スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監視社会へ

2014.05.15.Thu.19:52
この文章を読んでいる途中で、きっと色々な文句や意見があると思います。ただ、その前に全てを読んでから文句又は意見をコメント下さい。最後に私の文章を証明する為の動画をいくつか紹介しています。その動画はアメリカのニュース番組で放送されたものです。


私が自分で訳したので、きっと下手糞な訳の部分も多くあると思います。英語の聞き取りも日本語への翻訳も初めてで本当にまだまだだと思うのですが、内容的には間違ってはいないと思います。以下は私がこの被害に対する説明になります。


左耳2


まずは私の左耳の裏の写真を見て下さい。私の耳の裏には縫い痕のような切り傷が二ヶ所あります。ここにはマイクロチップが埋まっていると推測しています。というのも、アメリカなどの多くの被害者が同じように耳の裏に縫い傷があり、


私は常にこの耳から『サー』とか『ツー』というような音が聞こえています。そして、このマイクロチップから低周波の波動が発しているようです。この波動は日本政府又はアメリカ政府などが運営する監視センターのようなところに繋がっているのでしょう。


その監視センターから私の耳に対して電磁波を送る事で私の精神も私の体の動きもコントロールする事が可能です。私の場合には本当に強いマインドコントロールを受ける事がありますので、かなりきつい電磁波を流されているのだろうと想像しています。


また、これは私の勝手な想像でしかないのですが、この監視センターには日本人だけでなく反日感情を強く持つ在日などが働いていると想像しています。そして、そのセンターから私が勉強をしようとする時には頭に対して電磁波を流し痛みを感じさせたり、


集中をさまたげるような超音波を流したり、焦点があわないような誘導をしたりしてくるのです。スポーツをすれば体の部位に電磁波を流して痛みを感じさせたり、睡眠中にも眠らせないような電磁波を流してきたり音楽を電磁波に乗せて送信してきたりします。


また、彼らは私の耳裏のマイクロチップから発せられる周波数を読むことで私の考えもとらえる事が出来ます。いわゆる思考盗聴です。逆に私に対して思考や声を送信してくる事も出来ます。


また、私だけでなく私の周りにいる人間に対して音波に乗せて声(指示)を届ける事も出来るのです。これは、イヤホンなどを利用する必要もなく周りに声を届けていますので被害者以外は、その指示が聞こえています。被害者には聞こえない周波数があるのでしょう。


また、監視センターは我々の生態周波数をそのまま周りの人間に送る事も出来るのです。これによって我々の考えを周りの人間が捕らえる事が出来ます。更に、我々の考えや周波数に載せてセンターの人間の考えを我々の考えとして送る事すら可能です。


これが一番誤解を招く原因になります。私が考えていない事も監視センターから我々の周波数を真似て卑劣や陰湿やスケベな事を流す事で周りの人間は被害者の考えだと勘違いするからです。


この電磁波は衛星を経由して送る事が可能ですから、衛星を3つ所持していれば世界中のどこにいてもターゲットを捉える事が出来るからです。このマイクロチップにはGPS機能も同時に含まれています。


例えば、高層ビルの中にいても地下鉄に乗っていてもターゲットを捉える事が出来、この電磁波もターゲットに届ける事が出来るのです。このマイクロチップは私の場合には耳裏にあるのは分かりますが、他の人間は詰め歯の中であったり、食べ物に含めて


脳にマイクロチップが留まっている場合もあります。また、背中などの皮膚の表面に埋め込まれている事もあります。私の場合にも耳裏の1つだけかは分かりません。これは我々が電磁波を利用したマインドコントロールの実験台にされている為です。


日本政府がアメリカ政府などの依頼により数人の実験台を差し出したのか、それとも日本政府が諸外国の政府と同様のデータを得る為に我々で実験をしているのか、または実験ではなく日本人を消滅させる為にアメリカが在日などを利用して日本人に拷問しているのか


理由は分かりません。ただ、私の推測ですが国家レベルのプロジェクトであろうとは推測しています。私はこの加害者は拷問を楽しんでいるように思える事が頻繁にあり、データを取るというよりも日本人を落としめいれてやろうと感じられる事も頻繁にあります。


そして、私のようなトゥルーマンショウ被害者は私に対して、この実験装置を実践する事で、この装置のセールスプロモーションや私に関連した物の宣伝効果を狙っているようにも思えます。以上が私がこれまでに得た情報からの被害のまとめになります。


また、私が考える監視センターの組織図と加害者との関係は下のようになります。また、24時間体制で8am(9am),16pm(17pm),12am(1am)の3交代制で担当が変更になります。人により嫌がらせの度合いが変わる事があります。


監視センター



●嫌がらせマニュアル●

思考送信担当者
・お前の親や家族のせいでこの加害にあっていると責任転換をする。
・現在の震災においては被害者のせいで起こったと送信する
・寝ている間には音楽送信、思考誘導を行う。
・ロリコン、ホモなど狂った性的な事を送信する。
・被害者に特定の人間が加害者であるように誘導する
・他の人間との関係を引き裂く為に、自分が相手に嫌われているとか、相手をあまりよく思っていないように誘導する
・被害者の目にする物の多くを意識的に自分への仄めかしや悪意であると誘導する。

