかプリントから出る時に何か細工をされているのかだとは思います。もちろん、頭へのコントロールもあったと思います。


ただ、本気でもうイイや付き合うだけバカバカしいと諦めたら加害者も被害をやめるようです。それまでに5回くらい同じ事をされますけどね。また、会社を辞める前に食事会が開かれました。私はそれを欠席しようと思ったのですが、来た方が良いと言われたので一応出席しました。


ちなみに、その前に韓国料理を会社の人間たちと行く時にはバックレました。本気で韓国料理が好きならば私も行きましたが、私を韓国嫌いだという事にして、わざと韓国料理に行こうという事が気持ちが悪くてしょうがありませんでした。


ちなみに、私は韓国は好きではありませんが、付き合いでならば韓国料理くらいは食べます。ただ、在日は嫌いですので、本気で関わりになりたくありません。その最後の食事会ではトップマネージャーがわざとタブレットPCの動画を見ながら韓国を絶賛していましたので


わざとらしさに頭に来て、隣のその上司の椅子を蹴った後にそのトップマネージャーの方向に何度も唾をつきつけました。ただ、唾は届いていないでしょう。また、会社に入社してから1月後に研修旅行がありました。


その旅行では私は殆ど予定が回ってこずに、回ってきても嘘の予定表だったりで相当に頭にきていました。また、その旅行中に創立パーティーが開かれました。私はパーティーなど知りませんでしたので、普段着をきていたのですが、出発5分前にパーティーと聞かされてすぐに着替えました。


その時も、若干頭にきながらパーティーに到着したのですが、そこでは女が横でイチャイチャしているし、そのイチャイチャしている相手の男が私に向かって新人なんだから何か出し物をやれと言ってきました。


頭にきたので、そいつに向かってファックユーとだけ言いました。そして、その面倒なパーティーを抜けて外にでかけ、そして戻ってからも横の部屋のソファーでパーティーが終わるまで寝ていました。まあ、可愛いものですけど、そんな事もありました。


会社を辞めた理由もこの被害が原因です。その為に入社前にも入社後も何度も上司に相談をしました。また、会社を辞めてからは、私は都心へ引越しをして転職活動を開始しました。引越しの少し前に頭の回転を完全に止められてシャワー室でガラスを落としてしまい


足の三ヶ所をザックリと切ってしまい、その1ヶ所にはガラスの破片が入ってしまいました。はじめは放っておいたのですが、1月経っても痛みが収まりませんでしたので病院に行ってガラスを抜いてもらいました。


ただ、そこの病院では足を少し切っただけにも関わらず2万円も請求されました。そして、その事をブログで書き完全にぼったくりだと書いたのですが、その後もなぜか痛みが引かなかった為に他の病院に行けば、その病院での辻褄合わせの為に3万円と言われて冗談じゃないと思い帰ってきました。
WP_000015_convert_20121103153337.jpg
2万円分の領収書。


また、同じくらいの時期に、前の会社の日本人男性に女性がいる所に飲みに誘われた事があります。私はその男性を加害に加担したとは思っていますが、そこまで悪い人とは思ってはいません。ただ、その時には確実に私を女性をくっつかせる事に協力せざる得ない状況だったのだと思います。


これも何度も書いていますが、私の周りには凄い数のハニートラップが現れます。その時に私が行った飲み屋は私は気がつかなかったのですが、お持ち帰りが出来る飲み屋だったそうです。私は女性にお持ち帰りするように何度も言われましたが


その話題には頑なにシカトをしました。もちろん、お持ち帰りはしていません。きっと、そういう事があって何もしなかった為でしょうね。帰って自分の部屋でテクノロジーでバランスを崩されましてアバラを完全に骨折しました。


ただ、上のように物凄く高い慰謝料を払えないので(ちなみに日本でも同じようにちょっとした親切で6千円とか普通に取られますし、風邪で治療にいっても精神病の処方箋を出されます)その為に、アバラは2ヶ月経っても違和感を感じていますが医者には行っていません。


ちなみに、私が今住んでいるところは風俗が多くある場所で有名な場所のようです。もちろん、私は一度も行った事がありません。そして、私は都心で家を探してる最中にゆうに20ヶ所以上は見て回りましたが、全て断られました。


