スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス(平成22年2月更新)

2018.03.07.Wed.09:00
私は今までに色々な仕事をしてきました。営業も多くやってきましたが、ルート営業ではありません。殆どが飛び込み営業です。これには理由があります。私がルート営業をすれば必ず嫌がらせをされる事になるからです。

私の嘘を聞いていない人を対象に商売をしなければ契約にいたらないと考えているからです。また、見込みのお客さんが出来ても3回以内くらいに契約こぎつけないと次はありません。それまでにどんなに仲良くなろうが次回に契約の約束をしていようが、加害者側の嘘を付かれればそれ以降はドアから出てきてもらえなくなります。

また、給料ですが私は完全歩合の仕事がほとんどです。それは私がボクシングが原因が脳出血をした時に本当に仕事が出来なくて馬鹿にされていた悔しさなどもあるのですが、自分が結果を出していなくても文句を言われる必要が無い為でもあります。私も人に文句を言われるのは本当に嫌いですし、指図を受けて何かをやらされるのも大嫌いです。給料制でお金をもらっていたのなら、必ず社長に何かしらの文句や嫌がらせをされるものだと思います。ただ、完全歩合であれば誰に文句を言われる必要もありません。契約取れなければ私が給料もらえないだけですので。それでももちろん相当嫌がらせはされますが。

自慢で言う訳ではないですが、そのような安定のない底辺の職場ではあるかもしれませんが、殆どの職場でトップの成績を出してきたと思います。それに完全歩合の営業なので少しでも良い条件があればそちらに移ります。完全歩合の営業マンに取っては金が全てだからです。そんな感じで少しでも良い条件を求めて会社を変える事もありました。

そして私が経営していた会社でもその地区で一番結果を出していました。その為に完全歩合でも営業をやれば食べていけるだろうという気持ちを持っていましたが、私が最後にやった仕事では唯一満足いく結果を出す事が出来なくなってしまいました。

それは私のその気持ちを知っての嫌がらせでもありますし、私が海外での資金を少しでも増やす為に始めた仕事だという理由でもあります。私はどんな底辺の仕事でもその気になれば何をしてでも食べてはいけると考えてはいたのですが、同じような嫌がらせを今後もやられては食べていく事が出来るか不安を持っています。その時には私が営業に周れば完全に犯罪者が来たような対応をされました。確実に私が来た事をそこに住む全ての住人が知っているのではないかと思えるような対応です。本当に異常だとしか思えませんでした。

私が想像するに、中高生が中心となって動かされての嫌がらせのように思えました。というのも私が営業で対応するのが、まずはその世代の子供達が出て来て私が丁寧に話そうが異常な対応をしてきた事や親も子供達の様子を伺って私への対応を決めているように思えたからです。

もちろん、裏にはカルトなどの大人達が糸を引っ張っているのも知っています。きっと学校裏サイトやミクシーなどで私の行動を細やかに情報交換していたのかもしれません。きっと彼らは私の事を集団ストーカーの被害者としての認識はないでしょう。嘘の言いふらしをそのまま信じて悪者を追い詰めているような気分でやっていたのだと思います。

その為にその付近に住んでいる人間達に行動の統制が徹底できたのでしょう。また、私はその時から約1月後には海外に行く予定でしたので、どんな嘘を付いてもどうせばれないと考えていたに違いありません。私はその嫌がらせが徹底し私が殆どの人に認識されていると思いましたので、逆に営業のチラシにこのブログのURLを赤字で白黒チラシに貼り付けて配りました。20000枚業者に発注して1000枚近く自分のプリンターで作ったと思います。

そのブログを赤羽から王子間を中心に撒き、またせっかくなので私の事を集団ストーカーの被害者と認識せずに悪者だと認識していると思われる以前に商売をやっていた周辺や私がそれ以前に住んでいた場所などにも撒きにいきました。かなり広範囲で撒いたと思います。20000枚以上ありましたので、簡単には撒ききれませんので営業は諦めてチラシ撒きに徹しました。

そのチラシを撒いた後には中高生などが私と通りすぎると頭を下げたり、知らなかったのでごめんねと通りすがりに言われたりしました。その様な対応も2・3日もしないでなくなりましたので本当にこの行為は徹底されているのだという事を思いしらされました。王子から赤羽までの周辺は公明党の元太田代表の選挙区であり、私がチラシを撒いたので昨年の3月から4月に掛けてですので、選挙の4ヶ月前くらいに辺りました。


その選挙区では投票率が一番高く、太田元代表は落選しています。もちろん、そこに住まれている方々が賢明なのですが、少しは貢献できたのではないかと本気で思っています。ただ、最近ではある保守のグループが自分達がそこにチラシを撒いた影響だと言っています。私はその当時、そのチラシを見た事も団体を聞いた事もありませんでしたが、そういうのならそれでいいと思います。私も創価にそこまで標的にされたくもないので(ばればれだと思いますが)、


上記のような嫌がらせがあるのは今の子の殆どが小さいうちから認識させられているのかもしれません。私が本当に子供の頃にコンビニでバイトをした時にも普通に来た客を他の店員があいつは苦情の常習犯だから気をつけないと駄目だと言ってきて逆にその店員が私のそばで客に対して睨むような態度を取っていた事を覚えています。どう考えても普通の客なのですが、その客もまたこのようなカルトの嫌がらせの的になっている人間なのだと思っています。


私の加害者の多くが若者です。若者の方が加害者的には扱い易いのでしょうか。それに純粋なだけに騙しやすいという理由もあると思います。私が自分で商売をやっていた時に商売がなりたったのは物事をしっかりと理解され、自分の目で冷静に物を見る事の出来る成熟したマンションオーナーを対象にしたのでなりたったのかもしれません。その方たちには今でも感謝の気持ちで一杯です。


続きを読む "ビジネス(平成22年2月更新)"
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。