電磁波
・加害者に対して攻撃的な事を考えた時に電磁波で攻撃する。
・電磁波に対して言及した時にも電磁波で攻撃する。
・スポーツ、勉強、仕事などに前向きに行動をする時には痛み、痒みなどで妨害する
・何かでうまくいきそうになったり、加害者に都合が悪い事が起こりそうになると中断させる為に腹痛を与えトイレに行かせる。

実行部隊
・嘘の言い触らしを一般の人間に行う(コインテルプロ)
例、性的異常者だ。公安に狙われている。何もできない脱落者で見張られている。単なる嫌がらせゲームである。などなど
・付き纏う。被害者の後ろで咳き込む。携帯を音を立てて閉じる。遠めに睨む。半笑いで被害者を見る。などなど
・電磁波を分からない様に浴びせる。
・友達が出来ると仲を引き裂く(とにかく孤立させる)
・被害者が誘導により外に出るのを待機して待っておき、指揮者の合図で相手が気になるタイミングで現れる。

ネット実行部隊
・被害者に張り付き、誹謗中傷を続ける。
・都合の悪い内容を書くときには相手のパソコンをフリーズさせる。
・監視役を装い、SNSなどでコンタクトしている相手に注意を促す
・被害者が加担者又は加害者にメールなどで接触を試みると検閲にかけて、時にはメールを止める。また、他の人間から被害者へのメッセージ、メールなどは被害者の意識するタイミングで思考送信部隊の指示により思考送信と共にメール送信する。

その他
・相手の短所や嫌がる部分を見つけてプログラムに組み込む。
・その時々のトレンドにあわせて相手を攻撃する
・被害者担当の総指揮者も更に上の組織する人間達のプログラムにあわせて指揮する

上記に書かれている事以外にも本当に細かくマニュアル化されていると思います。きっと、それほどは的が外れていないと思います。


以下は実際にアメリカのニュース番組などで放送された情報を翻訳したものになります。下の動画を参考に上を作った部分もあります。繰り返しいいますが翻訳は下手糞です。ただ、内容はほぼあっていると思います。また、少ししましたら新たな動画をアップします。

ABC NEWS - Introduction of the human biochip implant or microchip


Biden tells Roberts he will rule on RFID and Brain Scans _ New World Order ( NWO ).


Do You Believe in Government Mind Control_ -- Part 1_ Mary Ann









多くの被害者の方がいっていますが、この集団ストーカーシステムは監視社会を作る為の礎ではないかと思います。以前にも集団ストーカーについての解釈で触れた物を少し補足をしようと思います。


現在、日本には数えられているだけで800人以上の被害者おり、アメリカには40万人ともいわれているようです。例えば、日本に現在10000人の被害者がいると仮定して下さい。そして、我々被害者は1人1人には番号がついています。


たとえば、私が№3だったとします。そして、同じ被害者で私の知り合いが№1だったとします。№1から№1,000までは同じような被害を与えられています。それはマインドコントロールだったり電磁波だったりです。


また、№1,001から№10,000までは付き纏の被害にあっており、現在その者たちは生態認証を把握されていたり、各々の性格や弱点を把握されている最中だとします。そして、№3の私と№1の私の知人は同じ東京に住んでいます。


加害者は私達、被害者が横の繋がりを持つことを本当に嫌がりますし、何とか引き裂いてやろうと考えます。この集団ストーカープログラムの最終目的は、我々人間の全員をコントロール化に置くことですが、


現時点では私の人数を減らす事であったりコントロールの精度を上げる事にあるので、私達被害者を孤立化させて最終的には自殺をさせたり、殺人を起こさせる事が目的だからです。


例えば、私がブログをアップして好きなミュージシャンの内容を書いたとします。たまたま、№1も同じミュージシャンを好きでCDを持っていたとします。私のブログの内容は№1の知人の個人情報に接する部分がある訳です。


それを監視センターがキャッチします。そして、№1の担当者が被害者にたまにはCDでも聞こうかとマインドコントロールをして、せっかくだからブログでもチェックしようとさせる訳です。そして、私のブログの内容にはちょうど№1が聞いていた曲が書かれており


それを仄めかしだと感じるようなコントロールをタイミングを見計らって№1に与えるのです。そして、№1は私の事をおかしいと感じ始めます。また、同じタイミングでネット実行部隊が№1に対して最近では多くの被害者が私の事を偽被害者ではないかと


いっているようだと№1に告げ口をします。もちろん、その間にも№1はマインドコントロールを受けているので正常な判断能力をかいています。№1は強く疑うようなコントロールを受けた上で一時的にそのコントロールを解除されます。


本当に簡潔ですが、私達の被害者の関係がこのように破壊されているのではないかと以前より考えていました。今のパソコンなどの処理能力を持ってすれば、1万人くらいの情報を処理するくらいは本当に訳がありません。40万人でも簡単な事でしょう。


そして、日本においては№1から№1,000まで間の1人の№10が自殺をしたとします。次は№1,001が№10の席に取って代わるのです。№10の責任者はそれまでに集められた№1,001の情報を元に嫌がらせを開始します。


例えば、現在10,000の被害者及び潜在的な被害者がいるとします。それを少しずつ精度を上げて100,000人の被害者を扱えるようにしていきます。最終的には日本国内において1億人の情報を同時に扱えるようにしていくのです。


その為には、あと2,000万人を減らさなければなりません。以前に他のブログである組織が日本人を8,000万人にまで減らしたがっているというのを読みました。少し陰謀論ぽく思われるかもしれませんが、全くの間違っているとは思っていません。

スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。