スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年目のオーストラリア(平成22年12月更新)

2029.06.11.Mon.19:09
昨年の4月からオーストラリアで学生をやっていますが、今年の4月から7月終わりあまでは嫁が出産した為に日本に戻っていました。7月終わりから現在2010年の12月12日までの約4ヶ月の間ですが、この間の集ストについて書きたいと思います。


この間は今までに比べて少しだけ進展のある期間だったよぅに感じます。というのも多くの方に集団ストーカーの実態を知ってもらう事ができたかもしれません。まずは、今回は私の講義で確実に落とされると思われた講義がありました。


これは今までに落とされた講義と同じ状況であったので、落とされるのではないかと感じていました。というのも、そのクラスに多くの加害工作員が混ざっていたのと講師も加害に加わるように誘導されていたように感じられ、更にはその講義はとてもむずかし過ぎるという仄めかしが講義の始まる前から何度もあったからです。


この仄めかしは私が今までに落とされた時の状況と殆ど同じで、この仄めかしにリンクをさせて落ちるという思考送信などもあった為、そのように思ってました。また、年に一度の講義の為どうしても落としたくなく何とかしないとならないとも感じていました。そのクラスでは私がトイレから帰ってくると全員が睨んできたりという事が頻繁にあり


時には自分の前にいた目が合った人間に中指を立てたり、時には立ったまま机を殴って睨んでる辺りの人間を睨み返したりという事もしました。また、掲示板に何度か集団ストーカーを周知させる為の張り紙をしました。その張り紙をする度に事務員から連絡が入り精神科と相談をした方がいいと言われました。私はそのオファーを私は精神的におかしくないと無視し続けました。


また、その次に加害者は1人では何も出来ないチキン野郎だ。仲間を集めて調子に乗っているがその仲間ごと1人では何も出来ないチキン野郎だというチラシを掲示板に何度か張りました。また、同じ内容のTシャツを作ってきていきました。それを張った後には講義中に元ボクサーのフランス人に思い切り睨まれました。


講義中、長時間睨んできたので頭にきて講義の合間の休憩中に何で睨んでいるんだ。何か文句あるんだろと言いました。そうしたら別に睨んでないと言ってきたのでその時は何も起こらずに終わりました。一つ言っておきますが私はボクシングジムで彼と何度もあっているし、私は彼が悪い人間でないのも知っています。また、この集ストについてある程度知った後には蟠りが解けたようで、最終日には握手をしました。そのチラシ内容を掲載したブログはこちらです。





また、一つのクラスで最初に掲示板に張ったチラシをクラスメイトに配らせてもらいたいと講師に頼んだ所、その講師は本人の問題なので本人の意思に任せると言ってくれました。その為にそのクラスでチラシを撒き、そのクラスメイトにも少しは誤解を解けたのではないかと思っています。


また、その後に絶対に落ちるだろうと思っていた講師に呼び出されて、講師ルームにいき集ストについて話あいました。そのチラシを今も持っているかと聞かれて持っていたので、その講師に渡しました。そのチラシには電磁波、思考盗聴、思考送信や私が今までに納得いかない採点で落とされている事も書いてありました。


きっと、その話し合いの状況は他の人達からも見えていたのだろうと後から思います。その講師は私に思考送信などはないと言ってきました。私は現に受けている講義でも常に電磁波を浴びてまともに講義を聞くことが出来た事が今までに殆どない事をいいました。


また、集ストは絶対にある事もちゃんと気持ちを伝えたつもりです。その話し合いで触れてからだと思うのですが、家で勉強をしている時にも少しだけ頭への介入が小さくなったようにも感じました。この学期は今までの4学期の中では一番頭への関与が小さく感じています。


その話合いまでは、正直殆ど頭がまともに動く事がないように常に誘導を受けていました。普段の勉強中には関与が7割~9.5割くらいありましたが、この話合いの後は平均して5割くらいだったのではないでしょうか。その話し合いの最後には、その講師が私に対して課題も試験も評価はちゃんとすると約束をしてくれました。私は何よりもそれが嬉しかったです。ありがたい事に実際に評価をしてくれました。


また、その講師はその時期辺りまでは、私の事を嘘つきだと思って偏見を持っていたようでしたが、後に集ストについても理解していただいたようで、その後はとても紳士に接してくれました。


また、クラスメイトでも悪意のない人には評価は試験と課題の両方を足して半分を超えれば良いと言われ、加害者に見張られている状況の場合の人には試験と課題の両方を半分とらなければならないと言われます。私はそこまで厳しくはないと思っています。