中には確実に私と分かってわざと断ってきた人間も何人もいます。ただ、この辺りに風俗が多いという話をしたら、この辺りでアパートがいつも見ているネットに現れてすんなりと決まりました。もちろん、私が風俗に行きたくてこの辺りに住んでいるという噂を流す為でしょう。もし、本当に行きたいのならば近くに住む奴なんていないと思います。まあ、行きませんけど。


話は戻しますが、転職活動中に滞在期間が過ぎてしまうので1月半の間に二度国外にでなければならなかったのですが、一度目はカンボジアに行きました。カンボジア入国の際に20米ドルが必要なのですが、その前日にどこの銀行に行ってもうちには今日は米ドルがなく明日にならないとないから横の銀行に行けと言われ妨害を受けました。


そして横の銀行に行けば同様にうちには米ドルがなく横に行けと言われて、そんな事が7銀行くらいで起こりました。頭にきたので、それを動画で撮って置きました。一番下に紹介しますが、なぜか画像が写っておらずに声だけになってしまっています。


また、その動画を撮った事が原因でしょう。その帰りに私の財布がスられました。私のバッグが軽くなったと感じたので、バッグの中身を見ると財布がありません。そして、後ろの奴に財布を知らないかと聞いたら、後ろにいる奴が財布をスったから取り返してやったと


財布を手渡してきました。そして、前にいた片目のない奴が俺も後ろの奴が取ったのを見たと行ってきたので、私は中身を確認したいという気持ちと咄嗟の事でそいつの事を逃がしてしまいました。


あまり派手な被害に合っていない被害者によってはそんな事までされるのかと思う人もいるかもしれませんが、正直私からすれば、日本やオーストラリアにいた時には、こんな事は普通に毎日のように起こっていました。それだけに今いる国では、テクノロジーはクソみたいにありますがローテクがそこまで酷くないのでありがたいと思っています。


また、二度目の出国の時にはラオスに行きましたが、ラオスでも若干嫌がらせがありましたが、ラオスから今の国に戻ってくる際に、テクノロジーを中心にした嫌がらせがあり、何人かの人間が私の事を税関で待って嫌がらせを試みてきました。まあ、大した事ではありませんので、以前に紹介したURLだけ紹介します。http://kousuke0714.blog19.fc2.com/blog-entry-534.html


ただ、最終的に言いますが、私は日本に帰国をせずに今の国に留まっているのは、今までに行った13カ国の外国の中で一番人が良いと思ったからです。正直、被害も一番少なかったです。えげつない被害というのはあまりありません。特に銀行の後にはなくなりました。


正直、日本も悪い国だとは思っていません。普通の日本人は道徳心もあり良い国民だと思っています。ただ、加害者は本当に異常です。私は前回日本に滞在した9ヶ月半でも仕事は見つからず、派遣では異常に嫌がらせにあい3ヶ所で働きました。


最初の会社は小突いて首になりました。二ヶ所目の会社は完全に在日ばかりの会社でした。そこでも毎日のように睨まれたりで何度も中指を立てたりしていたらテクノロジーで声が出なくなりました。最後の会社も一度加害者の会社へ殴り込みに行きましたが、私は思考盗聴されていますから逃げられました。ただ、その他は比較的に頑張って我慢しました。


また、面接が見つからずに1月半一度も面接を受ける事がありませんでしたが、本当にありがたい事に最終的には自分が最も入りたいと思った会社に雇っていただきました。雇ってくれた会社は本当に面接官も親切でしたし、


面接を受けた中ではダントツに一番魅力のある会社でしたので本当に嬉しいです。今後、少しでも被害が少なくなり仕事を頑張れる状況にいる事が出来れば本気で嬉しいです。そろそろ、普通に生活して本気で仕事がしてみたいです。来年になれば私は40歳になります。そろそろ本当に被害も終わりで良いだろうと思っています。


下は銀行で換金を拒否された動画です。(映像はYOUTUBEで削除されているようで音声だけになっています)
http://youtu.be/nu9bIayRdPw

http://youtu.be/a2P2qUpoBd0

http://youtu.be/jJ1uCmLaLSQ

http://youtu.be/DOAqeq361TY

http://youtu.be/8hRpx7ZCPjU

http://youtu.be/UHsz_d2-G5Y

http://youtu.be/aqOKIEBjyiw



 | HOME | Next »