また、クラスでチラシを撒いたように家の周りでも実名入りでチラシを撒かせてもらいました。とはいっても私の行動範囲はとてもせまいので、その行動範囲で約400枚撒かせてもらいました。内容は上と同じで集ストに騙されないで下さいという内容です。そのチラシ内容を載せたブログはこちらです。


基本的にはオーストラリア人は集ストには無関係でいてくれますし、とても大らかでフレンドリーで個人主義ですので、あまり被害もなくて済んでいると考えています。ローテクに関しては、このような感じで少しずつ減っていったように感じていたのですが


ハイテクに関しては相変わらずといった感じです。先ほど言った頭への関与が減ったくらいで、その分は肩、膝、ひじ、首などで電磁波の攻撃をされています。また、とても強く電磁波を浴びている時期は常に冷蔵庫がうなるような音がして


その電磁波が強かった時期に、電子レンジでポテトを温めていたらポテトから火を噴いた事がありました。私は家にいる時にはほぼ常に耳栓をしているのですが、その時にはたまたま耳栓をせずにいました。何かおかしな音がすると思っていたら、電子レンジ内で火が出ていたので急いで水を掛けて火を消しました。1月経った後もレンジ内は漕げたままです。下に写真を紹介します。


また、ある時にはゴキほいほいが散乱していた時もあります。家に戻ってきたら何やらとてもクサイ臭いがしたので探ってみたら、散乱してその上から何やら液体のような物がまかれていました。床一面がなんとも言えない汚れで真っ黒で掃除の時も本当に気持ちが悪かったです。


また、私は語学学校時代から付き合いのあるインド人がおり、時々他の日本人とそのインド人と一緒に飲みに行く事などもありました。とは、言ってもそのインド人は完全に加害者だったので、私はその彼を人間的には付き合いづらい人間とは思ってはいませんが、飲みに行ったりすると普通には付き合えなくなります。


特に私は常に見張られており、特に飲みに行くような時には見張りが厳しくなり、普段はいい奴なのですが、そのような時には人が変わったような態度になります。その日本人も同じです。普段は悪い人間ではないですが、きっと見張りが厳しくなった時には人が変わります。しょうがないので、私もその時はしょうがないと付き合ってあげます。


ただ、そのインド人とはある時をキッカケに付き合わなくなりました。というのは、私が彼らと飲みに行った時にある違法行為を行っている所へつき合わされました。私はもちろん違法行為はしませんし、そういう事をする人間を軽蔑していますので、クソだと思いそいつとは付き合っていません。


そいつは私と飲んでいる時に私の酒に何か混ぜたと思えたので、私はそいつとは完全に縁を切りました。私はそいつと飲んでから2・3日間、二日酔いと違う感覚の気持ち悪さを感じていました。


また、私の家は中国人の友達が紹介してくれた部屋だったのですが、そこには私が知っている中国人(その子の友達)が元々住んでいて入れ替わりで入る形になりました。ただ、その家の隣(繋がっている家)には私の加害者と思われるインド人が住んでいました。初めのうちは私が洗濯をするとなぜか洗濯物の色が変色していたりという事があったり


何人かで圧力を掛けたそうにしていたのですが、私も隣に住んでいて洗濯物をそこの家でやらせてもらっていたので、あまり切れるような事も出来ず、ある程度は黙っておこうと思っていました。ただ、その彼らが私と同じ授業に出席をして、私が他の豚なドイツ人やカナダ人やデカイ中国人などに切れている姿を見ているし、何人いても動じないのも見ているので


そのような態度も意味がないと思ったのか途中から全くなくなりました。ただ、彼ら自身も私に対して何か圧力を掛けるように何らかの圧力を掛けられているらしく、それらしい態度は示してきましたが全く気になるような事もなく、基本的にそれほど悪い人間でもないと思うので、最初の数回の洗濯だけで全く後は何もありませんでした。


そんな感じの四ヶ月間です。周りの人達には少しずつ集ストについて理解してもらった気もしています。そして、ローテクでの被害自体も少し減ったように感じます。とても、ありがたいです。私はハイテクの被害がなくならない事には、今後自分のまともな人生はないと思っています。早くこの被害をなくしオーストラリアで普通に家族と暮らしていきたいです。


火を噴いた電子レンジ
電子レンジ4

電子レンジ3


下はオーストラリアのヤンキー4人組に絡まれそうになったので動画で彼らを録画しました。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。